第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その9

その8の続き。

これで、最後の急坂か、と覚悟と期待で下り始めたこわめし坂。


P4160277


P4160289


画像だと大したことない感じだけれど、ずっと下ってきた足にはもう下り坂結構、って感じで。後ろ向きに下ってみたり(笑)でも何をしても無駄。
この後も、これでもか、これでもかと下り坂がやってくる。


P4160291


ず~と、だらだら下ってるわけです。。。


P4160295


富士山にはどれだけ癒されたことか。


P4160297


P4160298001


で、この傾斜なわけさ。ず~とず~と。


そして、私はますますみんなから遅れていく。なぜなら、そこここで、声をかけてもらうわけさ。


ここでは、反対側の道端から、ご高齢の男性に、どこから来たの?と声をかけられ、

若いなぁ~と感心される。大正13年生まれだって。そりゃ、なsweat01

と、受け答えをしているからそれでなくても遅れてるのが、ますます遅れる。


おまけに、旧道に入りそこなったので、もう一度戻ったり・・。坂小学校の手前で小道に入らなくてはいけないのに、国道を歩いちゃったので。


P4160302


するので、みんなの姿がとうとう見えなくなったよ。


題目坂の石段


P4160309


を下り切り、まだまだどんどん下り坂。


というように、道にはずっと小時雨坂、大時雨坂とか、臼転坂。。。と坂の名前ばかりが続く・・・。


六地蔵さんに、思わず手を合わせる。

P4160313


また、旧東海道へ入る。


P4160317

P4160322

みんなは先を行く。頑張れ、自分



臼転坂の馬頭観音。


P4160323

富士山に癒され、花に癒され、そして道端の石仏に癒される。石仏、道祖神が点在する理由がなんとなくわかる。


さぁ、あと一頑張り。とはいえ、この直線国道にめげる~


P4160334


Photo


続く。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その8

その7の続き。


軽く軽食を食べて、そそくさと出発。かなり、足にはダメージが来ている。おまけに、私がみんなを反対方向に誘導して、それでなくても疲れた足にさらにダメ押し・・。


そんな中、富士山が見えて少しテンション上がるも、Leafさんが、迂回すると距離が倍になって帰りの新幹線に間に合わないかもしれないと言い出すという、衝撃!


とにかく、坂を転がるように下る。


ようやく、バス組のTompeiさんや、ゆれいさんの第一目的のスカイウォークが見えてきた。


寄ってみたいが、そんなことしてる場合じゃない。急げ!


P4160261


駐車場は、混んでる。いいなぁ~。富士山、さぞキレイだろうなぁ。Tompeiさんとゆれいさんはさぞ優雅なランチだろう・・・・sweat02


P4160263

そんなこと言ってる場合じゃない。間に合うかという恐怖と闘いながら必死に歩く。

この混雑を横目に(道路も渋滞)、また旧街道へ逸れる。

P4160267

 

