« 帰ります | トップページ | リノベーション日記 その16 »

リノベーション日記 その15

その14で三社、図面、見積もりが出そろった。さぁ、業者選択、どうするの?

その12でびっくりの提案をしてきたS社。どひゃ~んの内覧会場で、次は?と決めた日程は。

他社に見積もりを出していること、私が福井旅行帰った次の11日土曜日に他社は出すということで、12日日曜日に次回と設定してきた。

7月12日日曜日。17時。一仕事終えたあとよね、営業さん。お疲れ様。

修正した図面は、ちゃんとこちらの希望は織り込まれているけれど。

どう考えても、お布団が、とか、寝る場所が、とか、箪笥どうするの、とか。どんどん私はどん引いてくる。

そんな私の気持ちを察してか、一所懸命考えてくれていることが慰めになる。

簡単にリフォームと言うけれど、単に古くなったものを取り替えるだけではなく、今までの来し方、これからのこと、今後どう生きて行くのか、ライフスタイルさえも見直すことになるんだということを、改めてひしひしと感じることとなっている。

綺麗になっていいなぁ~、新しくなる、いいなぁ~、だけではなく。費用も莫大。こんなに費用をかけていいのだろうか。

5月、気楽にネットを探していた時と気持ちが全く違っていること

そして、仕事はどうするの?どんな方法であれ、私の第一希望、“床をフラットにする”、ということを必須にするなら、どの施工業者に頼んでも、数ヶ月かかることは避けられない。

腹をくくるしかないなぁと決心する時がきた。

福井旅行も後押しになったとは思う。友人は、こちらでの生活をやめて田舎に、それも、半端ない田舎に帰るという選択をしたわけで。実際その場所に立ってみて、“田舎に帰る”ということを実感してきて今後どうしたいか、改めて考えている。

12日、いくつかこちらの希望を取り入れた図面になってやってきた。

S社の展示場を見るように勧められる。先日の内覧会はあまりに突飛だったからね。S社施工の標準仕上がりのモデルルームがあるとのこと。

そこで、より具体的に話を進めたいようだ。

とにかく、7月20日、S社モデルルームへ行ってみた。

そして、恒例のうち合わせ。図面をまた修正してくれていて、で、次回は、と今度は六本木のモデルルームを見ることを勧められる。

じゃ、この際、T社と25日、汐留で会うから、その後S社へ。そして、その後、D社の修正後の見積もりも出てるから聞きにいくか、というはしごにつぐはしごに決定。

いよいよ、決めないとね。続く

« 帰ります | トップページ | リノベーション日記 その16 »

リノベーション」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/62414249

この記事へのトラックバック一覧です: リノベーション日記 その15:

« 帰ります | トップページ | リノベーション日記 その16 »

お江戸オフ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サイト内検索


無料ブログはココログ