« Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その2> | トップページ | 10月三連休 »

Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その3>

その2の続き。

2018年9月23日日曜日、東海道を吉原から蒲原へ向けて東海道を歩いている。

いよいよ富士川を越える。富士川は、私の感覚から言うと、新幹線下りの時は東京から離れるぞ、そして、上りの時は、トンネルをくぐり、富士川の鉄橋にさしかかるといよいよ東京だぁ、みたいな(東京は、まだまだずっと先だけどsweat01)。とにかく、新幹線からの絶好の撮影スポットだ。

江戸時代も、京へ上る時は、絶対富士山をふり返ったに違いない。東下りの時は富士山を目の当たりに川を越えていよいよ箱根越えをするんだと心したに違いないと思う。


向こうに鉄橋が見えてきた。たもとにあるのは、水神社。水難の守り神だ。


P9230397


P9230398


富士川渡船場跡の碑。


P9230400


さぁ、いよいよ渡ろう。


P9230405


P9230410


P9230409


富士川の迫力を直に感じる。そして、振り返ると、


P9230416


富士山は雲の中だけれど、十分迫力が伝わる。みんな口々にすごい、歩いて良かった!と思わず言葉が出る。感動だ。


橋を渡り切る。


P9230419


🚌が待っていている。バス移動して、昼食だ。道の駅、富士川楽座。東名のSAでもあるらしい。


13時に到着。少し渋滞の遅れは取り戻したらしい。昼食は、


P9230424


特にこれということはないsweat01暑かったので、お蕎麦が冷たくてよかったよ。


さあ、午後も頑張って歩く。続く。

バスでまたさきほどの富士川の橋のたもとに戻る。すこし上流まで歩くと、


P9230430


常夜灯と渡船場あと。


P9230429


旧東海道は、この川沿いに下流に歩く道だったが、洪水で道がなくなり、坂を上っていくルートに変更されたそうだ。いよいよ登りになる。


P9230431


結構な登りだったよ。


P9230433

登り切ったところに、表示。


P9230434


ここで、14時20分。到着は17時ごろになるとのこと。さぁ、頑張って歩こう。続く

« Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その2> | トップページ | 10月三連休 »

東海道踏破オフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/67241364

この記事へのトラックバック一覧です: Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その3>:

« Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その2> | トップページ | 10月三連休 »

お江戸オフ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


無料ブログはココログ