吉岡ピアノ教室のHPです

  • 040


twitter

無料ブログはココログ

文化・芸術

2015年3月31日 (火)

江戸博&隅田公園

昨日、発表会終了しました。その記事は後日ゆっくりアップするとしてcoldsweats01快晴に惹かれてお花見にいってきました。

まず、江戸博へ。常設展リニューアルオープンで三日間無料開放。そして特別展は「関ヶ原」
見応えがありました。
P3300768

常設展は、いつもながら楽しい。
P3300774

こういうのもやってます。広重展です。
P3300777

隅田公園も行きました。見事な桜ですが、人出も凄かったです。水上バスは長蛇の列。

P3300804

桜はウキウキします。
P3300812

ちょっと足を伸ばして、対岸の向島側まで行きました。
牛嶋神社へ。勝海舟が剣術稽古をしていたという神社です。江戸博の勝海舟コーナーで言ってたので。
P3300821

P3300830_2

P3300834_2

春休み、江戸博に出かけるのも良いと思います。

お花見もこの一週間が勝負。いくつか行きたいと思います。その前に発表会のこと記事にしなくちゃね。

2014年12月22日 (月)

竹内まりやコンサート

2014年12月21日。武道館
竹内まりやコンサート
souvenir2014、うまくチケットが取れたので行ってきました。

最高!

私も含め歌に自分の人生を重ねて聴いている50代が一番多かったです(笑)

コンサートツァーの最終日で大盛り上がりというか、じっくりしんみり、そして元気をもらったコンサートでした。

2014年9月13日 (土)

小菅優 ピアノリサイタル 聴いてきました

2014年9月13日土曜日。

小菅優さんのピアノリサイタルに行ってきました。

平日はほとんど行けないので土曜午後のコンサートは嬉しい。

【プログラム】

JSバッハ:イタリア風のアリアと変奏 イ短調 BWV989

ベートーヴェン:ソナタ第21番 ハ長調 作品53「ワルトシュタイン」

竹満徹:音の樹 より2曲

リスト:エステ荘の噴水、バラード第2番ロ短調

ワーグナー《リスト編曲》:イゾルデの愛の死

至福の時間を過ごしてきました。

小菅優さんはCDで聴くのはもちろんイイのですが、ライブが最高。あの美しいピアノの音色の数々を味わうには生に限ります。

ホールが響きに包まれる感触を身体全体で感じました。

ベートーヴェンが実に良かった。

幸せだ~。ピアノが好きだ~、と再認識しました。

2014年8月 8日 (金)

私の夏休み その2

残暑お見舞い申し上げます。

猛暑が続いています。くれぐれもお気をつけください。

昨日のグループレッスンの後、帰省しました。
お墓参りなどもありますが、一番の目的はこれcoldsweats01




星組公演にご贔屓さんが出てるので。

開演前に大学の時の友だちとランチしました。


100周年記念のランチです^^;

場内も100周年、



公演も楽しかったけど、友とのおしゃべりも楽しんでます。


みなさまも残りの夏休みも楽しくお過ごし下さい。

2014年7月27日 (日)

私の夏休み その1

夏休みが始まりましたね。

私は、一つ一つ本番が終わり一息。この夏休みはじっくり自分の練習に取り組むつもりです。

2月から始まった室内楽のレッスンの本番が秋にありますし、個人レッスンでもいろいろ課題がありますので丁寧に練習をしたいと思っています。

でも外向きのお楽しみもいくつか入れています。

その一つ、ようやくチケットが取れたので行ってきました。

ベルばら!「ベルばら」といえば私は、マーガレット連載、宝塚ベルばら初演をリアルで体験している世代(笑)

初演が中学2年生。観に行きましたとも。再演を重ね、今回100周年記念の一環での再演です。

今回は、宙組『ベルサイユのばら―オスカル編―』

華やかで楽しい。

でも、ラストがイマイチ残念。アンドレが「オスカル~」と呼びながら迎えに来てくれなくちゃ・・・coldsweats01

今年の夏は村にも行ってきます!そちらも楽しみです。

2014年5月 6日 (火)

わたしを離さないで

GWいかがお過ごしでしたか?

