日本100名城スタンプ No.33 ≪第26番松代城≫

No.32の続き。

2019年4月30日。小諸城→上田城と押印できた。しかし時間は15時を過ぎている。Googleセンセに聞いたら、松代城ギリギリ、スタンプ押せるか押せないか、ビミョウ~な感じだ。とにかく泊まりは長野なので高速を一路長野目指して走らせる。



P4300348



が~~~ん!松代城のスタンプは、真田邸の受付。ええ??時間は?16時40分。片づけてる、片づけてる。17時までなのに・・・。

受付はそりゃ16時30分までだけど。入館する気はないけれど。ピタリと閉まった窓口から覗くと人がいたので、あの~、スタンプは?というとおもむろに出してくれた。

無事押印。少し、松代の町中を歩いてみた。

松代は、戦国時代に活躍した真田家が江戸時代に上田からこの地に移され、その後城下町として発展した町だ。当時を感じる家並が少し保存されている。保存途中といった感じかな。

P4300349

P4300355001

P4300356

お城跡は、この界隈から少し歩いたところにある。松代城は北に千曲川を控え、南と東に立派なお濠の守りの強固なお城だった。

P4300359003

こちらも、閉門準備をしている。でも、中に少しだけは入れたよ。

P4300364001

本丸跡。

P4300366001

お濠も立派。

P4300368001  

はい、追い出されました(笑)

外から、本丸を撮影。

P4300376001
明治初期に藩士に払い下げられ、火災で天守は消失してしまった。

と、すでに17時過ぎ。のんびりしていられない。泊まりは長野だ。

でも、せっかくここまで来たんだから、川中島古戦場にもお立ち寄り。とはいえ、古戦場といっても、広いわけで。公園になっていて、この辺かな、みたいな感じだったけど。

P4300382001


土塁の痕跡も。


P4300388002

亀ちゃん信玄ファンだったとしても、堺雅人真田丸ファンだったとしても、内野勘助ファンだったとしても、歴史を追うには時間が足りなさすぎ。とにかく、その地に立ったことに意義があることにしておこう。

P4300389002

確かに大合戦だわ。

19時前に、長野のビジネスホテル到着。

P4300390001
ホント、駅前だった。

夜は、地元の食材を使った居酒屋といううたい文句のお店で。平成最後の夜のご飯だ。

P4300391001

信州牛。
P4300392001


馬刺し。
P4300395001

若鮎と山菜の天ぷら。
P4300393001

肉厚しいたけのステーキ。
P4300397001

信州の地酒。
P4300398002

〆は、どんだけ食べるねん?だけど。信州みその煮込みうどん。
P4300400001

どれも大変美味しゅうございました。

駅前のビジホなので、駅前で改元で大騒ぎする声を聞きつつ、令和になった。

日本100名城スタンプ押印30/100

続く。

日本100名城スタンプ No.32 ≪第28番小諸城・第27番上田城≫

No.31の続き。

2019年4月30日~5月3日、三泊四日で日本100名城スタンプ押印の旅に出かけた。今回は、北陸だ。

上信越道を使ってまず長野を目指す。その途中、上信越道沿いにある、小諸城、上田城、そして、松代城のスタンプをゲットすることに。

小諸城、上田城は行ったことがあるのだけれど、いつ行ったか、ブログで発掘できなかった。

2019年4月30日、遅いスタート。関越の渋滞予想は、下の道を使ったりで、なんとなく避けられて、上越道佐久ハイウェイオアシスでお昼ご飯。

P4300323

未だ桜が咲いている。
P4300326


14時前に、小諸城到着。今日は三つ押印したいので、中の見学は割愛、というか🚗を一時停止ゾーンに停止させて小走りでスタンプ押してきた💦

スタンプは懐古園の受付にある。この門は、三の門。重要文化財。

P4300327

大手門は、線路の向こう側。

P4300330

先を急ごう。

28/100

上越道を使わず、そのまま国道を使って上田へ。

15時、到着。新緑が美しい。

P4300331

八重桜がかわいらしい。が、カメラの腕がいまいちで。使いこなせない・・。
P4300336

さすが、GW、人が多い。
P4300339

門をくぐるとなんだか、長蛇の列。なんだなんだ?真田神社だ。

P4300343

P4300344  

なに??どうやら御朱印を求めて並んでいるらしい。御朱印。そうか、平成最後の日付けの御朱印を求める人の列だった。へ~、な感じで、スタンプを押印して、さ、次へ。たかが御朱印にこんな並ぶなんて~とあきれてみてたよ。この長蛇の列が他人事でなくなるなんてこの時は知る由もない。

