11月6日




イタリアの新酒、ノヴェッロで乾杯。

11月6日は、結婚記念日。34年目の結婚記念日だ。

この画像は、前日の日曜日。一日早く。月曜日からボトル一本空けるわけにもいくまいcoldsweats02


34年、どんだけ飲んだんだ?
お互い、大病もせずに元気でいられることに、心からありがたいと思う。

今日の瀬戸内海(笑)

今日の富士山は、暗いので多分見えないから(笑)

瀬戸内の海です。



2017年11月4日、義姉の四十九日でした。

この時、手術して、虹の橋を渡らなかった姉は、末期と言われて、四年頑張って、四人の孫の顔を見て、9月20日、とうとう虹の橋を渡りました。

法要のためにみんな集まって、賑やかなひと時を過ごしました。


会食の場所からの瀬戸内。



姫路城、


あ、会食の場所があまりに遠くcrying、戻れなくて百名城スタンプ押せなかった〜〜。

次は、一周忌かcoldsweats01

今日の富士山

2017年11月3日、文化の日の富士山。




久しぶりに、スッキリ見えた、富士山。初冠雪の時の雪は溶けsweat01、裸富士coldsweats01

帰省します〜〜。

みなさま、三連休、楽しい週末をお過ごしください。

第9回東海道踏破オフ ~大磯から二宮~ その2

その1の続き。

2017年9月10日日曜日、大磯から二宮をめざして歩いてきた。ホントな、大磯からは一気に小田原を目指すべきなんだろうけど・・・・。ま、ぼちぼちsweat01


城山(じょうやま)公園にある三井財閥別荘跡と吉田茂邸に立ち寄った。別々の施設かと思っていたら、県立大磯城山公園として、一括管理されている施設だった。下調べしていない私。

三井財閥別荘跡地は、縄文時代の遺跡や古墳があった高台だ。それはそれは眺めがよかった(ってことは、すごく坂を上ったよ)。

Img_2784


資料館は、暑かった。外も暑かったけれど、施設の方が、節電か、暑かった。

そして、次は、旧吉田茂元首相邸へ。

P9100767

見事な日本庭園だ(ようやくここでカメラの変な設定に気づいて設定したsweat02)。本館は、平成21年3月、失火で焼失してしまったあと、復元されたものだ。貴重な資料なども燃えてしまったようだ。


新築の木の香りのする内部は、当時のままほぼ復元されたようだ。豪華。が、当時のものが消失してしまったとは実に惜しい。

P9100760


檜ぶろ。とても実用的とは言えないけど(笑)

P9100762


海も見えるし、方向違いに、富士山も(年数回らしいが)

Img_2785


後日談;ここで、Tompeiさんやぶんぶんさんは、公園内のジムもポケモンを置いた。閉館時間が過ぎても帰ってこないから、多分次の日は休館だし、帰ってくるのはいつかな?と言いあっていたんだど。夜中に戻ってきたらしい。公園内のジムで夜中にポケモンと対戦してるって・・・・。逆に怖いわcoldsweats02


さて、ここで、また私ったら違う道に先導しちゃったよ。吉田茂邸は国道沿いなので、一旦、城山公園に戻る。公園の道沿いに、道沿いに・・・歩いてたら


P9100768


なんか、雰囲気変わったね、なんてしゃべってたら、線路をくぐっちゃった????


