« 女三人出雲縁結びツァー その3 松江・宍道湖 | トップページ | 東宝宙組公演『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』観てきました »

女三人出雲縁結びツァー その4 玉造温泉

11月22日、松江を後に山陰本線で玉造温泉へ。18:10JR玉造温泉駅到着。バスと言う手もあったのですが、目の前にタクシー。タクシーで5分ほどで玉造温泉です。

タクシーの中では、どちらから?どちらへ?ここで、母。自分の経験談を延々語りそうになる。

私は運転手さんに島根の事情を聞きたいのよ(ーー;
有福温泉と言うと、それは遠いですね~(出雲弁の言い回し、ちょっと忘れました。おだやかな言葉でしたが)
石見銀山に行きたいけれど無理ですよね?
タクシーで山越えるという手もあると教えてもらいまいした。

そうか!遠いからとてもタクシーは無理、電車バスと言う交通手段しか考えていなかったけれど、当地のタクシー、とってもお安いし、JR+タクシーという選択肢もあったことに今頃気づきました。宿でゆっくり考えるべし。

宿は元湯玉井館

2008_11240140 2008_11240113 2008_11240139
こじんまりしたホントの昔からの旅館と言う風情。私たちの部屋は2階。二間続きの広い部屋で、一組のお客の部屋しかありません。ここで、失敗。一階にして欲しいと言うべきでした。年寄り同伴ですから。こういうことも後で気づくこと。温泉はそりゃ、源泉かけ流し。湯量も多くいいお湯でした。

食事もたっぷり美味しい。
2008_112401152008_112401172008_11240118
2008_112401212008_112401222008_11240124
《母語録》
私、カニいらんわ。このえびもいらん。
鶏嫌いやからこれ、いらんわ。
茶碗蒸し、味濃いなぁ。
柿、家の庭の柿の方が美味しいわ。
バターいらんわ、きのこだけでええわ。
かれい、油やから食べへんわ。
シジミ汁とちがうねんなぁ。

絶対こんなわがままな婆さんとは一緒に旅をしないと心に誓ったのは内緒ですcoldsweats01

旅館の名誉のために言いますと非常に美味しいお料理でした^^;;
お食事の後は、どじょうすくいのショーが地元の湯元施設で催されるとのこと。いってみよう。
ご存知安来節ですね^^

舞台に出て、どうですか?どじょうすくい踊ってみませんか?
ここは私が出る場面でしょう。
あ、あんた・・・sweat02
Dscn1403 Dscn1434
司会の方に、これでお嫁にいけないということはないですからね、と妙なフォローをもらう娘・・
文句ばっかりで自分が自分がの母と、お気楽の娘。もうやってらんないbearing

さ、気を取り直し11月23日の朝ごはんです。
今日は忙しいよ。朝9時出発→出雲大社参詣→石見銀山→JR江津からタクシーで有福温泉の予定。目一杯ですね。

2008_112401312008_112401332008_11240135
ああ、美味しかった。
晩御飯はいらんかったけど、こんな朝ごはんやったらええなぁ~
とおかずにお釜のお米をぺろりと平らげた母。1合まるまるですよ。私はとても無理。婆さん恐るべし。

まったく・・・。お米は魚沼産コシヒカリよりも等級の高い日本で一番美味しいお米だそうで、それはそれは美味しかったです。自分で美味しいと思わへんかったら食べへんのか。

朝は、玉造温泉駅まで9:06発のバスに乗る予定。JR玉造温泉駅→JRで出雲市→バスで出雲大社という行程の予定。

すると、旅館のご主人が旅館の目の前のバス停から空港経由で出雲大社までバス便があると教えてくださる。ちょっと空港で待ち時間があるけれど、それが便利ですよ。
私としては荷物のこともあるので、JR出雲市駅に寄りたかったのですが・・。まぁ、年寄り連れの乗換えを考えたらそれも楽かと。

9:10 旅館のご主人、仲居さんに見送られて出雲大社へ向けて出発です。
しかし、案の定、出雲空港では到着便が遅れて大幅に遅れる。石見銀山に行くためには、14:09出雲市駅発の山陰線にのらねばならぬ。イライライライラ。
ようやく出発したのが10時過ぎ。そのうち渋滞になってきました。三連休中日、さすが地方とはいえ渋滞です。

なんとか、出雲大社が見えてきました。
2008_11240141
まもなく出雲大社、というところで向こうの方に車の列が見えてますが、これが近づくとまったく動かない。出雲大社への参詣の車で大渋滞になってます(;_:)

運転手さん、時間がかかるからここから徒歩の方がいいとアナウンス。途中で降ろされてしまいました。
荷物はどうする・・。
コインロッカーは手前の一畑電鉄出雲大社駅か、次のバス停前。婆さんが荷物を持って参詣はとても無理。婆さんも一緒に次のバス停に行くと言い張るがそれを取り上げて娘と私で手分けして荷物預かりを探す。母には先に本社へ行ってもらうことにしました。

