百名城スタンプ No.5 ≪箕輪城跡・金山城・足利氏館≫

2017年9月26日火曜日。


実は、一泊二日で旅行に行くつもりでレッスンお休みにしていた一日。諸事情でキャンセルしたので、ぽっかり予定がなくなった。


せっかくなので、急きょ、スタンプを押しにいくことに(笑)


Photo


まず、16番箕輪城へ。


スタンプ場所が、市役所の支所と、お城とは離れた場所に。スタンプ設置場所の事前確認が用必要というのは、福岡城でいやというほど味わったので。


市役所支所で無事スタンプゲット。


本丸跡。


Img_2894

深い堀と、土塁が立派。だそう。菅田将暉くん扮する井伊直正によって大改築されたそうだ。なので、一応、駐車場には大河ドラマののぼりが(笑)


堀切

Img_2898


当時の工法で復元された郭馬出西虎口。

Img_2900

大河ドラマのセットのようだsweat01


直正が高崎に城を移して廃城となった。浜松から、群馬、そして、そのあと滋賀へ、とどんどん出世していくわけだ。


さ、次は、また高速を少々走って、17番金山城へ。


Img_2901


けっこうくねくねした山道をのぼってたどり着いた。スタンプどこよ?


Img_2904


尾根を切って、道を作った。


見事な石垣


Img_2906


見晴台からの眺望は素晴らしい。


Img_2908


スタンプどこよ?→はあるものの。


南曲輪(みなみくるわ)。曲輪というからには、くねくね曲がりつつ上る。


Img_2911


石段を登って、ようやく休憩所にたどりつく。そこにスタンプがある。


Img_2912

まだ、時間あるよ。もう一つ押しに行ける。


足利市はすぐだ。


15番足利氏館。お城とはいえ、鑁阿寺(ばんなんじ)と言うお寺だった。


Img_2921

スタンプ場所は?16時までと書いてある~。16時過ぎてる。でも、本堂は開いていて無事ゲット!


このお寺は、12世紀末、源姓足利氏2代目義兼が築城した居城という説が有力。その後、邸内に氏寺として鑁阿寺が造営されたそうで。なので、100名城の一つになったいうわけ。本堂は国宝だ。

境内は、とても落ち着いた雰囲気。


Img_2920

スタンプ 7/100

No.1 名護屋城
No.2 大野城
No.3 福岡城
No.4 犬山城


先は遠い。

百名城スタンプ No.4 ≪犬山城≫ 

2017年9月18日月曜日、明治村から、犬山城へ


百名城スタンプを押すためだったけど。


これが行ってみると、にぎわってて楽しかったんだなhappy01


城下町通だって。

Img_2841


堂々とした天守閣。

Img_2854_2


でも、私ったら、スタンプはどこ?どこ?そちらが気になってcoldsweats01

が、とにかく、てっぺんまで登る。


昔のままなので、急登だけど、当時はこんな階段もなかったわけで。どうやって上ったんだろう、石垣をよじ登るの????

眺めは素晴らしく。が、狭いので足がすくんだ・・・・。

Img_2855


Img_2863


Img_2866


帰り道、わん丸くんに会ったよ。


百名城スタンプ、コンプリートするべく、カテゴリー作ったけど。東海道だってたどり着けるかどうか不明。こんな中途半端なものばかり作ってどうよとも思うけれど、ま、人生の楽しの一つではある。

4/100

No.1 名護屋城
No.2 大野城
No.3 福岡城

100コンプリート、こうご期(爆)

福岡城へ

2017年5月6日、博多二泊三日の旅の最終日。


例のスタンプを押すため大濠公園へ。


福岡城の天守台からの眺め


大河ドラマ黒田官兵衛タイアップイベントの名残があちこちにsweat01


大河ドラマの地域振興の役割の大きさを感じる。昨日の名護屋城は、真田丸。
今回の直虎は、あまりにも大河の割には話が小さいので、ホームドラマとしてみる方が良いかもしれないが、地位に貢献できてるんだろうか?


それはさておき、スタンプもめでたくもらったので、あ、このスタンプ設置場所を探すのも大変なのだ、歩いていると、こんなのをみつけた。

覗こうとしたら、どうぞ、と声をかけられる。階段を降りろと。


なんと、堀の石垣の現物保存の場所だった。


案内のおじさんに声をかけてもらったのだ。


博多、福岡の成り立ちを説明してもらう。ブラタモリみたいよ(笑)


そして、地下鉄移動、はい!

思い切って来てよかったな。


GWもあと一日を残すのみ。


リフレッシュしたので、帰ったら仕事頑張る、明日は事務仕事、するしかないなcoldsweats01


みなさんのGWはいかがですか?

太宰府へ

名護屋城を、後に、太宰府へ。


まず、大野城を目指す。なぜなら、先ほどゲットした100名城の一つだから。せっかく九州まで来たんだもの。


ということで、当初は、唐津城へ行くつもりが急遽変更。


が、山道を登るが見当たらない。
ようやくみつけた、百間石垣。


さらに山道をいくと、なんと、感動の景観が。
大野城の土塁から太宰府が一望できる。


山城の麓に太宰府があり、天満宮もあるのが一目で見渡せる。
この配置、どこかで見た、そう、甘樫丘、出雲風土記の丘。


土地のエネルギーが都を作るだな。


ほとんどまだ発掘もされていない、埋もれた城大野城が100名城に選ばれたわけがわかる。


山道を下って、さあ、お参り。


太宰府天満宮。

三度目です。ようやく天神参りから卒業した(笑)
ホッとした。


一路、博多へ。レンタカーを返して1日終了。


夜は、お初のモツ鍋。話のネタだ。

味付けしたモツを入れる。

そして、野菜


出来た。

シメは、ちゃんぽん麺だって。


ビミョー〜〜だ。でもクセになる。
博多の二日目も楽しく終了。

名護屋城へ行った

2017年5月5日、こどもの日。博多二日目。

今日は、丸一日レンタカーを借りた。いろんな選択肢があったが、黒田官兵衛、真田丸と大河を見ていてぜひ朝鮮への窓口に立ちたいと思っていたので、唐津を目指すことにした。

博多から2時間はかかる。時々なぜか自然渋滞もあり11時過ぎ。

資料館が充実していてびっくり。無料。そこで、タブレットを借りる。もちろん無料。

それを持って場内を歩く。バーチャール映像で当時の建物を再現しつつその場に立つのだ。


向こうに壱岐、その向こうにうっすら対馬もみえる。朝鮮半島の近さを実感した。

北里研究所本館・医学館

そして、大阪城からここまでの距離も。

北里研究所本館・医学館

戦国武将たちがここで勢揃いしていたかともうと、そこに実際自分が立ってゾクゾク、ワクワクした。

きちんと整備され、とても充実していた。

北里研究所本館・医学館

資料館にこんなのが売ってて思わずゲット

コンプリートは無理だけど楽しそう。

そこで、唐津を後に、次を目指した。

続く。

お江戸オフ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイト内検索


無料ブログはココログ