P9100769


あわてて確認。城山公園沿い歩くのは少しで、すぐに旧街道が分かれていたらしい。大幅に戻る。すみません。

P9100770

そうよね、旧街道と、普通の道とはやはり微妙に趣が異なる。

P9100772



国府本郷の一里塚。

P9100775


隣に国道が並走している。


P9100777


国道とまた一緒になり、二宮まで。

P9100779


名残の松。

P9100781


塩海の名残。

P9100782


古来、この地で製塩が行われたという。

ゴールまであと少し。

P9100785


二宮駅、16時5分到着。

P9100786

駅前のロータリーには、“ガラスのうさぎ”の像が。


お茶、できるお店がなくて、セブンイレブンのイートインでお疲れ様。

P9100787

今回は、三婆で二宮まで来たよ。次回は、二宮から、小田原まで歩けるかなぁ。。

運賃:2,670円+グリーン車往復 計4,230円

第9回東海道踏破オフ ~大磯から二宮~ その1

2017年9月10日日曜日、東海道を、歩いてきた。


前回、雨の中、大磯まできた。


恒例、11時JR大磯駅集合。前回も使えたはずなのに、急いでて購入できなかった休日おでかけパスで往復。


カメラの設定が変で、というかぁ、全く確認もせずに撮影していたので、ほとんど真っ白で画像がないのでサクッと更新するしかない。アホ~crying


P9100726


気づいたのが、行程の終わりころ・・・・。


もっと白いのあるよ。

P9100724


多分これは、大磯の駅舎。快晴だったからますます白くなってる。もういらないね。


とにかく、11時大磯駅出発。大磯駅から東海道へは坂道を下る。前回、ぜーぜーしてかなり上った気がしたけど、あっという間に前回左折したところまで下る。下り坂ないいね~✰

こんな感じ。


Photo_2



距離的には身近いけれど、東海道からはずれて三か所、ゆっくり見学した。大磯は、平安から国府が置かれ古い歴史がある。その上近代、東京の別荘地として政財界、文人などがこぞって別荘を作ったので、見どころがいくつかあったので。


まず、虎御前ゆかりの延台寺へ。大磯宿の中心なので、北組問屋場跡、本陣跡、など、碑が続く。


ここまで、あちこちで曽我兄弟ゆかりのってのが随所にあったけど、ここは、その恋人で大磯の遊女、虎御前の地元だ。虎御前ゆかりの場所が平塚からの道すがらあちこちにある。

写真がないのでざっくり、三大俳句道場の鴫立庵(しぎたつあん)により、そこから海へ。

Img_2780

iPhoneで撮影しておいてよかったよ~(笑)

広々とした海を見るとテンションあがったよ。暑かったけど。


なんとなく、ランチの場所が無さそうだったので、歩き出してすぐだけど。

P9100727

古民家のカフェでゆっくりできました~。って、まだ歩いてないsweat01

路地を入って、島崎藤村邸へ。

P9100730

そして、再び東海道を歩く。

上方見付。大磯の東の端だ。

P9100732


松並木が続く。

P9100736

この松並木は、約400年前、街道整備で植えられたもの。立派な巨木もあり、見事だ。

この道路沿いは、昔の著名人の別荘が並んでいたところだ。

P9100743

伊藤博文の邸宅跡の碑。

P9100742

八坂神社。

P9100744

このあたりは、今も別荘が立ち並んだ一角がある。

P9100748

橋のたもとには道祖神が見守っている。

P9100750

血洗川というすごいネーミングの川を渡り、城山公園へ。

続く。

第六十一回お江戸オフ ~ビールオフ~

2017年8月5日土曜日、恒例のお江戸のビールオフ。


暑いので、もう歩かずに、直でお店へ。・・・。とうとうそうなっちゃったsweat01

昨年は、東海道を歩き始めたので、それがビールオフになったようだ。


2015年ビールオフは私は不参加だったようだ。


なぜ?帰省してるけど。なんで帰省することになったかは、今となっては思い出せないsweat02ちなみに、2014年は、ちゃんと渋谷をあるいていたよcoldsweats01


やはり、その都度記録しておかないと忘却のかなただなぁ。まぁ、覚えてないことは、覚える必要がなかったってことだから、記録しなくてもいいのか?