また、旧街道に入れたので、このままいけば、間に合うとLeafさん。よかったぁ~



あとたった8キロ! 頑張ろう。


道祖神に癒され


P4160268

でも、石畳の下り坂はやんわりじんわりと身体にダメージを与える、、、、。


下りだから、楽?なんてことはなくて、このだらだらの下り坂は実にきつい。言うに言われない。


P4160269


って、お気づきかと。いつも私は最後尾からこんなに離れて・・・。あちこち道草を食うためますます離れて、

景色がキレイだなぁ~。なんてやってるから出遅れる。


P4160270


気づけば、こんな高台からずっと下っていくわけで。そりゃ、たいへんだ。


だらだらとした下りが続く。ひたすら下っているわけで。のこすところあとたった8キロなんだよ。でも、ずっと下るんだ・・・・。

笹原の一里塚跡。


P4160272


南側、画像、向かって右側(南側)だけ現存。画像は、箱根方向に向かって撮影。


P4160275


さぁ、急坂、あまりの急坂のために背負ったお米も汗と熱で“こわめし”になったといういわれのこわめし坂を下りる。

4



サクッといくはずが、画像が多くなったので、続く。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その7

その6の続き。

たった、二日の、約500キロのうちの、たった20キロに、その7にまでなってどうする・・・・。

こうして、京三条大橋がますます遠いのであった。。。


どんどん、ひたすら、下り坂が続く。


P4160208


少し視界が開けてテンションもやや(笑)上がる。


P4160211


農家の方の庭先が東海道らしく、通していただく。

P4160217


手入れされたお庭のお花に気持ちも癒される。お家の方にご挨拶をして通る。

P4160221

あの、山の中を抜けて民家のお庭に出たわけだ。

国道を横切り、また急な階段を下りて、石畳の旧東海道へ入る。

P4160224


石畳の道が続く、小枯木坂。とにかく、下り。


P4160227



発掘調査を経て復元された石畳が続く。


ず~と、ず~~と続いている気がする・・・



P4160229_2


雲助徳利のお墓。

P4160231

再び、国道と合流。山中城跡へ。


上るの?お参り?諏訪神社がある。


P4160235


かれこれ、一時間半、ず~との下りでかなり足にダメージが来ているところに、この登り。


なんとか、上り切ると、そこは広い城跡。

P4160239


だけど、そんなことどうでもよくなっているところに、出会った、訳知り顔のじいさん男性が、ぐるっと歩くと富士山が見えるビュースポットがあるという。


そして、東海道っていうのはそもそも。。と御託を並べ始める。だから、いいから、さっさと出入り口をを教えてくれよ~。みたいな。結局、なにもわからないまま、バス組のTompeiさん、ゆれいさんはもうすでにビュースポットで富士山を愛でたらしいという情報もあり、歩きかけるが・・・。


とにかく、ここで、めげた。お腹すいてたし。

確かに、一見の価値のある場所、ではあったと知ったのは、あとのこと。100名城スタンプのラインナップだったしsweat02

P4160241

見事な土塁だったり、なんだったり。もうどうでもよくて写真がない。


東屋で、持参した軽食とお菓子をつまむ。


ここで、駐車場の→を私は確かに見た。その→はあちらという。じいさんの指示は全く理解できなかったし。こちらの知りたいことと教えたいこととのギャップだったと思う。


結局、反対方向に歩いてしまって、また引き返すという羽目に。みんな疲れてたのに。ごめんなさい。


また元に戻って、歩き始める。駐車場は反対側だった。あの駐車場の→はなんだったんんだ。こういうところで、下調べをしてこなかったツケがまわる。人頼みもダメだ。


とにかく、お手洗いを見つけられてよかったよ~。かなり、歩いたが。それくらい大規模な城跡なわけで。


P4160244


また、石畳の旧街道へ。


P4160247

ひたすら、復元された石畳を下っていく。


が、一つ良いことが。春霞であきらめていた富士山が見えた!

P4160248

が、テンションが上がったのもつかのま。

なんと、ショートカットになるはずの石畳が、

P4160254

なんと、通行止め!


延々、う回路を歩くことに。

P4160255


景色はいいけど。


そんな時、Leafさん、衝撃の一言。う回路は、倍以上あるから、

帰りの新幹線に間に合わないかもしれない

えええ????


1


続く。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その6

その5の続き。


2017年4月15日土曜日、私たち総勢7名は、箱根の峠越えをするべく、箱根湯本を出発。無事、でもないけど、なんとか箱根の関所に到着。山登りの面倒をみてくれてたくっきもさんはこの日のみの参加でお別れ。

宿へ、そして、乾杯。

温泉につかって、眠りについた。


4月16日、朝、快晴。今日も絶好のハイキング日和。よほど精進が良いらしい。

Img_1759


朝食を美味しくいただいて、

P4160162

いざ、出発。三島を目指す。


旅館の前が街道。芦ノ湖と富士山。ベストポジションの宿だった。お安かったしsweat01

P4160169


そして、ここで“山の神”なんて表示があったもので、「柏原君引退だってね~。」とのんびり話ていて・・・、

P4160170


そのまま、通り過ぎた。上って上って。富士山見えた、なんて言いながら車道をどんどん上った。

P4160172

結構車量の多い幹線道路だ。


幹線道路を車に気を付けながらなだらかな坂をのぼっていくと。

P4160175


???


“狭石坂”の表示。ええ?こちらが東海道?

どこで道を間違えたんだ?

のんびり、柏原君の話をしていた、そこで、車道を逸れなければいけなかったんだ。間違えたよ!

