« 9月30日 | トップページ | Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その3> »

Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その2>

その1の続き。


2018年9月23日日曜日。東海道、私は今、クラブツーリズムの“東海道を歩く”にお一人様参加で歩いている。その3回目参加の吉原から蒲原に向かって歩いている。

大渋滞で到着が遅くなり、とにかく「無駄なく歩け」という指示で頑張って歩いている(笑)

歩き始めて、約一時間。いよいよまもなく富士川の川越だ。

その前に、少し東海道を逸れて、護所神社へ。この神社は、富士川護岸工事のために人柱になった旅僧を祀っている。

富士川は、江戸時代初期にはたびたび洪水を起こしてきた。そのため、当時の代官が三代にわたり治水工事と新田開発を行ったが、大変な難工事で、千人目の旅人を人柱にと決めたところ、旅僧がその人柱になったいう言い伝えがあり、その僧侶を祀ったのが、護所神社だ。人柱。なんという・・・。

P9230372


その人柱のおかげか、立派な護岸となった雁堤(かりがねつつみ)。形が雁が連なって飛んでいく様に似ているので雁堤と呼ばれる。

P9230383



東海道へ戻らず、その雁堤を歩く。背中に、富士山。コスモス、ヒガンバナ。素晴らしい眺望だ。富士山は雲の中だけど(笑)

P9230377


P9230379


向こうに富士山。富士山は見えねども、晴れた空、気持ちが晴れる。歩く醍醐味だ。

P9230389


一緒に歩いている人たち、口々に声が上がる。気持ちいいね~。すばらしい、・・。

東海道は、あの家並の中を通っている。

P9230394

堤防から降りてまた東海道へ、

P9230396

本来の東海道。堤防を歩かなければ、向こうから歩いてくることになる。


さぁ、いよいよ富士川を渡る。その3に続く。

« 9月30日 | トップページ | Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その3> »

東海道踏破オフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/67227999

この記事へのトラックバック一覧です: Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その2>:

« 9月30日 | トップページ | Jt4.東海道踏破オフ <吉原から蒲原 その3> »

お江戸オフ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索


無料ブログはココログ