とにかく、今年は、TOKYO隅田川ブルーイング





そして




って、あとは、お料理の写真もなく。飲みすぎました(って、たいした量じゃなかったのに、)


ご迷惑をおかけしましたthink

第8回東海道踏破オフ ~茅ヶ崎から大磯~ その2

その1の続き。


2017年6月18日日曜日、東海道を茅ヶ崎から平塚めざし梅雨の合間に歩いた。


平塚でランチ。ここで帰るメンバーとお別れして、大磯まで歩くことに。雨が結構降りだしていたけれど、山の達人Leafさんが同行してくれるということで、Tompeiさん、Leafさん、桜桃の三人で傘さして(笑)歩いた。


傘はあるわ、カメラは出さなくちゃだわ、・・・。でも、東海道、今回が初めての雨。6月だから当然と言えば当然。それはそれで面白かったよ。


平塚宿の本陣から、再スタート。


江戸方見付跡。

P6180646


雨降る国道。とぼとぼ歩く。


P6180651


脇本陣跡。

P6180650


高札場跡。

P6180653


お向かいは、東組問屋跡。とはいえ、今は昔。


本陣跡。


P6180656


こんな感じで、国道沿いに碑があるだけだ。


この界隈が平塚宿の中心。とはいえ、車も人通りもそんなにあるわけではない。


国道から一旦それて右が旧街道。


P6180657


この分岐のところが西組問屋場跡。


P6180658


旧街道にはその名残のお家が少し並んでいる。


P6180661


また、国道と合流。


P6180662


ここが、宿場の出入り口。上方見付跡が交差点の向こうにある。


P6180665


古花水橋という交差点だ。美しい名前だ。そして花水川を渡ると、(目で読むと美しいが声に出すと・・・)


おお。美しい山が。


P6180666


高麗山。名前からして渡来人の影響だろう。美しい山が見えると、ホッとする。
花水川も美しい。


P6180669


P6180670


P6180672



雨で余計にしっとりして、よい風情だったが、結構降っていてカメラが~。


神社もあった。高来神社。もともと高麗寺の一部であったが明治の神仏分離で高麗寺は廃寺になり神社のみ現存。


P6180675


虚空菩薩と熊野権現を祀った祠。


P6180676


ここには、下馬標があり、ここで参勤の大名は下馬して、東照権現を併祀した高麗寺に最敬礼したという。



また、国道から逸れて旧街道になる。


P6180678


このあたりい化粧井戸がある、はずなんだけど、見つけられず。虎御前が化粧に使用した井戸と伝わる。


化粧坂の一里塚。


P6180679


広重の浮世絵も雨だった・・・。


Photo_2


右に高麗山。曽我兄弟、十郎の愛人虎御前が高麗山にこもったといわれている。その涙雨。“大磯 虎ヶ雨” というタイトル。


この道は、なかなか風情があり、また雨がますます気分を盛り上げ?て歩いていることを実感したよ。


P6180685


江戸見付。


P6180692

見付を過ぎれば大磯宿。東海道は、線路の下をくぐる。


P6180690


国道を少し歩いて、今日のゴール、大磯駅へは、結構上り坂。ぜいぜい(笑)


P6180693


15時30分、JR大磯駅到着!


P6180696


時間待ちで、駅前の小さい小さいカフェでお茶。お疲れさまでした。


P6180697


運賃:3,933円(片道グリーン車利用)

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

2017年10月体育の日を含む三連休の最終日の10月9日、朝イチで映画に行ってきた。


ナミヤ雑貨店の奇蹟


この映画“ナミヤ雑貨店の奇蹟”は、なかなか映画館に足を運ぶ時間がないのだけれど、ぜひ観たいと封切前から思っていた。昨日、テーマソング(とても重要!)を担当した山下達郎氏が自分のラジオ番組で一言コメントしていたこともあるけれど、東野圭吾氏の原作で、彼のあまたある作品の中で、二つあるお気に入り(二つですまそ<m(__)m>)の一つが、この作品だ。


夫が不在で(イヒヒ・・・)、好きな時間に行ける~。朝イチ8時40分の回を予約。


本で読んだときのような、自分のイメージしていた自在な時空間とはやはり少々違っていたけれど、良い意味で予想を上回るものもあり、撮影場所へ行ってみたくなった。


お城スタンプも集めなきゃいけないから、そのうち行くぞ~!


