« 東海道踏破の予習 その2 | トップページ | 十二周年と誕生日 »

さよなら、くーちゃん

2016年9月25日日曜日、我が家のくーちゃんが亡くなりました。

暑い夏、具合が悪くなっていて、いつ何時、という状態だったのですが、なんとか、今日まで頑張ってくれました。

ありがとう。

元気なころのくーちゃんです。こちらとか、こちら

9歳と5か月。

実は、今日、私車ぶつけられました。

出稽古に行った帰り道。交差点で信号赤、停止中。突然、前の車がバックしてきてぶつけられました。

ええ??急にバックにギアが入りバックしてくるので慌ててクラクションを鳴らしましたが間に合わず。もともと、高齢者マークがついていたので、いつもより充分車間距離をとっていたのですが。

先方が降りてきて、当たってませんよね?という。

え?ガシャンと音がしたのよ。

確かに、バンパーの傷とナンバープレートが曲がる程度の軽いものですが、当たったことは事実。仕方ないので、警察を呼んでいいですか?というしかありません。

待つこと十数分。結構すぐ来てくれました。

おまわりさんに、先方さん、めんめんと言う。

バックしようとしたら、私の車がすぐ後ろにいたからぶつかった・・。こんなこと、初めてです。もう、これで運転やめます。云々。

知らんがな。頭にきたけど、さすがにご高齢の方相手に文句も言えず、だまって伺ってました。

お巡りさんも、私から状況を聞いたら、すぐにどういう状況で事故が起こったかわかってくださいました。

だって、交差点で赤だし。いつも、高齢者マークには配慮していますので、充分な車間距離は取っています。

先方さんは、どうやら、交差点で赤だから止まったのではなく、道沿いのスーパーの駐車場にバックで入れようとして止まっただけ。だから、後続車があることなどまったくお構いなしにバックで駐車しようとしたようです。

交差点ですから。赤信号ですから。

おまわりさんが、お相手の方に年齢をきくと82歳!お耳も遠いようで、警察の方が住所や電話番号、と指示するのも聞き取れないようでした。そりゃ、私のクラクションも聞こえないはずだわ。

ご高齢での運転。先方さんは、もう今後運転しません、なんておっしゃってるし。でも、いかにも私が悪いようにも言ってたけど・・・。おまわりさんは、バックする時は後方確認でしょ?ハザードランプもつけましょう、とか、おっしゃってましたが。

今後その方が本当に免許を返上されるかどうかはわかりませんが、運転を卒業されたとしたら、私が運転免許を取り上げる一端になったのかと思うといい気はしません。

おまわりさん、気をつけて運転して帰ってくださいよ!と。そりゃ、気をつけてますって・・・。

家に戻っても、保険会社に連絡、ディーラーにも連絡。

そうだ、くーちゃん。いつもくーちゃんと呼びかけると、いじらしく、ピイと答えてくれますが、そのときは、じっとして動かなくなって答えてくれませんでした。

思うに、ちょうど私がぶつけられた時くらいに亡くなっていたのだと思います。

家族のみんなは、その人、人身事故起こす前に、私の車にぶつける程度で高齢での運転をやめるきっかけになったんなら、他の誰かを助けたんだからよかったんだよ、と慰めてはくれます。それでもやはりいい気はしないけど、くーちゃんが、悪いものを全部持っていってくれたのかな。

これからも、運転する時はいつもくーちゃんが守ってくれているはずです。いつか、私が運転を卒業する時まで、この思いをずっと持っていこうと思います。

9年5か月、家族でいてくれて、くーちゃんありがとう。もう、これでペットを飼うのも卒業です。

« 東海道踏破の予習 その2 | トップページ | 十二周年と誕生日 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

お怪我なくて何よりです。今本当に高齢者ドライバー多く 自分も気をつけていますが… くーちゃん桜桃さんちのコで良かったですね これからもずっと見守ってくれていると思います。

あぁ、なんと言っていいやら。
くーちゃん、お彼岸に逝かれましたか。人でもお盆とかお彼岸に亡くなるのは
寿命だと聞いたことがあります。
寂しくなりますね。
車でぶつけられたことはショックですけど、
本当にくーちゃんが大事故にならないようにもっていってくれたんだと思います。
桜桃さん、まだ悲しみの中でしょうが元気出してくださいね。

