« 第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その8 | トップページ | 今日の富士山 »

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その9

その8の続き。

これで、最後の急坂か、と覚悟と期待で下り始めたこわめし坂。


P4160277


P4160289


画像だと大したことない感じだけれど、ずっと下ってきた足にはもう下り坂結構、って感じで。後ろ向きに下ってみたり(笑)でも何をしても無駄。
この後も、これでもか、これでもかと下り坂がやってくる。


P4160291


ず~と、だらだら下ってるわけです。。。


P4160295


富士山にはどれだけ癒されたことか。


P4160297


P4160298001


で、この傾斜なわけさ。ず~とず~と。


そして、私はますますみんなから遅れていく。なぜなら、そこここで、声をかけてもらうわけさ。


ここでは、反対側の道端から、ご高齢の男性に、どこから来たの?と声をかけられ、

若いなぁ~と感心される。大正13年生まれだって。そりゃ、なsweat01

と、受け答えをしているからそれでなくても遅れてるのが、ますます遅れる。


おまけに、旧道に入りそこなったので、もう一度戻ったり・・。坂小学校の手前で小道に入らなくてはいけないのに、国道を歩いちゃったので。


P4160302


するので、みんなの姿がとうとう見えなくなったよ。


題目坂の石段


P4160309


を下り切り、まだまだどんどん下り坂。


というように、道にはずっと小時雨坂、大時雨坂とか、臼転坂。。。と坂の名前ばかりが続く・・・。


六地蔵さんに、思わず手を合わせる。

P4160313


また、旧東海道へ入る。


P4160317

P4160322

みんなは先を行く。頑張れ、自分



臼転坂の馬頭観音。


P4160323

富士山に癒され、花に癒され、そして道端の石仏に癒される。石仏、道祖神が点在する理由がなんとなくわかる。


さぁ、あと一頑張り。とはいえ、この直線国道にめげる~


P4160334


Photo


続く。

« 第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その8 | トップページ | 今日の富士山 »

東海道踏破オフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/65526374

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その9:

« 第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その8 | トップページ | 今日の富士山 »

お江戸オフ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索


無料ブログはココログ