「Pokémon GO PARK」へ行った

夏休み、いかがお過ごしですか?

私は、ドバイでお休みを使ってしまったので、夏休みは、8日から11日まで。

そんな一日の、2017年8月10日木曜日、「Pokémon GO PARK」へ、行ってきた。

ポケGOはもう廃れてるのか?と思っていたら、なんのその。

人人人!

み〜〜な、下向いてスマホタップ(笑)

超楽しかった。11時前にみなとみらいで、hichaさん、hichaさんのお嬢さんのMさん(師匠です)、ゆれいさんと待ち合わせ。

何と帰りの電車は17時半!

15日まで。興味のある方はぜひ。

今日の富士山

集中豪雨に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

関東は、猛暑。こちらもお見舞い申し上げます。


2017年7月15日、14時の富士山。


厚い雲に覆われています。

暑い日が続く模様。みなさま、ご自愛ください。

私は、体幹リセットダイエット、継続中。う〜〜ん。
こんなお弁当にしてみた。


中身はこんなの。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その9

その8の続き。

これで、最後の急坂か、と覚悟と期待で下り始めたこわめし坂。


P4160277


P4160289


画像だと大したことない感じだけれど、ずっと下ってきた足にはもう下り坂結構、って感じで。後ろ向きに下ってみたり(笑)でも何をしても無駄。
この後も、これでもか、これでもかと下り坂がやってくる。


P4160291


ず~と、だらだら下ってるわけです。。。


P4160295


富士山にはどれだけ癒されたことか。


P4160297


P4160298001


で、この傾斜なわけさ。ず~とず~と。


そして、私はますますみんなから遅れていく。なぜなら、そこここで、声をかけてもらうわけさ。


ここでは、反対側の道端から、ご高齢の男性に、どこから来たの?と声をかけられ、

若いなぁ~と感心される。大正13年生まれだって。そりゃ、なsweat01

と、受け答えをしているからそれでなくても遅れてるのが、ますます遅れる。


おまけに、旧道に入りそこなったので、もう一度戻ったり・・。坂小学校の手前で小道に入らなくてはいけないのに、国道を歩いちゃったので。


P4160302


するので、みんなの姿がとうとう見えなくなったよ。


題目坂の石段


P4160309


を下り切り、まだまだどんどん下り坂。


というように、道にはずっと小時雨坂、大時雨坂とか、臼転坂。。。と坂の名前ばかりが続く・・・。


六地蔵さんに、思わず手を合わせる。

P4160313


また、旧東海道へ入る。


P4160317

P4160322

みんなは先を行く。頑張れ、自分



臼転坂の馬頭観音。


P4160323

富士山に癒され、花に癒され、そして道端の石仏に癒される。石仏、道祖神が点在する理由がなんとなくわかる。


さぁ、あと一頑張り。とはいえ、この直線国道にめげる~


P4160334


Photo


続く。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その8

その7の続き。


軽く軽食を食べて、そそくさと出発。かなり、足にはダメージが来ている。おまけに、私がみんなを反対方向に誘導して、それでなくても疲れた足にさらにダメ押し・・。


そんな中、富士山が見えて少しテンション上がるも、Leafさんが、迂回すると距離が倍になって帰りの新幹線に間に合わないかもしれないと言い出すという、衝撃!


とにかく、坂を転がるように下る。


ようやく、バス組のTompeiさんや、ゆれいさんの第一目的のスカイウォークが見えてきた。


寄ってみたいが、そんなことしてる場合じゃない。急げ!


P4160261


駐車場は、混んでる。いいなぁ~。富士山、さぞキレイだろうなぁ。Tompeiさんとゆれいさんはさぞ優雅なランチだろう・・・・sweat02


P4160263

そんなこと言ってる場合じゃない。間に合うかという恐怖と闘いながら必死に歩く。

この混雑を横目に(道路も渋滞)、また旧街道へ逸れる。

P4160267

 

