« 2月12日 | トップページ | 『のぼうの城』探訪 »

亀戸天神 《東京散歩2009 No.2(No.18)》

2月11日(祝)、あいにくの曇天でしたが最後のお願い(笑)に亀戸天神にお参りに行ってきました。梅観もあるし^^;

2009_02110011_3 2009_02110012_2

梅は五分咲きというところでしょうか。参詣の人出もそんなに多くなくしっかり(爆)お参りをして、梅観を楽しんで来ました。

まずはお参りです。

2009_02110026 2009_02110027

亀さんで手を清め、丑さんをなで

パンパン!

2009_02110023_2

凶を引く女である私なんだけど、今日はおみくじを引きたい気分。気合い満々でいざ!2009_02110032_2

どうよ!大吉でした!内容は、まぁそんなに良いものでもないんだけれど、大吉を引くことは滅多にないのでよかったぁ。夫もなぜか大吉。でも、中身は私の方が若干良しです^^;

かわいらしい梅が一杯咲いていたので、少々

2009_02110036_2 2009_02110042 2009_02110045_2

2009_02110039

2009_02110029

2009_02110058_2

しっかりお参りを済ませた後は、甘酒と日本一のきびだんごというキャッチコピーのお団子を鳥居横の茶店でいただき亀戸天神から一路北へ。この甘酒とお団子がとっても美味しかったです。途中に歌川豊国のお墓がありましたが、人が境内にだれもいないので、見学は割愛。

2009_02110059  2009_02110060

北十間川を渡りどんどんと北へ。このあたりは、中小工場地帯です。江戸時代の梅の名所の名残があるという香梅園へ。香取神社の境内にささやかな梅園がありました。

2009_02110065  2009_02110064

ここから京島をめざします。一応ガイドブックに“昭和初期へタイムスリップ”ッて書いてあったの。

廃校になってます。少子化ドーナツ化なのか。

2009_02110072_4  2009_02110076

2009_02110077_3  2009_02110078

祝日のせいもあるけれど、ゴーストタウンのようでしたがsweat01sweat01てか、観光客なんていないし。。。

京成曳舟へ到着。上野へ。

娘と合流して、乾杯~。ってなんで??

2009_02110080

今日のお土産。JR亀戸から天神さんへの途中のパン屋さんで。

2009_02110008  2009_02110087

亀の三段重ね。おめでたいでしょ?縁起物^^ ホントは重ねてラッピングのはずが、焼きたてで熱いのでということで個別包装でお持ち帰り。家で重ねてみました。お味は、あんこがさっぱりしててとっても美味しゅうございましたdelicious

快晴のもとでの梅観としゃれこみたかったけれどそうはうまくはいかずにあいにくの曇天。、それでも、かわいらしい梅を一杯堪能できて、そして、美味しくて、ちょっとレトロな町並みにも触れて、本来の最後のお願いをすっかり忘れてしまった一日でしたが、ま、いいか。

そして、しっかり花粉にやられて、次の日は頭が重かった・・。え?二日酔い。違うってばcoldsweats01

|

« 2月12日 | トップページ | 『のぼうの城』探訪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ダブルの大吉おめでとうございます。みていて元気でました。
たのしいことがたくさんありそうでいいですね。
今年梅はまだみていないので、ちょっと感動しました。
きれいな写真見とれてしまいました。ありがごうございます。

亀戸天神は4月中旬、藤を見に行くのを楽しみにしていたこともあります。

おととし湯島天神へ梅を見に行っていたら、ちょうど、狩人という歌手が、あずさ2号をうたっていて、感動したことありました・・・。

今年の正月のおみくじ、「待ち人きません。」ってひとこと書いたあったので、会社の人に爆笑されました。

投稿: pingpongpang | 2009/02/14 01:30

亀のパン、かわいいです。

大変だけど、あと少しだから
体調管理に気をつけてくださいね。

亀戸天神は梅の季節には行ったことがありませんでした。
お正月と藤の季節と七五三くらいでした。
そのたびに人人でつぶされるくらいいっぱいです。

梅の季節だと人も少ないし、
梅もかわいいしすごくいいですね。

曳舟や立石など、京成の沿線はちょっと寂しいのかな。
こちらも同じ名前の駅が京成とJRにあるのですが
京成側はすごく寂れてしまっています。

投稿: 陶片木 | 2009/02/14 07:51

近所の神社の天神様コーナーも脇に小さな梅がありますから、やっぱり天神様と梅はセットなんですね。
枝垂れ梅がきれい!
亀パンも可愛い!!

