吉岡ピアノ教室のHPです

  • 040


twitter

無料ブログはココログ

バスティン研究会

2014年1月31日 (金)

バスティン研究会の定例会

記事が前後しましたが、2014年最初のバスティン研究会の定例会で上尾まで行って来ました。

2014年1月28日火曜日。

今回は、ベーシックスレベル3。改訂された新刊セオリー3の解説が中心となりました。

 <ベーシックスレベル3>

レベル3では、短調(AmDm)が出来てきます。短調の説明を生徒にしっかり出来るように。

また半音階、D♭ A♭の調のスケールも加わります。

レベル2までにしっかり基礎力をつけさせて進めたいですね。

 <新刊セオリー3>

  旧刊と新刊との比較をしながら解説を伺いました。

平行調をかなり意識できるようになっています。これで一つの調号に長調短調二種類あることがいつも意識出来るのではないでしょうか。

説明も旧刊よりよりわかりやすく具体的になっています。これだけの量をこなせたらしっかり力がつくと思われます。

<その他>

発表会の記念品の話題になりました。生徒が喜んだグッズ、不評だった品、保護者に選択をお願いするなど、具体的な提案もありとても有意義でした。


セ オリーは改訂されたものがレベル1,2,に引き続き3まで出ました。これは使える!と思っています。いろんな楽典的なテキストがありますし、今までもいろ いろなものを使ってきましたが、新刊になってからは、これだ!と感じたので生徒さんたちには取り組んでもらうようにしています。

いろんな教材があり、どれにも長所短所があると思うのです。使いこなせるようにするためには教材をよく知ることが大事。継続的な勉強は欠かせないと改めて感じています。

2013年8月 6日 (火)

夏期集中講座終わりました

8月3日、4日、二日連続の、バスティンベーシックシリーズの集中講座終了しました。

計20冊の教材のお勉強でした。盛りだくさんの内容で、すぐにでも取り入れたいことも一杯shine

でも、まず、ちゃんと私の中で消化して取り組もうと思います。

教材を使いこなすことが最終目的ではありません。生徒たちが“芸術のすばらしさが理解できる”“音楽・ピアノが好きになっていろんな芸術作品が弾けるようになる”、ための指導法の勉強だと思っています。

生徒たちに、その入り口や土台を作らなければ。その方法は一つではないけれど、バスティン教材は漏れや無駄がなく指導出来る教材の一つだと改めて感じました。

で、こんなに買い込んできましたsweat01使いこなせなくっちゃ(笑)

1375764489996.jpg

修了証書もいただけましたよ。

ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2013年8月 4日 (日)

夏期集中講座

8月3日、4日、二日間。“バスティンベーシックスの指導法を2日でマスター”という、バスティン研究会in東京の東京夏期2日間集中講座に参加。

今日、8月3日はその初日でした。

1375541301067.jpg

朝、9時20分受付、2時間の講座を3つ。計12冊の教材のお勉強です。

それはそれは盛りだくさんで、指導のヒント、具体例など満載の講義でした。最初は疲れて大丈夫かなぁと思っていたら、あっという間の計6時間。

早速、指導に活かしたいと思っています。

講座の後は、交流会。参加者の方々は全国各地からお越しです。非常に熱心で、会場は熱気に包まれていました。

明日も、楽しみです。頑張って行って来ます!

帰りに出会った山手線。

1375541301993.jpg

可愛いね。ホッとしました。

応援お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2013年7月24日 (水)

バスティン研究会の定例会

暑中お見舞い申し上げます。
暑くて更新が滞ってました^^;;

今日は、ひと月に一度のバスティン研究会の定例会で上尾にいってきました。

今回は、上尾バスティン研究会が協力する、9月8日に開催される“音楽の縁日、バスティン夏祭り”の説明と、パーティーDの解説でした。

<音楽の縁日、バスティン夏祭り>

開催は9月8日(日)、和幸楽器 新都心センター。

詳しくは、こちらををご覧下さい!

楽しそうですよ。ぜひご参加下さいね。

<パーティーD>

「ピアノパーティー」を中心に、「パフォーマンス」・「聴音&楽典」、三冊の解説。Dを終了するときに12調を五指ポジションで弾けること、調判定が出来ることを目指すための指導方法などを教えていただきました。

Dの使い方だけではなく、ベーシックスとの併用の例、対応年齢による使い分けなど、の説明もありました。 ぷれせおりーAB,ぷれせおりーCDを併用すると良いとのご提案もありました。

教材やフラッシュカードをはじめいろいろな教具をうまく使った指導で、パーティーDを終了するときに、しっかり生徒さんたちの力がつくようにしたいと思います。

ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2013年6月25日 (火)