また、旧街道に入れたので、このままいけば、間に合うとLeafさん。よかったぁ~



あとたった8キロ! 頑張ろう。


道祖神に癒され


P4160268

でも、石畳の下り坂はやんわりじんわりと身体にダメージを与える、、、、。


下りだから、楽?なんてことはなくて、このだらだらの下り坂は実にきつい。言うに言われない。


P4160269


って、お気づきかと。いつも私は最後尾からこんなに離れて・・・。あちこち道草を食うためますます離れて、

景色がキレイだなぁ~。なんてやってるから出遅れる。


P4160270


気づけば、こんな高台からずっと下っていくわけで。そりゃ、たいへんだ。


だらだらとした下りが続く。ひたすら下っているわけで。のこすところあとたった8キロなんだよ。でも、ずっと下るんだ・・・・。

笹原の一里塚跡。


P4160272


南側、画像、向かって右側(南側)だけ現存。画像は、箱根方向に向かって撮影。


P4160275


さぁ、急坂、あまりの急坂のために背負ったお米も汗と熱で“こわめし”になったといういわれのこわめし坂を下りる。

4



サクッといくはずが、画像が多くなったので、続く。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その7

その6の続き。

たった、二日の、約500キロのうちの、たった20キロに、その7にまでなってどうする・・・・。

こうして、京三条大橋がますます遠いのであった。。。


どんどん、ひたすら、下り坂が続く。


P4160208


少し視界が開けてテンションもやや(笑)上がる。


P4160211


農家の方の庭先が東海道らしく、通していただく。

P4160217


手入れされたお庭のお花に気持ちも癒される。お家の方にご挨拶をして通る。

P4160221

あの、山の中を抜けて民家のお庭に出たわけだ。

国道を横切り、また急な階段を下りて、石畳の旧東海道へ入る。

P4160224


石畳の道が続く、小枯木坂。とにかく、下り。


P4160227



発掘調査を経て復元された石畳が続く。


ず~と、ず~~と続いている気がする・・・



P4160229_2


雲助徳利のお墓。

P4160231

再び、国道と合流。山中城跡へ。


上るの?お参り?諏訪神社がある。


P4160235


かれこれ、一時間半、ず~との下りでかなり足にダメージが来ているところに、この登り。


なんとか、上り切ると、そこは広い城跡。

P4160239


だけど、そんなことどうでもよくなっているところに、出会った、訳知り顔のじいさん男性が、ぐるっと歩くと富士山が見えるビュースポットがあるという。


そして、東海道っていうのはそもそも。。と御託を並べ始める。だから、いいから、さっさと出入り口をを教えてくれよ~。みたいな。結局、なにもわからないまま、バス組のTompeiさん、ゆれいさんはもうすでにビュースポットで富士山を愛でたらしいという情報もあり、歩きかけるが・・・。


とにかく、ここで、めげた。お腹すいてたし。

確かに、一見の価値のある場所、ではあったと知ったのは、あとのこと。100名城スタンプのラインナップだったしsweat02

P4160241

見事な土塁だったり、なんだったり。もうどうでもよくて写真がない。


東屋で、持参した軽食とお菓子をつまむ。


ここで、駐車場の→を私は確かに見た。その→はあちらという。じいさんの指示は全く理解できなかったし。こちらの知りたいことと教えたいこととのギャップだったと思う。


結局、反対方向に歩いてしまって、また引き返すという羽目に。みんな疲れてたのに。ごめんなさい。


また元に戻って、歩き始める。駐車場は反対側だった。あの駐車場の→はなんだったんんだ。こういうところで、下調べをしてこなかったツケがまわる。人頼みもダメだ。


とにかく、お手洗いを見つけられてよかったよ~。かなり、歩いたが。それくらい大規模な城跡なわけで。


P4160244


また、石畳の旧街道へ。


P4160247

ひたすら、復元された石畳を下っていく。


が、一つ良いことが。春霞であきらめていた富士山が見えた!

P4160248

が、テンションが上がったのもつかのま。

なんと、ショートカットになるはずの石畳が、

P4160254

なんと、通行止め!


延々、う回路を歩くことに。

P4160255


景色はいいけど。


そんな時、Leafさん、衝撃の一言。う回路は、倍以上あるから、

帰りの新幹線に間に合わないかもしれない

えええ????


