« 成人の日 | トップページ | 住基カード »

出雲のふしぎ

2012年12月25日から28日まで三泊四日で米子・出雲旅行に行ってきました。

こんな時期なので(こんな年末大忙しの時にね~)格安パックツァーというのがありまして。往復航空券、三泊旅館宿泊料(朝食3回、夕食1回)がついてて、片道飛行機代よりもお安いというcoldsweats01

12月25日午後羽田出発。4時過ぎ皆生温泉着。三連泊です。どう動くか、悩むところですが(前日、クリスマス会を終えたばかりで全く予習無し)、出雲大社はとにかく一番に。

二日間レンタカーを借りることにしました。

そして、動いたコースは

Photo

25日(火) 羽田14:30発、米子へ

26日(水) ーー

 皆生温泉出発→出雲大社→島根県立古代出雲歴史博物館→日御碕(ひのみさき)灯台→日御神社→猪目洞窟→韓窯(かんかま)神社→境港→皆生温泉へ戻る

というメニューでしたが、予定はあくまで予定に。

日御神社は日御碕灯台に時間がかかって割愛、猪目洞窟は通り過ぎた後に気づくという大失態。まぁ、韓窯神社が想像以上に遠くて大変でしたので、結果オーライとなりました。遅くなったので境港の市場は全部閉まってたんですけど、なんとかカニも少しだけ食べられたし。

一日車で移動して、最終日もレンタカーを借りた方が動けるかなぁということで延長することに。

27日(木) ーー

この日は、年末までで唯一晴れる日だと旅館のおばさんが言ってたので、さて、どうする?大山は行きたいけれど、雪道だし。でも、せっかく割増料金払ってスタッドレスダイヤのレンタカーにしたもんね。

ということで、

まずは、ちょっと遠くまで。

皆生温泉出発→金持神社→大山寺→水鳥公園→米子城趾→カニ(笑)

金持神社は誰も参拝者もいなくて独り占めでしたけど^^;

大山では、雪の絶景です。奥宮まで行きたかったけれどとても雪深く残念でした。必ず旅行では心残りがありますね^^

そして、その後、米子城趾からの絶景に出会えたのでした。

朝車を走らせていただ朝日に輝く城壁が見えたので、これはきっと夕日も素晴らしいに違いないと、日没を狙っていたのです。でも・・・・。これまた時間が押して、日没まで後数分というところで駐車場に到着。道というか登山道のようなところをぜ~ぜ~言いながら上りましたら、あの絶景に出会えたのです。

ネットで調べて予約した居酒屋さんがこれまた美味しくて・・。でもお客は全くいなくて大丈夫だろうかと心配になりましたが。あんなにカニが美味しいのに運転手の私はお酒は飲めないままsweat02皆生温泉へ戻りました。

28日(木)ーー

いよいよ最終日です。午後4時過ぎの便ですから、空港に15時に戻ればOK。

今日のメニューは、出雲に行くなら必ず行くべしと周りのみんなに言われた足立美術館へをメインに。

だけは決めていたのですが、予報通り、大雨です。本当は八雲たつ風土記の丘散策をしたかったのですが、とても無理。足立美術館をゆっくり回り風土記の丘は一つだけ行くことにして車を走らせました。

皆生温泉→足立美術館→神魂(かもず)神社→大根島→境港魚センター→米子鬼太郎空港

足立美術館は、みなさんが絶賛するだけあって見応えのある庭園と横山大観のコレクションでした。

外はかなりの雨脚です。風土記の丘散策はとても無理だけど諦めきれず、一つだけ神社へ。神魂神社です。これが素晴らしくて、本殿は息を呑む威圧感でした。

そして、あとは大根島経由、中海を見ながら海岸線ドライブで帰路へ。

空港で、ホントは大山に行った時飲みたかった大山Gビールがあったので、軽く二杯。のんで空の人となりました。

と、ココまでですでにお気づきでしょうが、画像がない。

そうなんです。画像が無いのです。

旅行中、時々撮影しては再生してという操作をして画像確認もちろん、してました。

家に戻って、そのまま怒濤の年末。お節料理を撮影してPCで見ると、どこを探しても出雲の画像がたった一枚もない!

旅行前の数枚とお節はある。じゃ、旅行の写真はどこいった?

ないないない。ドキドキしてきました。

メモリーカードの復元ってものもトライしてみましたが無いんです。でも、カウントだけは進んでる。前のとお節の間だに数百番飛んでました。

コンちゃんなくしたよりもショックが大きくて・・・・。

胸騒ぎというか、なんか予感がしたんですよね。何か追い立てられるようにiちゃんで撮影しては記事に。

アプリやネットの環境状態の悪い中、しつこく旅行中ココログアプリでまめに記事更新していましたが、今となってはその画像がお宝になってしまいましたcrying

あの絶景やら、あの秘境のような神社や、山や海、パワースポットやらの画像は藻屑ともならず跡形もなく無くなってしまいました。いや、そりゃ、プロの写真を見たら思い出しますよ。そういう問題ではなくて自分がココを撮りたいと思った思いまでなくなってしまってショックです。

お節作る前に気づいてたら年越せなかったかもしれないです(笑)

出雲のたたりじゃなくて“ふしぎ”。出雲や大山、あの山陰のあちこちはやはり不思議な場所でした。

こういうことも、ある?わかりません。

旅に心残りはつきものとはいえ、大きすぎる心残りの旅となりました。したがって、また絶対出雲は行きます!

« 成人の日 | トップページ | 住基カード »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あらら……またしても(失礼!)そんな不思議があったとは!sweat01
旅行中にアップしておいてよかったですね。
ロバートさんがしっかり撮ってくださってよかったですね。
2013年は気持ちも新たに、写真をたくさん撮ってくださいねcamera

不思議ですね。
また、おいでってことなのかしら?(まだ縁を結ぶ数が残ってるから?)

何か持ち帰ってはいけない秘密が映ってたとか??

Tompeiさん、ゆれいさん

おはようございますT。コメントありがとうございます。

>Tompeiさん

もうもういろんなものを無くしました。そしてとどめが体調不良。
自分を見失うとどうなるかって事が身にしみたここ数週間です。
気持ちも新たに今年は生きていきます(笑)


>ゆれいさん

あと、最低3回はいけるはずなんだけど・・・^^;

>何か持ち帰ってはいけない秘密
え~~~wobbly

きっと確かめにいつか行く!

あらま、、、そんなことが、、、不思議ですね~
そのツアー、良いですね。私も行ってみたいな。
あちらのレンタカーはスタッドレスタイヤが着いているんですよね?
私、雪道運転したことがないからちょっと不安だけど、
雪の大山綺麗でしたよね~

hichaさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

ようやく体調が戻って、またカメラ持ちたくなってます。今日少しだけお稽古行ってこようかな^^

出雲・鳥取はぜひぜひ!hichaさんがどういう風に切り取るかぜひ拝見したいです。
スタッドレスは割り増しでもそんなにお高くないのよ。だからぜひ雪が残ってるうちに行ってみて。雪の大山、素晴らしいですよ~~
ちゃんと除雪しているので、大丈夫です。極寒のすごい雪の時期をはずせば、とても楽しめると思います。カニ美味しいし^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/56502564

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲のふしぎ:

« 成人の日 | トップページ | 住基カード »

お江戸オフ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


無料ブログはココログ