« 東海道踏破の予習 その1 | トップページ | さよなら、くーちゃん »

東海道踏破の予習 その2

2016年9月21日水曜日。雨は何とか持ちそう。いよいよ東海道を少~~しだけ歩いてみることに。

メンバーが一番心配する箱根越えの下見、のつもりだけど、昨晩、温泉と地酒に早寝を決め込んだ次の日。予習もなにもないぶっつけなので、とにかくまず強羅から降りて湯本にある北条氏の菩提寺早雲寺へ。

怖い・・・。

P9210171_2

向かって左が、北条早雲、二代、三代と並び、高嶋弟さん扮した北条氏政、そして、向かって一番右が細田義彦さん演じた北条氏直さんのお墓。

小田原から高野山に移され、一年後わずか30歳で亡くなった氏直さん。絶対何かあったはず。。。。。

小田原城で見た北条氏の勢力。それが秀吉により滅亡。

気を取り直して東海道歩きます。

一里塚。江戸から二十二里だって。みんなとここに立てるのはいつだろう。

P9210179

石畳が何か所か当時のまま現存しています。

P9210180

登りは、

P9210182

この勾配は序の口らしい。元箱根に降りる石畳は、車でスルーした・・・。

でも、安心してください。路線バスが旧東海道をちゃんと走ってます。歩けないときはバス(笑)

甘酒茶屋。今は一件残すのみ。ここにもバス停が。

このあと、東海道とお別れして、大涌谷へ。黒たまごゲット。

少し早いけれど、仙石原のススキ草原へ。充分美しかった。

P9210185

P9210196

山中湖泊ですが、富士山は当然ながら雲の中(爆)

明日、戻ります。戻ったら祝日だけど、レッスンだ。木曜日祝日多すぎ。

« 東海道踏破の予習 その1 | トップページ | さよなら、くーちゃん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/64236801

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道踏破の予習 その2:

« 東海道踏破の予習 その1 | トップページ | さよなら、くーちゃん »

お江戸オフ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サイト内検索


無料ブログはココログ