バスティン研究会の定例会

6月25日(火)。今日はバスティン研究会の定例会に上尾に行ってきました。

今日のお勉強は、パーティーC。

「ピアノパーティー」を中心に、「パフォーマンス」・「聴音&楽典」、三冊一緒に使いこなす意義についてもお話しがありました。

Cでは五線が出てきますので、読譜と音程の把握がとても重要になってきます。音を読むことと、音程をしっかり把握させること、その指導方法のご説明がありました。

フラッシュカードや、音程を把握するカードなどを使って効果的に習得させるための指導方法を教えていただきました。

リズムでは、♪♪ のリズムの指導方法で、先生方からいろいろな方法が出てきてとても参考になりました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2013年5月31日 (金)

バスティン研究会の定例会

今日で5月も終わり。5月なのに梅雨入りしてしまいましたね。

記事にするのが遅くなりましたが、バスティン研究会の定例会に行ってきました。

2013年5月28日(火)、上尾コミュニティーセンターです。

今回は、バスティン パーティーB 

この教材は使えば使うほど、あれこれ疑問やそれ以上に魅力があるのであれこれどうしようかと考えられる教材です。

何度、お勉強してもし足りません。

研究会では指導の工藤先生がご自身のご経験を交えて実例も多く挙げて下さるので、とても有意義です。

また、至近距離で(笑)、質問疑問にお答え下さるのも嬉しい。

来月はC。いよいよ線間への移行です。また疑問質問いっぱい抱えて参加したいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2013年4月23日 (火)

バスティン研究会の定例会

2013年4月23日(火)。今日は、今年度最初のバスティン研究会で上尾まで行ってきました。

今年度もまずパーティからです。

今日はパーティーA。

教材の説明を聞けば聞くほど、知れば知るほど、発見があり、とても奥が深い教材です。

こちらでは、疑問など直接伺えるのがありがたい。逆に質問出来るように、教材研究をもっともっとしなくてはいけないと思いました。

年度初めということで、集合写真もパチリ(笑)

今年度もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2013年2月26日 (火)

バスティン研究会の定例会

2013年2月26日(火)、今日は、バスティン研究会。上尾まで行ってきました。

1月は、体調不良でお休みさせていただいたので、11月以来久しぶり。

レベル4のセオリーを中心にがっつりお勉強したあとは。

今日は、宿題が出てまして・・・sweat01

生徒の気持ちになりましょうってことで(笑)、レベル3の巻末の音階を当日指定で弾くので各自家で自主練してくるというものrock

大学受験の時みたいcoldsweats01

来月は、いよいよ今年度の最後の研究会。総括と各先生方の発表会への取り組みを持ち寄るというもの。

次回も楽しみです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2012年11月29日 (木)

バスティン研究会の定例会

2012年11月27日(火)、バスティン研究会の定例会で上尾にいってきました。

今回のお題は、バスティンベーシックスレベル2について。

レベル2の一番重要なところは(もちろんどれも重要ですが・・・)、和音の転回とのこと。

難しいですね。どみそ、みそど、そどみ・・・。

いろいろなアイデアをお聞きしてとても参考になりました。

音階の重要性も再認識。指導法など、意見交換の時間もありました。

そして最後は、最近の恒例。カードを使ったゲーム?で音階のお勉強。む、むずかしいsweat01

今年は、これで最後。次回はもう2013年です。

ああ、うかうかしていられない。

今年一年、工藤先生はじめバス研の先生方にはお世話になりました。一番身近な指導法を学べる場として、刺激をいただきとても感謝しています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2012年10月24日 (水)

バスティン研究会の定例会

10月23日(火)、バスティン研究会の定例会で上尾にいってきました。

今回のお題は、バスティンベーシックスレベル1について。

以前から、良さはもちろん知っていたので、少しずつ“自己流”でバスティンを教材として取り入れてはいました。自己流ではいけない、キチンと勉強したいと研究会に参加させていただいて、じっくり腰を据えて教材研究を一からし始めて一年。手応えを感じている今日この頃です。

今回は、まずご指導して下さる工藤先生から、バスティン教材をご自身使ってご指導されていらっしゃる“思い”を伺いました。

使い方次第でどうにでもなる、幅広く対応できる教材であること、指導者自身が常に勉強を続けていかこかなければならないことを再確認できましたflair

指導者の責任の重大さを改めて感じました。

こういう気づきをいただけるのは、勉強会に参加しているからこそ、ですねhappy01

レベル1の説明から、昨日はパフォーマンス、セオリーの説明がありました。パフォーマンスは楽しい曲がいっぱいです。

もっともっと勉強して使いこなしたいと思います。

恒例の、ゲーム。今回は“スプーンゲーム”のご紹介がありました。結構ムキになりましたよ(笑)

グループレッスンも来年度は実施したいと思っていますので、しっかりと身につけようと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村