« ワルツをどうぞ | トップページ | 大学受験もあるぞ その1 »

東宝宙組公演『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』観てきました

本日、東京宝塚劇場にて、宙組公演『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』観てきました。11:00公演です。

『炎にくちづけを』から
ヴェルディの中期オペラの傑作といわれている「リゴレット」「椿姫」そしてこの「イル・トロヴァトーレ」 今回もまた演出の木村信司がそのオペラを下敷きにしました。なんで、オペラばっかりやるんだろう・・・。

世界名作小説や日本名作小説のダイジェスト版が今人気です。読んだ気になる。クラシックも名曲選とかいって“さわり”集が売れています。全部聞いた気になる。今日のお芝居もこの“のり”でみると、いいのかも・・と思います。「薔薇の騎士」にはじまり「イル・トロヴァトーレ」。オペラのストーリーをホントのオペラだとうん万円もするけれど、数千円で見るからお得かなぁという^^;感覚です。

だから、決して宗教的問題、民族問題、オペラの芸術性を追及してはならない。気楽な“のり”でストーリーを追わないと深刻すぎてとんでもないことに陥ります。オペラというのは、とんでもないストーリー、ナンセンスな話を楽曲の素晴らしさ芸術で魅せるのですから。そして、そこに救いがあります。

宙組はとにかく一部を除き^^;;;;(誰とは言わない)歌えるので、「鳳凰伝」に続き、こういうのはあっているかもと思いました。甲斐正人の音楽が非常に良かった。音楽のよさで、かなり救われる部分がある。

がいちさん(専科初風緑さん)のさよならなので、しっかり見届けました。

さてショー「ネオ・ヴォヤージュ」
連日のショパンコンクール観戦のための睡眠不足、そして昨日の前橋行きとお疲れ気味だったので、ちょっと不ぞろいなタップに続きロックなクラシックのビート?が心地よくって二回ほど意識が飛んでました^^; 同じクラシックメドレーでもこうやってくれると楽しい^^ 

何のために劇場へ行くか。私は最大のリラクゼーションを求めていくわけですから、これもまた良しとしよう・・・。

« ワルツをどうぞ | トップページ | 大学受験もあるぞ その1 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/6430503

この記事へのトラックバック一覧です: 東宝宙組公演『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』観てきました:

« ワルツをどうぞ | トップページ | 大学受験もあるぞ その1 »

お江戸オフ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索


無料ブログはココログ