« みちのく紀行 その6 ~飯坂温泉~ | トップページ | 音楽検定顛末記 »

みちのく紀行 その7 ~米沢そして日新館~

飯坂から米沢は2時間くらい。
米沢城址を目指す。
Dscf2952

米沢は米沢藩が治めた地ではあるけど、なにやら複雑。ばっさり割愛して一番のメイン、上杉神社へ。
Dscf2951

Dscf2963

ちょうど大河ドラマも佳境になり、先日上杉神社が放映されました。今日もGaktもカッコよかったですよね~。なんてタイムリー^^;

でも、謙信って越後の人なのよね。川中島の合戦の最中、越後春日城で49歳で急死したのよね。それがなんで米沢ゆかりなんじゃ?マイブームのGackt謙信なんだけどよく知らないのよ。

詳しくはここに書いてあります。クリックで大きくなります。
Dscf2965

倹約で有名な上杉鷹山もいたいた。伊達政宗も当地で生まれたそうです。
Dscf2960

宝物館にも入り、Gacktの奏でた琵琶、いえ、謙信の琵琶とか、衣装、軍旗いろいろ感慨深く見学してきました。本当に才長けた人だったらしい。歴史に‘もし・・’、はないのだけれど、49歳で急死しなかったら、確実に日本の歴史は変わっていたかも。信長はあの性格だから、光秀に殺されなくても誰か別の人が殺したかもしれないし・・。などと思いを馳せるのも楽しいですね^^

米沢では米沢牛の串かつと牛コロッケを晩御飯のおかずに買って出発。
070810_1912

米沢から南下して会津へ。会津は帰り道の途中となるので、一度行きたかった日新館に立ち寄ってきました。以前訪れたことがあったのですが、その時はお江戸ブームではなかったし、場所も若松城跡ではなくて市街からは離れているので行かなかったのです。

道の駅田沢からの眺め
Dscf2973

暑かったのよね。この頃。遠くに磐梯山がチラッと見えているの。
Dscf2980

会津城下を抜けて、日新館到着。この日新館は当然復元施設です。戊辰戦争でお城もろとも、全部焼けてしまってますからね。白虎隊の悲劇です。忠実に復元されて、現在は本当の研修などにも使用されているそうです。
Dscf2985

Dscf2992_3 Dscf2995_3 Dscf2996_2 Dscf2998_2
一生懸命勉学礼儀作法武道に励んでます。

天守閣台からの眺め。
Dscf3011

Dscf3010

Dscf3009
ここにいたのね。他に白馬と、体験乗馬用の子もいました。

磐梯自動車道から一路家へ。
Dscf3022

ようやく夏休みの宿題が終わった。長々ダラダラの記事にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

おまけ。
Dscf3026夏の四日間、本当に暑くて日差しも強く、UVカットの帽子を目深にかぶり、ジャケット手袋膝にもUVカットの布をかけて運転。怪しい怪しすぎるから他の車もよけて通る。対向車が怖がるからも帽子ぐらい取れば、と言ったけれど、恐ろしくて取れません。そこまでして運転するか??ということで、暑かったけれど、いろいろ回れて美味しいを一杯いただき、飲み、温泉三昧。充実したみちのく紀行でした。全走行距離1300km

完!

ああ、これでようやく秋が来る・・・。

みちのく紀行 その1
みちのく紀行 その2
みちのく紀行 その3
みちのく紀行 その4
みちのく紀行 その5
みちのく紀行 その6

しばらく更新お休みします。復活したらまたよろしくお願いします。

« みちのく紀行 その6 ~飯坂温泉~ | トップページ | 音楽検定顛末記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわ〜すごい!
米沢っていったことないんですよね^^;
お天気も良くて絶好の旅行日和ですね!

夏休みの宿題、お疲れさまでした。

日新館行ったことがないんですけど、立派ですね~。
上杉鷹山の言葉もいまだ人の心に響くものがあるんだからすごいことですね。

歴史って本当にこの人が長生きしたら・・とか
出会ってなければ・・・とか想像すると面白いですよね。

みるきいさん、ぶんぶんさん

コメントありがとうございます。

>みるきいさん

お天気、ハイすごく良くて・・、溶けそうなくらい暑い日でした・・・。東北ってもう少し涼しいのかと思ってました。でも、米沢も会津も盆地なのよね。
暑かったけれど、とってもいいところです!


>ぶんぶんさん

ようやく課題が終わってホッとしました^^;;

日新館、すごい施設です。当時のまま復元だそうで、会津の教育意識の高さを感じました。

>想像すると面白いですよね。
そうそう。だからお江戸のお勉強も楽しいんですよねえ^^


運転&記事アップお疲れさまでした (^-^)
『風林火山』私もハマって見てますし、小説『上杉鷹山』を読んだこともあるので、楽ませて頂きました♪

日新館スゴイですね!
タイプスリップしたみたいです。

アリスさん

コメントありがとうございます。

ダラダラした記事に最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。

>日新館スゴイですね!
いったいお金はどこから出てるのかとおもいましたよ~。ご覧のように、人っ子一人写真に写ってないでしょ・・・。観光客数人でした(汗)

>タイプスリップしたみたいです。
ホントホント^^


「おしょうしな」米沢弁でありがとうの意味です♪
2月の第2土日に行われる雪灯篭祭りも幻想的でいいですよ!☆2年間米沢に住んだ者より☆

バリちゃんさん

コメントありがとうございます。

>「おしょうしな」
なんて素敵な響きでしょう^^

>雪灯篭祭り
厳しい冬の東北もいいでしょうね~

東北、まだまだもっともっと行きたいところが一杯です。いろいろお教え下さいませね!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/16790960

この記事へのトラックバック一覧です: みちのく紀行 その7 ~米沢そして日新館~:

« みちのく紀行 その6 ~飯坂温泉~ | トップページ | 音楽検定顛末記 »

お江戸オフ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索


無料ブログはココログ