« 久しぶりに宝塚観劇 | トップページ | 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 »

第8回東海道踏破オフ ~茅ヶ崎から大磯~ その1

2017年6月18日日曜日、東海道を歩いてきた。前回は、茅ヶ崎まで


茅ヶ崎からは、まず、平塚。できれば大磯を目指す。曇天、午後雨の予報。どこまで傘なくて歩けるかな。


2



いつものように11時、JR茅ヶ崎集合。だんだん、遠くなり、朝出る時間が繰り上がってきている。


向こうに見える交差点からホントは歩かないといけなかったけど。。。茅ヶ崎駅スタート。


P6180596


茅ヶ崎駅前の交差点に旧寛永寺石灯籠があった。市役所の敷地内らしいが、なんと、地下道を通らないとたどり着けない交差点だ。車優先ね。


P6180597_2


こんな国道をずっと歩くの。


P6180599

 


第六天神社


P6180604


山岡鉄斎寄進の掛け軸があるらしい。


P6180605


扁額も立派


P6180609


このコースの最大の見どころが、左富士。富士山は、東海道では、上方をめざすときは常に右手に見える。それが、二か所だけ左に見えるスポットがある。そのスポットがここ!


P6180613

南湖左富士之碑

P6180616

鳥井戸橋を渡るときに見える。

南湖の左富士。

目を凝らすと。カメラに撮ったら厳しいが、見えたよ!

Img_2517


橋を渡り切ると、そこに鶴嶺神社鳥居が。


P6180617

古くから源氏の崇敬をうけた神社で、参道が約一キロ続く。ので、お参りは鳥居のところから^^;

P6180620


神明神社。

P6180622


なんとも中途半端な写真しかなく。なぜなら井戸を探してたので。


境内には清水があり、安倍晴明が東下りの折、のどを潤したと伝わる井戸がある。とのことで。あるわけないよね


P6180621


清明の井戸という石碑があったsweat01


旧相模川橋脚

P6180623

関東大震災の液状化現象でこの橋脚が現れて、発掘研究がすすめられた。鎌倉期には相模川はここを流れていて、当時の橋脚と検証されたそうだ。

怖い伝説、この橋の竣工式に源頼朝が列席し、その帰りに平家の亡霊に驚いた馬が暴れて頼朝は落馬。それがもとで死亡したという言い伝えがある。そして、警護の家臣10名が責任を取って自害。だって。馬入川の名前のもとになったとか。

P6180626

あとは、国道沿いをてくてく。

男女双対道祖神。

P6180627


P6180628

時代が移ろうとも、こうして見守ってくれてるね。

P6180631


相模川(馬入川)を渡る。

P6180632

向こうに富士山が見えた。カメラじゃ無理だけど。橋を渡ると平塚。


馬入の一里塚。

P6180637

平塚駅をめざして歩く。

P6180638_2


ランチ場所を探すけど、中々みつからないの。検索してロイホ目指したけど。遠かったぁ~

ようやくたどり着き乾杯。

P6180645

続く



« 久しぶりに宝塚観劇 | トップページ | 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 »

東海道踏破オフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/65861056

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回東海道踏破オフ ~茅ヶ崎から大磯~ その1:

« 久しぶりに宝塚観劇 | トップページ | 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 »

お江戸オフ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイト内検索


無料ブログはココログ