重要なテーマソングは、もうもう、さすがでございました。


朝イチなので、ジャニーズファンより、山下達郎ファンの方が多かったと思う(笑)


確かに泣けるが、中年のおじさんの嗚咽にドン引きしたcoldsweats01


第8回東海道踏破オフ ~茅ヶ崎から大磯~ その1

2017年6月18日日曜日、東海道を歩いてきた。前回は、茅ヶ崎まで


茅ヶ崎からは、まず、平塚。できれば大磯を目指す。曇天、午後雨の予報。どこまで傘なくて歩けるかな。


2



いつものように11時、JR茅ヶ崎集合。だんだん、遠くなり、朝出る時間が繰り上がってきている。


向こうに見える交差点からホントは歩かないといけなかったけど。。。茅ヶ崎駅スタート。


P6180596


茅ヶ崎駅前の交差点に旧寛永寺石灯籠があった。市役所の敷地内らしいが、なんと、地下道を通らないとたどり着けない交差点だ。車優先ね。


P6180597_2


こんな国道をずっと歩くの。


P6180599

 


第六天神社


P6180604


山岡鉄斎寄進の掛け軸があるらしい。


P6180605


扁額も立派


P6180609


このコースの最大の見どころが、左富士。富士山は、東海道では、上方をめざすときは常に右手に見える。それが、二か所だけ左に見えるスポットがある。そのスポットがここ!


P6180613

南湖左富士之碑

P6180616

鳥井戸橋を渡るときに見える。

南湖の左富士。

目を凝らすと。カメラに撮ったら厳しいが、見えたよ!

Img_2517


橋を渡り切ると、そこに鶴嶺神社鳥居が。


P6180617

古くから源氏の崇敬をうけた神社で、参道が約一キロ続く。ので、お参りは鳥居のところから^^;

P6180620


神明神社。

P6180622


なんとも中途半端な写真しかなく。なぜなら井戸を探してたので。


境内には清水があり、安倍晴明が東下りの折、のどを潤したと伝わる井戸がある。とのことで。あるわけないよね


P6180621


清明の井戸という石碑があったsweat01


旧相模川橋脚

P6180623

関東大震災の液状化現象でこの橋脚が現れて、発掘研究がすすめられた。鎌倉期には相模川はここを流れていて、当時の橋脚と検証されたそうだ。

怖い伝説、この橋の竣工式に源頼朝が列席し、その帰りに平家の亡霊に驚いた馬が暴れて頼朝は落馬。それがもとで死亡したという言い伝えがある。そして、警護の家臣10名が責任を取って自害。だって。馬入川の名前のもとになったとか。

P6180626

あとは、国道沿いをてくてく。

男女双対道祖神。

P6180627


P6180628

時代が移ろうとも、こうして見守ってくれてるね。

P6180631


相模川(馬入川)を渡る。

P6180632

向こうに富士山が見えた。カメラじゃ無理だけど。橋を渡ると平塚。


馬入の一里塚。

P6180637

平塚駅をめざして歩く。

P6180638_2


ランチ場所を探すけど、中々みつからないの。検索してロイホ目指したけど。遠かったぁ~

ようやくたどり着き乾杯。

P6180645

続く



久しぶりに宝塚観劇

2017年10月7日、東京宝塚劇場にて、宝塚月組公演『All for One』観てきた。

久しぶりの宝塚、楽しくってあっという間。





実は、訳あって体調崩していて(いつまでも昔のままじゃないってことかなsweat01)二週間ぶりに電車に乗ったcoldsweats02


一歩も家を出ず、粛々とブログの更新と仕事の日々(笑)

この一週間はようやくジムだけは行けるように。喉をやられて咳が止まらない状態だったので。


楽しい舞台で、すっかり元気に。やはり、私にはチャージのためには必須らしいcoldsweats01

そして、



こちらも久しぶり。ようやく飲んでもいいかな、と思えたよ。

ま、これで、完全復調だ!

心身共、元気でいたい、元気でいるためには、を考え続けた二週間だった。

人生、何が必要で、何が要らないか、取捨選択の権利も義務も、すべて自分ある。

«第7回東海道踏破オフ ~藤沢から茅ヶ崎~ その2

お江戸オフ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サイト内検索


無料ブログはココログ