くーちゃん…
桜桃さんのお気持ちを思って涙が出ました。
うん、これからもずっと、守ってくれるよね。
高齢者の運転、悩ましいですね。
私は高齢ではないけど、もう運転はしない、と決めて、先日やっとJAF退会の連絡をしました←まだ入っとったんかい!です^^;

いま記事を読みました。たいへんな日曜日でしたね。
くーちゃんが守ってくれたんだと思います。
もうお宅にお邪魔してもくーちゃんと会えないと思うと淋しいです。

桜桃さんには災難だったけれど、そのお年寄りはその位の事故で済んでよかったですよ! 
事が起きなければ、免許返上の決心がつかないのよね。

いつもいる子がいない寂しさ、よくわかります。
いまだに黒いかたまりを見るとジジ子だと思ったり。
桜桃さんの守り神となってずっと一緒にいるんだと思うわ。
車が怪我したのは嫌だけど、その程度で済んで良かった、良きに解釈しましょうね。

くーちゃん お疲れ様でした。
天国で楽しく過ごしてね。

自動車の運転って難しいですよね。早く歩いたり、重い荷物を持つのが大変になるほど車に乗れると便利なんだもん。
そのご老人も、軽い事故で返上できたら、良いきっかけですが…どうでしょうね?

みるきいさん、ぶんぶんさん、金木犀さん、Tompeiさん、hichaさん、ゆれいさん

おはようございます。みなさま暖かいコメントありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
いつもの習慣で、くーちゃん、と思わず視線がくーちゃんの籠のところにいって、あ、いなくなったんだと再確認する、みたいな感じですsweat01
車は、保険会社がやってくれるそうですけど。先方の保険会社から信じられないようなことを言われ・・・。ちゃんと説明しましたけど。一体どういう風に事故のことをお伝えになったのやら。とにかく交差点赤信号で停車中、は確かなので問題ないと思います。

>みるきいさん
高齢者の方の運転、一概に何とも言えないです。
くーちゃん家族でいてくれてありがとう、と思っています。

>ぶんぶんさん
お彼岸だし、休日だったし。待ってたのかな、と思います。息子も在宅していたので、一緒に埋めにいけました。

>金木犀さん

≫まだ入っとったんかい!です^^;
ホンマや~。私なんて最初の数年で、そのあと入ったことないよ。
高齢者から車を取り上げたら生活していけないという地域状況もあると思うけれど。。。こうれだけ交通量、人の多い場所だとね。悩ましいです。

長くなったので。

>Tompeiさん
いつもの場所にもう籠がないの。寂しいです~
リノベーションの時もくーちゃんの場所確保は必須だったので。
でも、埋めに行ったとき、新種ゲットしたので^^;;記念になると思います。

>hichaさん
たかが鳥だけど^^;いつもいたものがいなくなるとね。
車の怪我もホントたいしたことなかったので良かったです。

>ゆれいさん
日に日に弱っていくのを見ていたので、くーちゃんやっと楽になるね、とホッとしたもの事実です。
ご高齢の方の運転、ホント悩ましいです。実家の母と同い年だったので何とも言い難い。うちの母は、数年前の更新時にバイク免許返上したので、田舎でどうするのかと心配していましたけど、周りの方も助けてくださるし不便なく(根性あるのでsweat01)暮らしています。人によりけり。

寂しいね、涙ぐんじゃった。
くーちゃんが桜桃さんを守ってくれたと思う。
年取ると出来なくなることっていろいろあるから
寂しいけれど人に迷惑掛かる可能性があるなら
私も自分から止めるようにしなくては。
父の車、母は自転車、両方とも自分からって感じではなかったし。

TOKIKOさん

コメントありがとうございます。
まだまだ、くーちゃんがいた場所に自然と目がいって、あ、いないと再確認する毎日ですけど、これからは、くーちゃんがいてくれば場所だと思えるようになるのかなと^^

なんでも卒業しなくてはいけないことが出来てきますよね。自分で決められるように暮らせるといいなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/64254116

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、くーちゃん:

« 東海道踏破の予習 その2 | トップページ | 十二周年と誕生日 »

お江戸オフ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サイト内検索


無料ブログはココログ