29/100

もう一つ行きたい。スタンプ押印はほぼどの施設も17時まで。行けるかな?長野市は遠い。

続く

日本100名城スタンプNo.31 ≪第14番水戸城≫

日本100名城スタンプNo.30の続き。

No.30と時期が前後するが、2019年3月31日日曜日、発表会が終わった次の日。一つ押印に行ってきた。

せっかくだから、どこかへ行きたい。とはいえ、ぐずぐずしていたらお昼に。その時間からどこ行ける?桜みたいし。行き先もちゃんと考えずスタンプ帳だけ持って家を出た💦

水戸城ならなんとかスタンプ押印できそうだ。

いろいろな行き方があるようだけど、どのルートでもちょっと遠い。

利根川を渡る。

Img_5390_1  

宇都宮線で小山で乗り換え、水戸線で友部へ。友部で常磐線に乗り換えるという方法で行くことに。在来線のみで行くことにした。でも、グリーン車を使ったけど。

乗り換えようとしたら雹が降ってきた。

Img_5391_1

偕楽園は二度目だ。こんな駅が出きていたので、思わず降りてしまった。

Img_5395

これが大失敗。この駅は、偕楽園のために作られた駅で、水戸行きのみのための駅。そして、偕楽園の開演時間のみ営業だった。なので、私が降りた🚊が最終~~。ええ?気軽に偕楽園で桜みて水戸城へなんて考えてたのに。どうやって水戸城まで時間内に行くのだ???

あ、ちなみに、偕楽園と水戸城のスタンプ置き場は別のところ。弘道館というところにあるのだ。

とにかく、せっかくなので偕楽園に行くことに。でも、弘道館には4時半までに行かないと閉まっちゃうので気もそぞろで。

Img_5398

桜はちらほら。当然、梅は散っている。そして、水戸城遠いし、時間無いし・・・。

歩くにしても、在来のバス路線を使うにしても時間が・・・。結局タクシーに乗ってしまった(呆~)

でも、🚕の運転手さん、親切にいろいろ水戸城や、弘道館、偕楽園についてのうんちくを語る。

15時50分到着。とにかく、間に合ったよ。多分歩いても閉館までに間に合ったとは思うが。。。。気が急いては危ない。

弘道館入り口。
Img_5400

弘道館は、徳川斉昭が天保12年(1841年)に作った水戸藩の藩校。水戸城三の丸内にある。

弘道館正門は現存のもの。内部は時間無いし、入らないでスタンプだけ押させてもらった。他にも押しに来た人がいた。結構、押している人に行く先々で会う。酔狂な人は結構いるのか??

Img_5401

水戸城跡へ。大手門、現在復元作業中。お城ブームのおかげかな。
Img_5405


水戸城は、駅からかなり坂を上って行った高台にある。現在は、本丸には水戸第一高校が、二の丸には、公立の中高、国立大附属小学校などが、建てられている。お城の跡地によくある光景だ。


工事をしている隙間から土塁がみてとれた。

Img_5403

二の丸にある学校。

Img_5404_3

坂を下って駅へ戻る。

水戸黄門さんがお出迎え。

Img_5407

帰りは、常磐線の特急に乗ろうとしたら満席。結局在来線の普通電車で帰った。ゆったりグリーン車、

Img_5408 

座り放題。だったけど、途中で混んできたので、グリーン車にしてよかったかな。

27/100

続く

日本100名城スタンプ No.30 ≪第148番浜松城≫

日本100名城スタンプ記事、No.29の続き。2019年4月6日から一泊二日で、第13回東海道踏破オフとして浜松から新居宿まで歩いてきた。そのスタートは浜松城。浜松城は続100名城のひとつ。

浜松駅から、まず🚕で一気に浜松城へ。分乗で310円也。

細い道をくねくね上がると、そこには見事な桜が。そして、セットで花見提灯そして桜の下にはブルーシート(笑)

P4060033


今年の桜は開花は早かったけれどそのあと、低温が続き、オフに見事な桜を見せてくれてラッキー✰

浜松城は、1504年から築城され、後に、徳川家康が信玄を落とすための足掛かりとして、1570年、岡崎から浜松に拠点を移し、城を大改修した。そして、その後17年にわたりここを拠点とした。

家康が去った後も、ここの城主は徳川幕府の要職に就いたことから、出世城と言われていたが、明治になり、廃城となり荒廃してしまった。昭和33年に、野積みの石垣に天守閣を復元し、現在に至る。なので、鉄筋コンクリートです(笑)

P4060048


家康公の銅像。

P4060063

天守閣の受付にスタンプ。無事ゲット。

続100名城スタンプ 8/100

東海道オフに続く

日本100名城スタンプの続きはこちら

日本100名城スタンプ No.29 ≪第145番興国寺城≫

日本100名城スタンプ記事 No.28の続き。

2018年11月24日、伊豆高原一泊二日のふらっと旅二日目。

ふらっと旅なので、目的はないけれど、せっかくなので、100名城スタンプを、とはいえ、前日に山中城を押したので~。帰り道とは逆方向にはなるけれど、昨日時間切れで寄れなかったスカイウォークに行きたいので、もう少し足を延ばして続100名城のスタンプを押すことに。