Photo_2

したがって、ここまでの石仏群や、箱根峠越えの最後の坂とかを通ってないし、見てないわけsweat02


ただ、この坂の上り口で出会ったご夫婦(当然私たちより10歳以上お年上とお見受け)が、とてもきつかった!とおっしゃっていたので、ここで、旧東海道を歩いていたら、三島まで歩けなかったかもしれないので、良しとしておこう。


この時点では、その後の、なだらかな下りがどれほどきついことか、知る由もなかった。。。。


★箱根峠。標高846mの表示。

P4160183

ここのバス停で、バス組のゆれいさん、Tompeiさんとお別れ。


さぁ、今度は間違わずに旧東海道へ入るよ。

P4160184


P4160186

三島まで11キロだって。軽い軽い、とまでは思わなかったが。なめてました、11キロ。


★下り

P4160192

こんな感じでずっと下る。ず~ッと下る。

この中途半端な石畳が、結構足の負担になってくる、らしい。


P4160195

★少し国道沿いを歩く

P4160199

このあたりが接待茶屋跡。


また旧道へ。

★一里塚跡。

P4160201


★甲石。

P4160202

この石はもともともっと坂を下りたところにあったが移設された。なぜ?


どんどん歩く。まだ、このころはなだらかでよかったなぁ~

P4160203


石原坂

P4160206


と、念仏石。江戸時代、石をも守り神として拝んだのだろうか。

P4160205


Photo_2



まだまだ余裕の下り坂。続く。

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その5

その4の続き。

2017年4月15日土曜日、箱根湯本を10時過ぎに出発。お昼に少し休憩。七曲りを上り、甘酒茶屋14時過ぎ到着。長い前置きのその1から始めて、その4でまだ、元箱根には着けずにいる。


その5では一気にお宿までたどり着けるはず。あとは下りだもん。


元箱根までたった1.2キロ

P4150095

元箱根まで40分だって

P4150097

ここで、向こうから降りてくる中高年の団体が。


これから、大変だよ~。頑張って!と意気揚々としたお兄さまお姉さまたちい声をかけられるcoldsweats01だって、たった1.2キロ。なぜ?知る由もない私たち。

P4150098

この方たちは、私たちより10歳以上もっと?お年上だと推察。芦ノ湖を出発して、上ってきて、これからバスで湯本へですと。〇地点で道草を食う私・・・・。

3


P4150100


先を見上げるとず~と上りだよ。で、私はじいさんばあさんとしゃべっていたので、出遅れる。とこうしてあちこちで道草を食ってるからみんなからますます遅れをとっている私。


★白水坂

P4150099


ずっとずっと続いている石畳の上り。頑張れ

P4150101


★天ケ石坂

P4150105


当時のままの石畳で歩きにくいのだ。

P4150106


ようやく上りは終わりつつあるかな。二子山が見えたよ。

P4150108

道もようやく平坦に。

P4150111


★史跡街道碑、お玉が池へはこちらから。でも結構遠いようなので断念。

P4150112


雨がぽつりぽつり。レインコートを出す。とてもお玉が池は無理だ。お玉が池は、関所破りで処刑されたお玉さん首を洗ったとか、お玉さんが入水したとかいわれのある池だ。

P4150115

ここから、ようやく下りになるけど。これがまた歩きにくいんだわ。

 

P4150120


★権現坂

P4150117


こんな木の橋を渡ったり、

P4150122


家の塀の上?のようなところを歩いたり、

P4150125


おお!どうやら箱根宿に到着できたようだ。そして、雨雲は一瞬で青空が。

P4150126


箱根神社の鳥居がお出迎え。

P4150127


一里塚、キターーーーーー。

P4150131


杉並木を歩いて関所を目指す。

P4150134


15時30分、箱根関所到着!関所に入るも、先発のみんながいない・・・・。みんなはどうやらバス道をそのまま歩いていってしまったらしい。

P4150149

こっちまでバス道歩いちゃったらしい。ホントはその手前で関所に入るんだよ。


箱根関所見学頑張る。


最後のひと登り!

P4150144

カメラには納めきれなかったけど、富士山も見えたよ。


16時20分、本日の宿、夕霧荘へ到着。

P4150154


乾杯!

