« 江戸のオートクチュール「小袖」展 | トップページ | ボンジョルノイタリアその7 ~ヴァチカン市国~ »

月組日生劇場公演『グレート・ギャツビー』観てきました

またまた時間が経ってしまったのですが

9月6日(土) 日生劇場にて、月組公演『グレート・ギャツビー』観てきました。11時公演です。

ミュージカル
『グレート・ギャツビー』

-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby”より-
脚本・演出/小池修一郎

原作は多分映画を見たとき読んだはず・・。映画のことしか知らなくて、宝塚初演の時は20年のブランク期間のため宝塚の舞台は初見です。ご贔屓さんが出てたのにねsweat02

映画ではミア・ファロー扮するデイジーが嫌な女でねえbearing。ひたすらカッコいいロバートレッドフォードが哀れで、なんであんな女のために人生棒に振るかなぁ、と思いつつ見てました。確かその時私は10代^^;;

三十数年?経て観たグレート・ギャッツビー。この宝塚版デイジーはけなげで共感が出来る女になってました。

瀬奈さんギャッツビーはスーツ姿がカッコよくって、いい男だった。ロバートレッドフォードよりもずっとカッコいいぞ。

ニック、おまえ~~。遼河 はるひさん、頑張ろう。君に説得力がないと舞台が締まらないじゃないか・・。でも頼りなさげが何気によかったのかもしれない^^;

デイジーやその夫トムが住む世界、アメリカ上流社会とギャッツビーがすむ世界には永遠の隔たりがあって、そちら側へ行けなかったギャッツビー。そういう意味では城咲あいさん扮するデイジーのラストシーン、ホント“嫌な女”風に演じていてよかったです。ギャッツビーが浮かばれない・・・。救いのない人生ですね。

そのラストを、やはり専科の役者さんが舞台を締めておられました。。
父親役の汝鳥 伶さんとジョージ・ウィルソン役の磯野千尋さん。このお二人だったからこそ!のラストでした。

といろいろ書いてますが、いい舞台でした。こちらも小池センセだったのね。うん、やはり原作ありの脚色演出の腕はさすがでございます。

原作を読み直したくなりました。ちゃんと村上春樹氏訳のが家にあるのよ・・。夫からの課題図書coldsweats01

« 江戸のオートクチュール「小袖」展 | トップページ | ボンジョルノイタリアその7 ~ヴァチカン市国~ »

観劇」カテゴリの記事

コメント

本日、観てきました。
懐かしかった~! 初演のほうが凝縮されていた分よかった気がするけれど、やっぱりギャツビーはよいわ。
あなたのごひいきさんが「フィラデルフィアから」と度々出てきたことも思い出したわ。ヘンな発音だったのよ(^^;)。今度CSでやったら見てみてね。

Tompeiさん

コメントありがとうございます。

ご覧になったんですねえ~、そしてもちろん初演もご覧になってたんですねえ。ウラヤマシイ・・。

>「フィラデルフィアから」と度々出てきたことも思い出したわ。ヘンな発音だったのよ(^^;)。
そ、そうなのね。どの役が轟さんかわからなかったの~sweat02
CS予約してあります。楽しみheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/42434668

この記事へのトラックバック一覧です: 月組日生劇場公演『グレート・ギャツビー』観てきました:

« 江戸のオートクチュール「小袖」展 | トップページ | ボンジョルノイタリアその7 ~ヴァチカン市国~ »

お江戸オフ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サイト内検索


無料ブログはココログ