手荷物を預かるかわりに、参詣帰りにお土産を買ったり食事をするというお店をみつけて預かってもらいました。ホッ。
そんなこんなで、私は時間はないは、荷物はあるはでちょっとパニック。
せっかくなのに、出雲大社の大鳥居の写真を撮り忘れましたぁ。なんてこと・・。おめでたい場所なのに。

出雲大社参詣へ続く

« 女三人出雲縁結びツァー その3 松江・宍道湖 | トップページ | 東宝宙組公演『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』観てきました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「母語録」に朝から大爆笑!
安来節を踊るお嬢さんにまた大爆笑!
桜桃さんのお疲れお察ししますcoldsweats01

私読んでて疲れてきました。
景色は素敵ですね。
連ドラ人気もあるんでしょうか?>出雲大社
連休も旅行も関係のない生活を送って久しいですが…世間ではコンナコトニ…

あ、3人とも血液型はご一緒ですか?

おお?しらぬ間に、凄い量の記事、びっくり。
お母様、豪傑ですね~~
元気で長生きするには我が儘が一番なのかも~~
大笑い。
安木節を踊るお嬢さんのキャラ良いわね~~

だけど、、すっごい大変な旅ですね。
お察しします。
一度行ってみたいけど、こういう旅は、旅行社のパックが楽そうですね。

Tompeiさん、ゆれいさん、hichaさん

お疲れさまです^^;;
この長い長いくどい次から次へ続く記事によくぞお付き合い下さった上にコメントまで、ありがとうございます。

>Tompeiさん

>桜桃さんのお疲れお察しします
ありがとうございます^^;;

>ゆれいさん

お疲れ様です。私も疲れました(爆)

>連ドラ人気もあるんでしょうか?>出雲大社
多分ね。私には何の興味もないのですが、あの朝ドラ・・。

>3人とも血液型はご一緒ですか?
え?聞きたい?知らないほうがよいかと・・。
恐ろしいですよ~。娘も母もAB型です。ちなみに祖母も叔母も従姉妹もABなんです~sweat02

>hichaさん

>元気で長生きするには我が儘が一番なのかも~~
周りはどうなるのでしょうか???
教えて下さい~~

>旅行社のパックが楽そうですね。
年寄り連れはバスのパックが一番でしょうねえ。荷物もあるし。
でも、そうなるとご祈祷できないのよ・・。

あれこれ、大変な思いも、まぁ、思い出ですね^^

夏に行ったバスパック四国旅行で時間に追われた感があったので、自分たちで計画すればゆっくり見られるかと思えば・・・

あれこれ欲張りすぎちゃって、やっぱり忙しいんですね~^^;

ノリがいいお嬢様、好きだわ~~
桜桃さんは踊らなかったの?

ぶんぶんさん

コメントありがとうございます。

パックはやはり無駄なく回れると思います。
とにかく交通の便が悪いのよ・・>山陰

まあ、自由に車で行ってもねえ、いろんなことがあるわけでしてsweat01

>桜桃さんは踊らなかったの?
私が踊ったら冗談にならないと思いますわcoldsweats01

お母様のご様子、目に浮かべつつ読ませていただきましたっhappy01

荷物といえば、こないだ母と伊勢神宮に行った時は、外宮にはコインロッカーがなくて、もう駅に戻らへんから(内宮へは直接タクシーで行った)駅に荷物置かれへんで、と言われ、スワニーのコロコロを「持って」歩いたんだよsad
砂利道ではコロコロは引けず、無理に引くと跡がつくので。。。

娘時代、母とあまた旅行した私ですが、やはり車じゃなかったので、母はもっぱら「市内観光バス」派でした。
便利だけど、私はそれがイヤでねぇ。
まぁお付き合いでついて行ってただけだったんで、黙って乗ってましたけど…(何て受身な旅sweat01

金木犀さん

コメントありがとうございます。

>スワニーのコロコロを「持って」歩いたんだよ
お疲れ様でした。
パックじゃない自前の旅行って、この荷物ってのがネックですねえ。

>便利だけど、私はそれがイヤでねぇ。
なんとなくわかるけど、今から思えば贅沢な話だよね^^;
で、今でこそ若い子もどんどん市内観光バス使うらしいし。最先端だったんだよ(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/43240213

この記事へのトラックバック一覧です: 女三人出雲縁結びツァー その4 玉造温泉:

« 女三人出雲縁結びツァー その3 松江・宍道湖 | トップページ | 東宝宙組公演『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』観てきました »

お江戸オフ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイト内検索


無料ブログはココログ