GW最終日の5月6日、彩の国さいたま芸術劇場にて「わたしを離さないで」観てきました。

原作を読んだ時の衝撃を今だ忘れられない私としてはあの小説をどう舞台化するか?出来るのか?興味津々。ちょっと心配。

心配は杞憂でした。

素晴らしい舞台で3時間45分という長時間があっという間。

青春時代の残酷さ、純粋さに胸がぎゅっとつかまれるようでした。舞台は現在、過去、無い未来を行きつ戻りつ、どんどん悲劇的に進みます。そしてなおかつ、そこに希望を見出そうとしてる私がいました。

多部未華子ちゃんは素晴らしい!若手三人に脇を締めるベテラン女優お三人がこれまたすごい。

蜷川さんの演出はもちろんのこと脚本が素晴らしかったと思います。舞台を日本にしたことでよりグッと身近になりました。また、あの本のあの内容がこうなるのかと感心することしきり。この一言で全部わかる~、とか。すごい!脚本の重要生を再認識しました。

だからこそ、4時間近い舞台があっという間に感じられたのだと思います。

15日まで。その後、名古屋、大阪へと続きます。機会があればぜひご覧下さい。

2014年3月17日 (月)

アンドリャーフ・シフピアノリサイタル

3月16日日曜日。

大ファンのアンドリャーフ•シフのピアノリサイタルに行ってきました。サントリーホールです。

プログラムは、オールベートーヴェン。

素晴らしいかった、と言う月並みな言葉しか出てきませんが、素晴らしかったです。

一つのピアノから多彩な音色が溢れ出てきます。ピアノにあれだけの音色があったとは!

今回は特別なコンサートでした。アンコールにバッハ作曲ゴールドベルク変奏曲のアリアの演奏がありそのあと、シフ自らMCがありました。東日本大震災へのコメント、日本人へのコメント。

そしてさらにそのあと、アンコールをもう一曲。なんとソナタ全楽章!作品109。私の一番大好きなソナタです。

ピアノ続けてて良かった、私の仕事の意味を改めて感じています。この素晴らしい芸術を伝えていく意義です。良いものは良い。そして、芸術は心の支えだと言うことを伝えること。

若いころは感じなかった感性、聴こえなかった音が聞こえるようになっています。歳を重ねるのも悪くないと思える夜でした。

2014年2月 3日 (月)

節分です

2月3日、節分です。

豆まきしましたか?
我が家の今年の豆は、



夫が護国寺でいただいてきました。小さい小さい恵比須さまと大黒さまがお豆のなかにいらっしゃいました。

iPhoneだとこれが限界。みえませんかね^^;?

福は内!

2013年11月17日 (日)

久しぶりに宝塚観劇

週末、いかがお過ごしでしたか?

11月17日(日)、今日はなんと1年8ヶ月ぶりに東京宝塚劇場に行ってきました。

花組公演です。なんと前楽。友人のおかげで観ることができました。
余りに久しぶりで、ドキドキしました(笑)
1384694828879.jpg

Musical
『愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-』

~オペラ「アンドレア・シェニエ」より~
脚本・演出/植田 景子

[解 説]
 イタリアオペラの中でもヴェリズモ(写実主義)オペラの傑作の一つと言われるジョルダーノの「アンドレア・シェニエ」をベースにしたミュージカル。実在 の革命詩人アンドレア・シェニエと貴族令嬢マッダレーナとの恋、マッダレーナに叶わぬ想いを抱きながらも革命の闘士として闘うジェラール。三人のドラマを 軸とし、フランス革命を背景に滅び行く貴族階級の姿と、新しい時代を求めて闘う人々の姿を描き出す。ハンブルクバレエ初の日本人女性ソリストとして活躍す る傍ら、振付家としても、近年、ヨーロッパで高い評価を得ている大石裕香氏が、日本で初の振付を手掛けることも大きな話題。古典の持つ力強さと現代的要素 を調和させ、新たな視点からオペラのミュージカル化に取り組む意欲作。