1


続く。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その6

その5の続き。


2017年4月15日土曜日、私たち総勢7名は、箱根の峠越えをするべく、箱根湯本を出発。無事、でもないけど、なんとか箱根の関所に到着。山登りの面倒をみてくれてたくっきもさんはこの日のみの参加でお別れ。

宿へ、そして、乾杯。

温泉につかって、眠りについた。


4月16日、朝、快晴。今日も絶好のハイキング日和。よほど精進が良いらしい。

Img_1759


朝食を美味しくいただいて、

P4160162

いざ、出発。三島を目指す。


旅館の前が街道。芦ノ湖と富士山。ベストポジションの宿だった。お安かったしsweat01

P4160169


そして、ここで“山の神”なんて表示があったもので、「柏原君引退だってね~。」とのんびり話ていて・・・、

P4160170


そのまま、通り過ぎた。上って上って。富士山見えた、なんて言いながら車道をどんどん上った。

P4160172

結構車量の多い幹線道路だ。


幹線道路を車に気を付けながらなだらかな坂をのぼっていくと。

P4160175


???


“狭石坂”の表示。ええ?こちらが東海道?

どこで道を間違えたんだ?

のんびり、柏原君の話をしていた、そこで、車道を逸れなければいけなかったんだ。間違えたよ!

Photo_2

したがって、ここまでの石仏群や、箱根峠越えの最後の坂とかを通ってないし、見てないわけsweat02


ただ、この坂の上り口で出会ったご夫婦(当然私たちより10歳以上お年上とお見受け)が、とてもきつかった!とおっしゃっていたので、ここで、旧東海道を歩いていたら、三島まで歩けなかったかもしれないので、良しとしておこう。


この時点では、その後の、なだらかな下りがどれほどきついことか、知る由もなかった。。。。


★箱根峠。標高846mの表示。

P4160183

ここのバス停で、バス組のゆれいさん、Tompeiさんとお別れ。


さぁ、今度は間違わずに旧東海道へ入るよ。

P4160184


P4160186

三島まで11キロだって。軽い軽い、とまでは思わなかったが。なめてました、11キロ。


★下り

P4160192

こんな感じでずっと下る。ず~ッと下る。

この中途半端な石畳が、結構足の負担になってくる、らしい。


P4160195

★少し国道沿いを歩く

P4160199

このあたりが接待茶屋跡。


また旧道へ。

★一里塚跡。

P4160201


★甲石。

P4160202

この石はもともともっと坂を下りたところにあったが移設された。なぜ?


どんどん歩く。まだ、このころはなだらかでよかったなぁ~

P4160203


石原坂

P4160206


と、念仏石。江戸時代、石をも守り神として拝んだのだろうか。

P4160205


Photo_2



まだまだ余裕の下り坂。続く。

ドバイ4日目 その5

その4の続き。

2017年5月28日日曜日、ドバイ滞在最終日。朝から、世界一のタワーに上り、アブダビでは世界一豪華なモスクを見学。

そして、ドバイに戻り、世界一の金の飾りを見た。

そして、夜は。

ドバイで、日本料理店のナンバー何かしらないけど、息子が、とにかく、ちゃんとしたところで食事を、と言って、豪華ホテルの最上階にある日本料理店にTOMOへ連れてってくれた。(お会計は、お礼をこめて私が支払いました・・・・)

5fe71d09f0b344a8b032868e605e1fa5col

他にもいろいろ食べたけど、撮り忘れた。とても美味しい。すべて食材を日本から空輸して、提供しているそうで。

そして、再び、ドバイモールへ戻る。世界一のタワー、バージュカリファの夜景。



そして、世界一の噴水ショーが始まった。何が世界一かわからなかったけど、やたら豪華にあちこちから噴水が上がる(笑)