P4150157

明日は三島へ向けて箱根峠越えだ。

続く

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その4

その3の続き

2017年4月15日、東海道を箱根湯本から箱根の関所を目指してまだ歩いている。さっさと記事を進めればいいのにcoldsweats02


畑宿でお昼ご飯を食べて、また歩き始めた。いよいよ七曲りを上る。

Photo


★国道を越える

P4150061


西海子坂

P4150062


国道の歩道を歩く。

P4150064


P4150065

満開の桜が疲れた身体を癒してくれる。

P4150067


★橿木坂まで上ってきたよ。

P4150068

とにかく、階段の直登が続く。すご~い時間経った気がしたけど、まだ出発して25分くらい。


★分岐

P4150069


果てしなく続いているようだけど、必ず到着するよ。と思ったけど・・・・。

P4150071

この橋を渡ったらすぐかな、と思ったけど。ここから、次の休憩地点、甘酒茶屋までは、あと一息と思ったけど。


また、石畳の上りだよ。

P4150072

若いカップルがすいすい~。って、写真撮ってる場合じゃない。頑張る。


これが最後の坂か?猿滑坂。

P4150073


P4150074


P4150075


国道出た!

と思ったら、横断歩道を渡り、

P4150076


また階段上るんだって。。。。

2

現在は、コンクリートの石段だが、江戸時代はこの急登も石畳だったそうで、さぞや、歩きにくかったことだろう。谷にも落ちそうだろうし、猿も滑るし、どんぐりほどの涙も出たことだろう。


お~い。上がってこ~い!

P4150077


永遠に続くかと思ってたけど、とにかく上り切った!小田原がかすかに向こうに見える。

P4150088


まだ、歩くよ。

P4150085

まだ坂があるの。追込坂。

P4150091

14時15分、甘酒茶屋に到着!

P4150093


甘酒茶屋は、今は一軒を残すのみだが、当時は十三軒の茶屋が軒を連ねていたそうだ。今は昔。お隣は、無料の休憩所になっている、


一時間足らずだったけど、すべて上り。頑張った。あとは下って元箱根を目指す。はず。


たった、一時間足らずのことを延々と記事にして。。。三島に到着しないぞ。


続く

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その3

その2の続き。

2017年4月15日土曜日、箱根湯本を箱根の関所を目指し、10時過ぎに出発。

頑張って、一時間半、まだ、割石坂にいる。お腹がすいてきたが、この付近、なにもない。また石段を上るよ。

P4150034


P4150035

とってつけたような表示。わかってるよ~と心の中で毒づく。お腹がすいてるし、お昼ごはん予定の場所はまだまだだし・・・。

国道と並走している東海道。

P4150036

階段もある。

P4150038

上り切ったと思ったら、また下るんだって~

P4150040

結構な急な石畳は怖い。実は、ここで落ちたらどうしようと密かに思った。みんなから遅れてもゆっくりゆっくり。だったら写真撮ってる場合じゃない、のはおいておいて・・。


また上るんだって。お昼ごはん予定の畑宿はまだだ。

P4150043

このごつごつの石畳を上り切ったら

P4150044

出た!

P4150046

お昼ごはんお昼ごはん。

また国道を歩く。畑宿だ。

P4150047

⑦畑宿本陣跡のバス停

P4150048

この立て看板は

P4150049

普通のお宅のお庭に立っている。この前がガレージで。お車入らないように写真をそっと撮ってみる。失礼しました。

⑧桔梗屋さん、12時40分、着いた!お昼だ!

P4150051

でも、ここがゴールではない。この後に有名な七曲りが待っている。

P4150050

が、しばしそれを忘れてお昼ごはん。いただきます!

P4150052

とろろが粘りが強く美味しかった。実は出てくるまで15分ほどあったので、よい休憩になったよ。


13時15分。さぁ、関所目指して出発だ!

お店の横は、⑨畑宿の一里塚

両塚残っている。

P4150055


P4150059

こんな石畳が続くんだよ。甘酒茶屋目指し、七曲りという難所を上り始めた。

続く。

 

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その2

その1の続き。

2017年4月15日、箱根峠を目指しお江戸メンバー総勢8名、箱根湯本へ集まった。


その前の午前8時30分、小田急ロマンスカーに乗るべく、6名は、小田急新宿駅集合、の予定が、総武線人身事故の情報が!ゆれいさんとLeafさんが間に合わないかも。ええ?