どこよどこよ?探してたどり着いたら、なんと年に一度のおまつりで、急ごしらえの駐車場に誘導の人。

年に一度のおまつりって、上から見たらこんな感じよ。

Pb250922

ホントにこれが?みたいな感じだけど、スタンプはお手洗いの前に置かれてた。

Pb250914001

やはり続は続。お城も続は続。。。

Pb250917001

Pb250918001

Pb250920001

丘というにもなんとも、、、な感じで。とにかく押したよ。みたいな。なぜ、続とはいえ、指定されたのは、北条早雲旗揚げの城だかららしい。関東一円を納めた武将だからね。まぁ、滅ぼされたわけだけれど。

続100名城スタンプ 7/100

続100名城スタンプ No.30に続く。

そして、今回のちょっとした目的。MISHIMA SKYWALKへ。ここは、過日箱根越えをしたとき、Tompeiさんとゆれいさんが別行動で訪れた場所。良かったから機会があったら行ってみて。と言われていたので。

富士山を見るとテンション上がる。

Pb250924001

スカイウォークには大勢の人。

Pb250925001_1


Pb250935001

お昼ごはんは、カレーにしたよ。

Pb250938001

美しい富士山に会えると嬉しい、小旅行だった。

No.30へ続く

日本100名城スタンプ No.28 ≪第40番山中城≫

日本100名城スタンプNo.27の続き。

 

2018年11月24日土曜日。伊豆高原へ。途中、石垣山城へよって、スタンプを押した。時間的にもう一つ押せそうだ。

ちょっと遠回りだけれど、山中城へ。山中城は、東海道をみんなで歩いて箱根越えしたときに立ち寄ったけれど、広くて~、上るの大変で~、ま、ちゃんと見てないわけで。スタンプなんて論外だったし。

車を走らせていると、あ、ここ歩いた、ここも、あ、ここで、旧東海道へ、なんて、歩くっていうのは、思っている以上に、印象深いのだと再認識した。

歩いた時お手洗いを使った駐車場に車を停める。

 

14時過ぎ。遅い昼食。駐車場前にあるお店でいただく。スタンプ設置場所なのだ。お昼をいただかなくても押させてもらえます。もちろん。

Pb240846


 

Pb240847

なぜ、ここで私はカレーうどんにしたかわからないけど美味しかったよ。

さて、歩き始める。秋の日は釣瓶落とし。どんどん日が西に傾いている。泊まりは伊豆高原なので。

Pb240849

山中城は、小田原を守る城として、1560年代に築造されたが、1580年、豊臣秀吉に半日で落城させられたお城とのこと。こんな立派なのに半日で、とは。。。
Pb240851

立派な天守と、
Pb240852

なんとか、富士山が見えるところまで上がる。うっすらだけれど、見えたらやはりうれしい✰ここから四方には見事な景色が広がっている。しかし、見事なだけに、半日での落城が余計悲劇的に感じる。

Pb240853

障子掘りというらしい。

Pb240857


今日は伊豆高原での宿泊。日も随分傾いた。先を急ぐ。

途中、日没がみられるかも、と十国峠のケーブルカーに乗ってみた。日没に合わせてケーブルカーが運行されている(2018年11月時点)

Pb240883

全然上手く撮影できてないけど、一応記録。16時30分頃。

Pb240893
 
日没後の富士山。墨絵のように美しい。

Pb240905

夜は、伊豆のお酒の飲み比べ(^-^;

Pb240913


26/100

No.29に続く。


日本100名城スタンプ押印の旅再び

平成から令和への10連休。2019年4月30日から5月3日の三泊四日で、二度目の日本100名城スタンプ押印の旅に出かけることにした。

前回は、四国コンプリートの旅。今回は、北陸。まぁ、100コンプリートできるかははなはだ疑問だけれど、旅に目的を持たせると、普通なら絶対行かないところへ行き、予想外の素敵な景色に出会えるわけで。スタンプ押印あってこそ。門限ギリギリ間に合うか、とか、こんな山道行くの?とか、まだ登るの?とか、スリル満点だったり(笑)

GW中、渋滞必至だけれど北陸なら混まないかな(北陸のみなさますみません💦)という判断で北陸にした。富山も福井も行ったことがあるけれど、その時はスタンプ押印の旅はしていなかったし・・・。行きはすいすい、現地もすいすい、が、帰りは案の定大渋滞と共に帰ってきたけれど、それは想定内。

今回は、こんな感じ。

Photo_10

よく走った。総走行距離1200キロ!

