« 今日の富士山 | トップページ | 12月だ »

文楽を観にいったよ。

2018年11月22日木曜日。


帰省二日目。母のお守り。さてさて。


恥ずかしながら生で文楽を観たことがない。文楽なら、お席に座らせておけばいいやcoldsweats01そうだ!この機会に観てみよう、と母を伴い文楽劇場へ。


以前なら宝塚も連れて行ったが、宝塚遠いし。今ファントムだからチケットないし。





開演まで時間があったので、母を座らせて、急いで黒門市場へ。黒卵出たので(ポケ活)。外国のようだった・・・・。日本人より、外人多し。


舞台はそれはそれは素晴らしかった。生身の人間より人間臭い。女人形の手の動きの優雅なこと。三人で一体の人形を操る、その見事な所作。

そして、浄瑠璃のドラマチックなこと。太棹の三味線の迫力。どれを取っても日本の芸術の奥の深さを感じた。よくぞ、残してくれていた。一時すたれていた上方芸能。よくぞよくぞ、盛り返してくださった。守ってきた方々にただただありがたやと思った。

幕間には、お弁当。1000円也。

« 今日の富士山 | トップページ | 12月だ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55741/67420648

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽を観にいったよ。:

« 今日の富士山 | トップページ | 12月だ »

お江戸オフ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索


無料ブログはココログ