続々とLINEで状況連絡は入るが、どうやらLeafさんは間に合わない。ゆれいさんはぎりぎり到着だろうとのこと。仕方なくLeafさんの指定席をキャンセル。Leafさんは東京駅へ直接向かって在来線で小田原、箱根鉄道を経て箱根湯本へと交通ルートを変更して、新宿からは5名で出発。朝の人身事故、大変困ります。


当然、ロマンスカー、満席。

20170419

出発!ぶんぶんさんとくっきもさんとは箱根湯本で落ち合う予定。

箱根湯本は、観光客でにぎわっていた。無事、くっきもさんとぶんぶんさんに会える。

P4150005

P4150007

東海道は、三枚橋から歩き始める。箱根湯本駅からだと少し戻る感じ。

P4150010

あの向こうの方まで歩くよ。快晴。気持ちよい。という、まだここでは浮かれた気分?

P4150012

東海道、

P4150014

当然、ずーっと上りだ。途中、東海道からは少し逸れるが北条氏の菩提寺でもある、早雲寺にお立ちより。実は、人身事故の影響でロマンスカーに乗れなかったLeafさんと落ち合うことになっている。Leafさんは山の達人なので、健脚。トロい私たちが駅で待つより、少しでも早く歩き始めた方がいいだろうということで、先発した。


③早雲寺。枝垂桜が美しい。

P4150018

下見できた時、桜の時期はきれいだろうと思ったので実現してうれしいheart04

 

④街道沿いには白山神社

P4150015

Leafさんとは会えない。ここでじっと待つより、歩き始めよう。ぶんぶんさんが連絡係を務める。LINEはこういう時便利だ。私はゆえあってスマホを手に持ち歩くことはしないと決めていた。カメラは首にぶら下げて手にはストックcoldsweats01


ひたすら歩く。途中、曽我の兄弟の仇討ちゆかりの正眼寺や一里塚跡もあったがなぜか写真がない。


石畳道に逸れそこなったLeafさんとは、国道のバス停でようやく出会えた。

P4150024

しばらく歩くと、⑤鎖雲寺

P4150025_2

禅寺だ。有名なお寺らしいが、お参りもできず素通りして歩いていくと、“須雲川自然探勝歩道”の表示が。今もってなぜそちらに入ったかわからないが、

P4150027_2

こんな木道をそろそろ歩き、

P4150030_2

石段を上がるともとの旧東海道に出た。

出たところが、⑥割石坂だ。

P4150031_2

曽我五郎が仇討ちに向かう途中で、刀の切れ具合を試すため石を切ったら真っ二つに割れたという。恐ろしい・・・・。

探勝歩道に入ったため、一旦降りてまた石段を上がる羽目になった。東海道を歩いていればそのまま坂を上がるだけでよかったわけだ(笑)


後で家に帰ってガイドブックを読むと、須雲川探勝歩道には入らず須雲川橋を渡ると赤で書いてあった。そのため、女転ばし坂は通っていないことになる。


そして、その割石坂ところに、次の“須雲川自然探勝歩道”の標識があった。

P4150032

今度は、国道をいかず、この自然歩道が旧東海道になる。紛らわしい・・・・。

Photo


私は、今回、心して臨んだ。“お花見、石段、お江戸メンバー”となると、あの第26回お江戸オフがあったのでこのメンバーに絶対迷惑はかれられない。

前週には足慣らしに三毳山へ行った。少しでも歩きやすいように、リュックも新調した。インナーも。そして、手にはストック。したがってスマホ厳禁。ガイドブックも予習して。(ガイドブックは家に忘れて結局用なしとなったが・・・。)

なので、石段は人より慎重に。の結果、いつもしんがりを務めることになってしまった・・。挙句に写真撮ったり、地元の人としゃべったりと、ますます後方支援のみにまわりなんの役にも立たぬことになったがsweat01


また、私の決意表明でその2も終わった。続く

第6回東海道踏破オフ ~箱根峠越え・箱根湯本から三島~ その1

2017年4月15日、16日、一泊二日で箱根越えしてきた。


計画はかれこれ、半年以上前にさかのぼる。

日本橋を7月に出発。順調に?回を重ねたら、箱根を越えなくてはならない。箱根は“天下の険”。一番の懸案、箱根越えをどうする~?