ショー・オルケスタ
Mr. Swing!
作・演出/稲葉 太地

[解 説]
 Mr. Swing! ――それは最高にクールで最高に情熱的、躍動感に溢れリズムを生み出し舞台を燃え上がらせる人。今ノリに乗っている蘭寿とむを中心に、花組の個性が弾け絡み合う熱狂的なオルケスタ(オーケストラ)!

です。

お芝居は突っ込みどころ満載ですがsweat01、いや~、これが感動しました。

久しぶりだったのでその感覚、忘れかけてましたが、やはり楽しい。そうそう、これよね。

そして、夜は、これ。イタリアの新酒です。
1384694830241.jpg

2013年10月 7日 (月)

NY報告その4  ブロードウェイ

その3の続きです。

ニューヨークと言えばブロードウェイ!当然行ってきましたよ。

ベストポジションの広告はやはり日本ですね^^
Pa041201

スゴイの一言。

Pa041196

人人人。

何してるって、うろうろしてるの(笑)

Pa041192

何してる?広告塔を見上げてる。

Pa041198

気持ち悪い^^;

Pa041208

夜だし、人混みなのでバックもあるし、写真全然撮れてませんでした。残念。

で、何を観たかというと、

10月4日、夜公演。

Pa041191

終演後ですが、なぜかするするとロールスロイスがやってきて横付け。なんだかわかんないけど、その後も今日もロールスロイスに若い女の子が乗って奇声を上げてるのをみかけました。

事前にネットで値引きチケットをゲット(あ、当然息子が)していたのですが。

何を観るか、悩みまして。

一番の話題作「Matilda」。にしようかと思ったのですけど、英語の分からない私が観るのは予習してないと無理じゃないかとsweat02

昨年、息子が言うに、ロンドンでも賞を取ったらチケット完売の超人気で観られなかったんですって。

でも、予習しようにも今回日本語版が手に入らなくてsweat02無難なところで「Mamma Mia!」に。

映画版の印象が強いというか、映画が良かったんだぁ~と感じました^^;

映画はメリル・ストリープの感情、一人の女性の生き方が主体に感じましたが、舞台はどちらかというとソフィの父を求める切ない気持ちの先にドナがあるような。どちらも良かったけどね。

息子の感想は。音楽全く聴いたことない、ああそうか、そうなの、っという感じかな?ですと。うッ、私も観てて若造向きのミュージカルではなかったかと。ABBAを知らない世代のしかも男ですものsweat02

ライオンキングにすれば良かったかな(でも、私ライオンキング嫌いなんだもん(四季しか知らないけど))。

やはり本場は違うよね。この空気。あっちでもこっちでも毎日いくつもいくつも上演されてるミュージカル。もう一本観たい!一生に一度だ(何度目??)

帰ってからまたネット予約でゲット。

そして、観たのは、

The Phanton of the Ppera

Pa051278

Pa051286

もうミュージカルは卒業してもいいと思うくらい感動しましたわshine中途半端なものみたくない~、みたいな・・・。

昨年ロンドンで観たときも感動して、もう一生観ないって言ってましたがcoldsweats01、観て良かった~

ファントムが最高でした!何度もファントム観たけど心底ファントムがかわいそうになって涙が出た~。やっぱりクリスティーヌはいやな女だ(爆)

ロンドン版とは演出も少々違います。どちらがイイとか悪いとかじゃなくてどちらもスゴイ!ただブロードウェイは箱も大きいので出演者も多いし衣装も豪華です。

世界最高の「オペラ座の怪人」を観てしまって、この後もう何も観ることは出来ないな。と思おう。やはりブロードウェイってみんな言うけどホントなんだ。

長くなりました。今日はこの辺で。

ポチッとなm(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村