くねくねと水が躍る。まるで、ベリーダンスみたいよ。

そして、翌29日朝一番の飛行機で帰路に。

朝日に向かって空港へ。

ドバイ空港は、本当に広い。飛行機まで、搭乗手続きをしてから、20分近くバスに乗ったよ。ゆとりを持ってチェックインしないと。

日本の夜景がお出迎え。異国とはよく言ったものだと、東京湾の夜景をみてドバイに思いを馳せた。

なんとあっという間にひと月たってしまっている。カメラにメモリーカードがまだ入ったまま。

画像を見たら、旅の印象・雑感ををもう一度、記事にできればと思うけれど、戻ったら、現実。できるかな。

イスラム圏では、ラマダン明けの休暇らしい。

こちらでは、梅雨で蒸し暑いけれど、ドバイはもっともっと熱い季節が来ている。

だらだら、いくつにもひっばった長い記事にお付き合いありがとうございました。

ドバイ4日目 その4

2017年5月28日日曜日、ドバイ最終日。

ドバイからUAEの首都アブダビに来た。

金粉入りカフェのお店には入れなかったし、ラマダンだったけど、なんとか水分補給と軽食にありつけて、また、ドバイへ戻る。

タクシーの運転手さん、インド人なので、途中暑くてか眠気か、(恐ろしい運転だったwobbly)、水を飲むといって、停車した。

ドバイの道は知らないらしく、google先生に案内させて、なんとか目的地に到着。

あ、タクシーはもちろん、TOYOTA。でもナビはついてない。

最後の目的地、オールドドバイ。

ドバイは、もともと、イギリスのインド侵略の中継地点だった。当時から、港町として出来た場所。クリークがあり、そのクリーク沿いに、都市が形成されていった。

今では、スーク(市場)が、観光客の人気を集めている。特にゴールドスーク。

ただ、タクシーを降りたら暑い暑い。とても、歩ける状態ではない。博物館に入る気力もなく、とにかく、ゴールドスークへは行きたいので、船に乗る。

船とはいえ、

こんなの。50円くらい。
渡し船で対岸へ渡る。





ラマダン中なので、閉まっている店も多い。

ゴールドスーク。


ま、眩しい。
お店の金金、すべて本物らしい。

ギネスに載った金細工。


夜に続く。お名残惜しいがあと一回おつきあいください。

ドバイ4日目 その3

2017年5月28日日曜日、ドバイ最終日。

朝、バージュカリファからアブダビへ移動。

モスク見学の後、アブダビ中心へ移動。

360度アブダビを見渡せるという展望レストランへ。


ロビーに入ったら、がらんとしている。



ドバイモールもだったが、ラマダンなとで、カフェはクローズらしい。

え〜〜?展望レストランどうなるの?

どうやら、クローズはロビーだけで、最上階は営業しているとのこと。

ラマダン中は人前で飲食は控えるよう、配慮するようにとガイドブックに書いてあったので、モスクは厳禁だし、タクシーの運転手さんはなぜかアバヤを着た女性だったので喉はカラカラ。

これでクローズだったら干上がってしまう〜〜とドキドキだった。


入場料は、軽食込み。他に飲み物を頼むシステム。というか、飲まずにいられないよ。もちろん、ノンアルコール!

軽食のサンドイッチ、

ドバイもだけれど、食べ物は美味しい。高いがcoldsweats02

アブダビの眺め。






宮殿。


アブダビは、ドバイより、少し落ち着いた感じ。お金持ちなので、緑が多いからか。緑は当然完全な配水システムがないと全く育たない。砂漠だから。

ドバイへ。続く。

ドバイ4日目 その2

2017年5月27日土曜日、ドバイ滞在最終日。

この日から、ラマダンが始まった。ラマダンだとどんな様子かわからない。ドバイモールのカフェは全て閉まっていた。ただ、バージュカリファは人が溢れていたが。

朝一の予約でバージュ•カリファに登ったあとは、UAEの首都アブダビへ。タクシーで移動。タクシーのお値段が安いのでとても助かる。

ドバイから車で約一時間。ドバイとは同じ砂漠の都市とはいえ趣が異なる。どこが?と言われたらうーん、な感じだけど。何となく。

なぜ、アブダビへ?首都を見ておこうということと、もう一つの目的は、贅を尽くしたモスク。ラマダン中で見学は13時30分までとのこと。

女性は、入るには、アバヤと言われるものを着なくてはいけない。男性も半ズボンは不可。セキュリティチェックを受けたあと、アバヤを着用して入場。

入り口で、裸足になる。


あまりに大きくて全景が入らない。


世界一のシャンデリア、



世界一のペルシャ絨毯。



装飾は全て大理石。


四万人収容できる祈りの場だ。

すごい、という言葉しか出ない自分のボキャブラリーの無さが悲しい(笑)

中心へ移動。

画像多くなるので、続く。







«ドバイ出国

お江戸オフ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索


無料ブログはココログ