小田原宿から三島、無理だろうなぁ~。

とにかく、私は、昨年の9月に下見に行ってみた。こちら


行ってみて旧東海道を歩いてみると、バスがほぼ並走していることが判明。いざとなったら乗ればいいよねcoldsweats01


三婆で相談しつつ、いつにする?せっかくだから、桜のきれいな時期に。ということで4月15日に決定。


そして、お江戸のメンバーに声をかけたら、なんと、総勢8名で箱根をめざすことになったよ。山のベテランLeafさんとくっきもさんがメンバーになってくれたので本当に心強かったgood


やはり、小田原から関所は無理かと思うので、箱根湯本から出発することに。そして、関所付近、元箱根に一泊。次の日三島を目指すことに。


価格コムやらなにやら、あちこちのサイトでお宿を調べた。関所から遠いと大変。疲れてるからね。まずは立地、そして価格。妥当なお宿をぶんぶんさんが押さえる。


お宿は確保できた。


次は、ひと月前のその日に、電車の指定席の確保だ。行きは小田急ロマンスカー。帰りは三島から新幹線。どちらも今はネットでサクサクできるので小田急はTompeiさん、新幹線は、エクスプレスカードを持っている桜桃が予約することにした。

ま、ひと月前のその日の10時に完売するはずもなく、確保。でもね、10時にアクセスしたら結構埋まっててびっくり。まぁ、三島からのこだまは、指定席少ないが。

これであとはお天気のお守だけすればよい。

週間天気予報で雨マークが出たり、曇りマークになったり、一時雨になったり、ハラハラドキドキ。天気予報に一喜一憂。


各自、雨ならバスに乗る、とか、レインコート着て歩く、とか、いざとなったら途中からバスとか、別メニューなど、それぞれの思惑を道連れにsweat012017年4月15日、その日が来た。

なんと、その日は絶好のハイキング日和。いかに私たちの日頃の行いが良いか(笑)

さあ、出発。こんな感じ。

Photo

前置きで、その1が終わったよ。

続く。

 

第5回東海道踏破オフ ~戸塚から藤沢~ その1

今年のオフ初めは、東海道を京へ目指す。初詣オフもかねているので、戸塚の総鎮守である富塚八幡にお参りすることに。
 
2017年1月21日(土)、.JR戸塚駅13時30分集合。こんな酔狂。当然、メンバーは三婆のみ。
戸塚宿から藤沢宿を目指す。

Photo

なぜか、駅の裏のようなところから出る。したがって駅名掲示のある駅舎がどこかわからんsweat01
高架橋が網の目にできている。201711001
前回歩いたところまで戻る?あの向こうの道を歩いた。

P1210773

写真で記録しておこう。
しばらく、国道を歩く。
①内田本陣や脇本陣。すべて碑のみ。20171001

②羽黒神社、海蔵院、八坂神社とやはり街道沿いには神社やお寺が並ぶ。、国道は車もガンガン走る。

201713001

③富塚八幡

P1210788

みんなで階段を上って、お参りしたよ。

④上方見付。地図ではサイゼリアと表記されているが、サイゼリアはなくなりコンビニになってた。

P1210791

反対側の見付跡はバス停だ。

P1210792いよいよ上り坂に、大坂の交差点。このあと、一番大阪、二番、白土坂と続く。

P1210793

⑤坂木稲荷社、庚申塔と国道沿いに往時の名残が少し残る。

201713

坂を上る。

P1210802⑥お軽勘平同行碑、この付近からずっと渋滞だ。

P1210808

松並木も現存している。松自体は植え替えたりしてるのかなあ。当時のままのゆるやかなカーブが高台をずっと続いている。

P1210810

下りになり渋滞が少し解消されている。

⑦坂の一番上まできたら、 あ、富士山!吹上の交差点だ。

P1210813_2

富士山を見たらテンション上がる!当時の旅人もそうだったに違いない。

⑧一里塚跡

P1210816

地主さんが売ったののかな。更地になりつつある。。

P1210817_2

お向かいには浅間神社

P1210819

今は昔。

こんな国道が東海道。

P1210822

道路沿いのドライブスルーマクドナルドで休憩。

続く。

お江戸オフ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索


無料ブログはココログ