« ここは? | トップページ | 京橋と淀屋橋 »

宝塚宙組公演『黎明の風/Passion 愛の旅』観てきました

この三連休、帰省をかねて観劇、か、観劇をかねて帰省なのかは深く追求しないでね・・、宝塚劇場にて、宝塚宙組公演観てきました。初日15:00公演と、2月10日 15:00公演です。

主演娘役の陽月華さんが、練習中の足首骨折により休演。初日10日前に急遽、代役が立つという事態となりどうなるか心配の初日でした。

大劇場の初日は東宝の初日とはまた違った緊張感、今回はトップ娘役さんの休演ということもあり、別の意味での緊張感ただよう会場。が、幕が上がると、あれよあれよと舞台に引き込まれ、そこは、今までとは違う宙組がありました。ちゃんと後ろのほうまでお芝居してるやん(笑)

お芝居から

ミュージカル・プレイ
『黎明(れいめい)の風』-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-

作・演出/石田昌也

夫にちゃんと予習してから行かなわからへん、と手渡されたを片手に新幹線に。行き2時間半では半分しか読めず、予習ほとんど無しで観劇。
が、そこはさすが、石田センセ。こういう歴史もの?の脚本はお手の物。すごくわかりやすかったです(笑)
おまけに、華族のお嬢さま正子さんとのご夫婦の話もありですので、心配された石田センセ独特の下品な笑もかろうじてなくて。。ホッとしました(苦笑)

しかし、内容は重く、憲法改正問題、原爆投下、米国の内政干渉等々、現在の微妙な政治的問題と直結していることでもあり、思想的にもいろんな意見が出る内容ではありました。まぁ、宝塚のファンにそういう高尚な話を求めることは土台無理かととも思われ、まぁいいか・・。いや、良くないだろう、などと思いつつ。
轟さんはひたすらカッコよくて、もう言うことはございませんlovelyと落ち着く私(;一_一)

脚本の石田先生は、プログラムにも「昭和の時代劇」と考えて脚本を、とおっしゃっておられますから、私たちもそういうスタンスで舞台を楽しんでいいんだ、と言い聞かせ。

舞台では、轟さん演じる白州次郎さんが力強く息づいていて、感動できて^^ 素直にそういう時代もあったんだと、ストンと腑に落ちました。

や~、轟さんのスーツはあるは、ジーンズに革ジャンはあるは・・。早く東京来ないかなぁ・・。

代役の和音美桜さんは歌も演技もしっかりしていて、一週間少しの期間でよくぞ立派な舞台を努めて!でした。他にもところてん式で代役なので、回りもみなさん、本当に大変だったと思うのですが、よくぞここまで。あえて言うと、裾さばきが・・。着付けが上手くできてないのか、イマイチうう~ん、惜しい。着物姿で美しく見せるのは難しいんだなぁなんて。

トップ男役の大和悠河さんは、マッカーサー役。年齢的には無理があるのですが、これが実によかったです。轟さんとのガッツリの芝居で演技が深まったんじゃないでしょうか?

いろいろ、多分、ファンの方たちはご不満だと思うんです。こういう落下傘で理事が降りてくるって。でも、そのせいで、生徒さんたちがピシッとなり、緊張感のある締まった舞台となりそれが役者としての成長に繋がる気がしました。

まぁ、今回限りですので、生徒さんもファンの方たちも我慢してください。

ショーです。

グランド・レビュー
『Passion 愛の旅』

作・演出/酒井澄夫

久しぶりにとっても良いショーに出会いました^^轟が出てるからだけじゃないよ・・。

が、開演のアナウンスが、お芝居に続き、轟さんなの~~。またいろいろ言われるだろうなぁ・・・。なんでこんなことで気をもまなくちゃいけないんだか。。。とにかく、これで組回りもこれで最後だから勘弁して下さいm(__)m

そして、やはり轟さんの場面が多いので宙ファンからは非難轟々(と轟という漢字が変換された(;_;))でしょう。
トップ轟、2番手大和さん、のしっかりしたショーって感じだからさぁ。トップ娘役さんが休演となってしまっても、デュエットダンスがなぜか轟さんと大和さんの超美しい女装^^;;なので、トップ娘役不在でも傷が少なくてすむ配置だったようです(涙)

でも、こういう事態も本人のせいじゃないので、宙組や大和さんのファンの方たちのご不満や他のごちゃごちゃはあるとは思うと辛いんだけど、そういうことを考えず楽しく観たいと思います。何度も言いますが、劇団の方針だし、スポンサーの要望など色んな要素が絡んでくるわけです。で、最後ですから。

ということで、なんとしてももう一度大劇場に行きたいが。。日程的にも無理なので、ひたすら4月を待つことになるわね。

|

« ここは? | トップページ | 京橋と淀屋橋 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

ストレートに感激を表現できないもどかしさをお察ししますcoldsweats01
今回限り……なんですか???
東宝で並んで観る日をものすごく楽しみにしています。
理事の活躍ぶりと桜桃さんの萌えぶり、両方に期待sign03

投稿: Tompei | 2008/02/12 23:47

Tompeiさん

コメントありがとうございます。

いろいろ複雑って、私たちじゃなくて宙組とかタニちゃんファンがね、だとは思うんだけど・・。仕方ないよね。

>東宝で並んで観る日をものすごく楽しみにしています。
こちらこそです。
よろしくお願いしますねshine

投稿: 桜桃 | 2008/02/13 08:47

良い舞台に仕上がっているようですね^^
個人的には、とても楽しみです。
宙組の皆さんにはとても良い刺激になったのではないかと…

いつでも、劇団の意向とファンの気持ちが同じとはいかないわけだし、それこそファンだって皆立場が違うわけで…

結局、劇団の思惑次第、てところはありますね。
だからこそ我がご贔屓も…でしょうけどねぇ…

ともかく、観劇日を楽しみにしています^^

投稿: 金木犀 | 2008/02/13 22:11

金木犀さん

コメントありがとうございます。

>結局、劇団の思惑次第、てところはありますね。
そうなのよね~。ふ~
でも、いいものはいいわけなので^^

期待しててねnotes

投稿: 桜桃 | 2008/02/14 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/40086597

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚宙組公演『黎明の風/Passion 愛の旅』観てきました:

« ここは? | トップページ | 京橋と淀屋橋 »