足を運んだだけでも、願いは通じますよね!息子さん頑張れ!!

投稿: ゆれい | 2009/02/14 10:25

梅は長く楽しめるから人が分散するのかしら?
亀戸天神さんでゆっくりご祈願できて良かったですね。

息子さん、きっと大丈夫ですよ!


にしても!またキリンシティーで飲んでる~~
あ~~、私も飲みたい、飲みたい(爆)

投稿: ぶんぶん | 2009/02/14 10:57

こんにちは。

W大吉おめでとうございます!
特に左のおみくじに書いてあることは、受験生向けですね (^-^)
しだれ梅も素敵♪

締めがビールbeerってゆーのも桜桃さんらしい(笑)

投稿: アリス | 2009/02/14 13:21

夫婦で大吉なんて、すごい確率ですよね〜!!
最後のお願い、聞き届けられそうです。

亀戸天神は二年前のオフ以来、行っていません。
あの時は、我が家も受験で、一生懸命お願いしたのに、そういえば今年は、初詣すら行ってないです…sweat02sweat02

投稿: Leaf | 2009/02/14 13:35

小村井の香梅園? はて聞いたことがない……と思って調べたら、平成6年にオープンしたんですって。でも、切絵図にもこの場所に梅屋敷が載っていましたよ。有名な亀戸梅屋敷とは違うみたいだけど。
大昔、この近くの図書館を利用していたんです。付近は何の変哲もない普通の下町ですよね(^^;)。数年後、スカイツリーがオープンしたら、ぜひまたお訪ねください!

W大吉、幸先いいですね(^^)。

投稿: Tomepi | 2009/02/14 15:32

みなさま、応援コメントありがとうございます!
心強いですflair


>pingpongpangさん

元気になってくださってありがとうございます。

梅観は当分間に合いそうですよ。ぜひ~

>今年の正月のおみくじ
節分からが新しい年ですよ^^


>陶片木さん

>体調管理に
ありがとうございます。後はホントそれのみですね。風邪をひかないようにと願ってます。

藤の季節はラッシュの山手線状態でしたが、この季節、ほどほどの人出で良かったです。あまりに閑散ってのもねえ。


>ゆれいさん

>やっぱり天神様と梅はセット
そうそう。東風吹かば、思い起こせよ梅の花、ですね、でも、これって恨みの歌だったんじゃなかったっけ??

亀パン、思ってた以上に美味しかったですdelicious

投稿: 桜桃 | 2009/02/14 21:51

>ぶんぶんさん

>梅は長く楽しめる
そうですよね~。なので、来週もっと最後のお願いに行こうかと(爆爆)

>あ~~、私も飲みたい、飲みたい(爆)
またオフでも、ぜひこの泡泡行きましょう!


>アリスさん

思わず、大吉だぁ!って叫んじゃいました^^;
あまりに凶を出すことが多いから。凶には慣れてるとはいえ、大吉の方がやはり嬉しかったり・・。

beer、当然ですよね~、私。


>Leafさん

>二年前のオフ
もう二年ですかぁ。Leafさんとお初でしたね^^
ぶんぶんさんとお二人で一生懸命拝んでらっしゃるのが印象的でした。なので、私も一生懸命頭下げてきました。


>Tompeiさん

>有名な亀戸梅屋敷
昨日タモリ倶楽部で放送してましたね。そちらは見つけられなかったの。

>調べたら
さすがです・・。
しょぼかったけれど、もとは3,000坪あったというシンボルにはなりますね。

>スカイツリーがオープンしたら、ぜひまたお訪ねください!
はい!PR部長、さすがです。
タイムスリップ出来るがうたい文句でしたが、ツリーができたらどう変貌するんでしょうね~。

投稿: 桜桃 | 2009/02/14 22:08

梅がきれいですね。亀戸天神は藤棚が満開の頃もいいですよ。学問の神様、天神様でいうと湯島とここと後は国立市の谷保天神をいれて東京三大天神という説もあるらしく、自分も数年前に回りました(^_^;)(↓惑 にLINK)。良い春になるといいですね。

投稿: | 2009/02/15 01:41

惑さん

コメントありがとうございます。

谷保、そうでした、惑さんのところで知ったのでした。
来週最後の最後のお願いに・・・(笑)

投稿: 桜桃 | 2009/02/15 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/44034871

この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸天神 《東京散歩2009 No.2(No.18)》:

« 2月12日 | トップページ | 『のぼうの城』探訪 »