4月30日朝、結構ゆっくり目に🚗で出発。私は前日山登りだったので😵

4月30日→関越自動車道・上信越自動車道→①小諸城(スタンプのみ)→②上田城→③松代城→川中島古戦場→長野駅前ビジネスホテル泊。
5月1日→善光寺御朱印→④富山城(続100名城)→⑤高岡城→石川かほく市のビジネスホテルかほくホテルなごみ亭泊
5月2日→⑥七尾城→⑦金沢城→⑧丸岡城→福井アカデミアホテル
5月3日→⑨一乗谷朝倉氏遺跡→北陸自動車道→⑩春日山城→上信越自動車・関越道→自宅へ。

こんな感じ。各お城については、随時更新予定。・・。いつになるやら。

日本100名城スタンプ No.27 ≪第126番石垣山城≫

日本100名城スタンプNo.26の続き。

 

 

2018年11月24日、25日一泊二日で伊豆高原へ行ってきた。たまたま、伊豆高原の宿泊施設に空き室があったので。

特に目的もなく、単なるドライブを兼ねた小旅行だ。じゃ、スタンプ押すか。

まず目指すは。泊まりは伊豆高原なので、小田原厚木道路を使う。だったら、石垣山城へ行くか。

石垣山城は、新日本100名城に指定された城跡だ。細い道をくねくね上がると、途中、“透明なゆりかご”のロケ場所という表示が!帰りに寄るとして、とにかく上まで行く。

こんな細い道くねくね、誰がくるの?と思ってたら、なんと、駐車場は車でいっぱい!ええ??こんなにスタンプ押す人いるのか?と思ったら、違ってた。

みんなの目的は、こちらでした(笑)

 

 

 

 

Img_4840

 

 

とにかく、押印。設置場所は、公衆トイレ前

 

 

Pb240821

 

 

Pb240820

 

 

スタンプも押したし、鎧塚ファームも気になるが、とにかくお決まり。登ってみるか。

 

 

結構な石段だけど。

 

 

Pb240822

 

 

石垣山城は、1590年、小田原の戦いの折に、豊臣秀吉が築いた城だ。一夜でできたように秀吉が見せかけたという伝説から石垣山一夜城とも呼ばれている。秀吉ならやりかねないと思わせる戦国ロマン漂う雰囲気だけど、実際は異なっているとのこと。当たり前・・。ものすごく立派な土塁や石垣だもん。

頑張って上っていくと、素晴らしい眺望が広がっていた。

Pb240827

小田原城が見下ろせる。すなわち、秀吉が家康を見下ろしているわけだ。

本丸跡、

Pb240828


本丸跡には必ずポケストがある。ジムもある。ポケ活とスタンプ押印はダブルで楽しめる。いや、面倒でもある・・・

Pb240829


駐車場を見下ろすと、

Pb240825


南曲輪の石垣。

Pb240831


帰りに、一夜城ヨロイヅカファームのランチは、当然満席なので、売店で買って、外で食べた。

Pb240833

 

 

 

新日本100名城スタンプ 6/100

No.28に続く。

 

 

日本100名城スタンプ No26 ≪第53番二条城≫

日本100名城スタンプNo.25の続き。

2018年11月21日から二泊三日で帰省した。一日目は、帰る途中に大阪城に立ち寄って押印。スタンプゲット25個。最終日、京都の紅葉を少し愛でて少し時間があったので二条城へ押印に行ってきた。

神護寺から、バス移動。16時前に到着。立派です。


Pb230808


1601年築城、1867年大政奉還をした場所だ。江戸時代が始まり終わった場所でもある。

何度も京都は来たことがあるが、二条城はなんと初めてだった・・・・。押印がなければ来なかった?

お濠も立派だ。


Pb230811


天守閣跡に登ると、東山が見えた。


Pb230812


ライトアップもされるそうで、閉門で外に出たら、ライトアップ待ちの長蛇の列が出来ていた。


Pb230817


Pb230816

スタンプ25/100

No.27に続く。

日本100名城スタンプ No.25 《第54番大阪城》

100名城スタンプNo.24の続き。

2018年11月21日水曜日、二泊三日の予定で帰省。

恒例、お墓詣りのあと、ちょっと大阪城に寄ってきた。


大阪城、いつでも行ける、何度も行った。でも、スタンプ押してない


大阪城公園駅に降りた。駅付近は随分変わっていてびっくり。日本人より外人の方が多い?かもしれないと思ったけど、大阪城ホールでコンサートがあったようで、列が出来ていた。



スタンプ、どこで押す?中に入らなくちゃいけない?チケット売り場で、入りますか?と念を押され、いえ、入らない、と言ったら、チケット売り場窓口で、スタンプを出してきてくれた。


スタンプ求めてる人、いなかったなぁ。ほぼ外国人


紅葉は、進んでいるけど、いまいち美しくない気がする。


24/100

No.26に続く。

より以前の記事一覧