« 10月三連休 | トップページ | Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その5> »

Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その4>

その3の続き。


2018年9月23日日曜日。東海道を歩いている。

昼食後、蒲原を目指している。ほぼ平坦だった道がどんどん上りになった。これは、東海道はもともと富士川沿いを通っていたのだけれど、宝永の大地震や富士山噴火、度重なる洪水などで東海道が流出し、新たに山の中腹を通すように変更されたためだ。

坂道を上ると岩淵村。富士川の渡船料を管理していた間の宿だ。この岩淵は、東海道と、富士川の舟の中継地として栄えた。富士川は甲州と駿河湾を結ぶ重要な水路だった。


 


P9230438


そして、常夜灯。


P9230437


小休み本陣跡の常盤家。ここは、女優常盤貴子さんのお祖父さんの家だそうだ。とういうことは、本陣の娘?八つ墓村かcoldsweats01


P9230440


ガイドさん。予約しておくと中を見学させてくださる。


P9230445


時間がないのでザっとだって。もっと説明ありそうだったガイドさんsweat01


P9230443


さぁ、また歩き始める。


P9230447


岩淵村の常夜灯。点々とある。


P9230448


P9230469_2



ここで、お寺にお立ちより。曹洞宗光福山新豊院。住職のありがたいお説教を聴くそうだ。


P9230452


P9230450


なんと、クラブツーリズムとタイアップした?セールスだった。ぽっくり逝けるお守りだって。セールスとわかっていても思わずゲット。おまけに、このお守りの上に宝くじ置いて毎日どこだっけ?の方角をみてなでながら拝むと当たるって。お礼のお手紙をわんさかみせられ、みんな列を作って買ってたので、私も並んで買ってしまったcoldsweats02

ぽっくりは、理想だけれど、これだけは、わからない。だからこそ、お守りをゲットしてしまうんだろうなぁ。とにかく、その日まで、丁寧に暮らすしかないのだろう。


P9230568

さて、お守りをリュックにしまい、また歩き始める。


岩淵の一里塚。対で現存している貴重な一里塚だ。


P9230458


P9230456


ふり返ってみると、ちゃんと一対になっている。


P9230461


東海道は続く。

P9230464

護所神社から、雁堤、そして富士川、間の宿岩淵、一里塚。

てくてく、歩く。なんといっても渋滞遅れを少しずつ取り戻しながらなので、みんな気合入れて歩いている。

常夜灯が街道を守る。


P9230466


反対側にも。

P9230469



P9230467_2


Photo

続く

« 10月三連休 | トップページ | Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その5> »

東海道踏破オフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/67249625

この記事へのトラックバック一覧です: Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その4>:

« 10月三連休 | トップページ | Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その5> »

お江戸オフ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索


無料ブログはココログ