« 六周年ありがとう | トップページ | 10月1日 »

中欧旅行記  その17 ~リスト記念博物館~

その16の続きです。

7月12日(月)、午前中のブダペスト市内観光。現地ガイドのガランボ氏にお願いして一般的観光コースに追加して、リスト記念博物館に連れて行ってもらいました。私のたってのお願いを聞き入れてくれまして。こういうところ、個人旅行の利点です。

もう一つ、リスト音楽院にも行きたかったけれど、こちらは夏休み中で休校、改修工事中で見学不可でした。残念。どちらにしても他のメンバーは多分全く興味なかったと思う。貴重な時間をありがたや。

③リスト・フェレンツ記念博物館

Img_0185_2

馴染みの呼び方ではフランツ・リスト。ハンガリーでは名字が先なのでリスト・フェレンツですね。彼はオーストリア系ハンガリー人の父とフランス人の母の間に、1811年生まれました。11歳までハンガリーに住みその後フランスに移住。

晩年この地に住んで1979年、音楽学校開校。ピアノ教師としても大変面倒見もよく、一流の教師だったそうです。

ハンガリー語を最後まであまりしゃべれなかったそうですけど(そうなんだぁ~)、ハンガリーをとても愛していたようです。1886年バイロイトにて没。

まず、入り口でチケットを購入。カメラ撮影は別料金。当然私だけお支払い。日本円でカメラ1台につき約500円也。このカメラ1台につきってのがその時は理解出来なかった・・。

日本で言う、土足厳禁状態。

Img_0186

靴の上にこんなものを履きますsweat01指先でつまみたくなるような年季の入った物でございました。靴を脱ぐ習慣がないというのはこういうことなのね・・・。

階段を上ります。2階が住居だったんですって。

まずは!ドンと

Img_0213

お隣の部屋は、ゆったり。

Img_0189

わ~、ここにリストがいたんだぁ~。感激!

Img_0188

女性の写真は、娘のコジマ。最初はハンス・フォン・ビューロの妻になり、その後重複期間を経て^^;; ワーグナーの妻となりました。

お父さんのリストもだけど、異性関係はかなりドラマチックだったようですね~coldsweats01

Img_0196

作曲用のピアノ?なのか、引き出しに入ってます。自筆楽譜とお手紙。

変わりピアノもあります。小さいの。

Img_0187

リストは、非常に練習熱心なピアニストで、毎日何時間も練習しました(耳が痛い・・)。当然演奏旅行も多く移動が多かったので、どこででも練習出来るようにと携帯ピアノ持参で旅をしたようです。

旅グッズ一式

Img_0207

ホワイトくんもぶらさげて定額給付金クンで撮影していたら、監視員のオバサンが手を振る。ニコニコしながら、ホワイトくんを指さして○×※◆~~。え???シャッターを押してやろうと言ってるわけでもないし、???人差し指を立てる。あわててカメラ撮影のチケットを見せるとワンとか言う。

ようやくそこで理解。撮影はカメラ一台につき一枚チケットを買わなくちゃダメだから、ホワイトくんで撮影するな、と言われてたらしい。フツーは1台しかカメラなんて持ってないよねsweat02

弟子たちにレッスンをしていたお部屋。

Img_0204

ああ!バカバカ。リストの有名な肖像画の顔がちょん切れてる。

リストの名前が入ってます。

Img_0203

もう一台。

Img_0201

リストの手!

Img_0209

そうだ!リストはベートーヴェンを敬愛していたので、ちゃんとありました。ベートーヴェンのピアノソナタの楽譜。

Img_0198

リストが使ったんだ~~~。

こんな感じの本箱

Img_0200

ツァーのコースにはめったに入らない場所なので、観光客も私たちと他に一人日本人らしき女性のみ。

同行の友人たちには気の毒だったけれど、行くことが出来てよかったです。

続く。


« 六周年ありがとう | トップページ | 10月1日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

きょう桜桃と、コースとか携帯したかったみたい。
それですぴかの指先とか練習したかもー。

リストの手、大きいのでしょうね。
指が長いです。

ここにリストがいたんだ!って解ります。
私もベルサイユ宮殿で、「ここにアントワネットがいたのね!
でもオスカルはいなかったのよね。」(藁)
とマジで感慨深く思ってしまったもの。(^。^;)

カメラ一台につきというのが興味深かったです。
望遠のようにレンズはカウントされないのですよね。
お国によって考え方もいろいろなのですね。

リストはついに弾けるようなところまでとても届きませんでしたが
リストの曲はいまも好きです。
いつか桜桃さんのピアノ聴きたいです!

へえ~~~おもしろいものを見せていただきました。
って靴カバーの事だけど。
やっぱり、ピアノをやっていたら、こういうところは興味あるよね。
凄く立派なピアノ、どんな音が出るのでしょうね。
リストの手、凄く大きそう。

おお~!この空間に感動!
音も聴きたかったのでは?

「カメラもう一台分の料金をよこせ」じゃなくて、優しいですねcoldsweats01

ツアーでは組み込まれない場所に行けるのは個人旅行ならではですよね^^
良かったですね~。

お部屋もピアノもアンティークで素敵ですね。
レッスン部屋のピアノの上の燭台?が立派でリストの顔が切れちゃったのがわかる気がします^^;

陶片木さん、hichaさん、ゆれいさん、ぶんぶんさん

おはようございます。コメントありがとうございます。
ピアノ、どんな音なんでしょうね。あの空間での響き、聞いてみたかったです。

>陶片木さん

リストの手、大きいでしたよ!

>オスカルはいなかったのよね。
爆) 
いつかは私もヴェルサイユ宮殿に立つことが夢です^^


>hichaさん

他にもコダーイとかチェコではドボルジャークとやスメタナの記念館に行きたかったし、ハンガリーは音楽、ミュージカルのメッカなのでそちらも見学したかったけど・・。無理よね^^;;

靴カバー、面白いでしょ。でも暗くて色が白っぽく写ってしまいましたが、ホントは鶯色なの。カメラもまだまだです(ーー;


>ゆれいさん

>「カメラもう一台分の料金をよこせ」じゃなくて
そう。写すな、ってことなので慌ててバッグに入れました^^;

お金払っても撮影出来たのでよかったです。


>ぶんぶんさん

今回の旅は食べたい物を食べて、行きたいことろに行けて、でとても良い経験が出来ましたが、まず語学が出来ないとお話にならないわけで・・。友人におんぶにだっこ状態、語学が全く出来ない私には絶対無理です。語学出来ないとなぁ~(涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/49591262

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧旅行記  その17 ~リスト記念博物館~:

« 六周年ありがとう | トップページ | 10月1日 »

お江戸オフ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


無料ブログはココログ