日本100名城スタンプ No20 ≪第23番小田原城≫

日本100名城スタンプの続き。


2018年5月20日日日曜日。東海道を三島までコンプリートの旅の最終は、小田原から箱根湯本三枚橋(第12回東海道踏破オフ)。


そのスタートの前に、小田原城へ行ってきた。日本100名城スタンプ押印!


小田原城は、駅からすぐ。見えてる。小田原城は、豊臣秀吉に滅ぼされるまで、北条氏の居城だった。明治に廃城となり、関東大震災でも被害を受け江戸時代の建物は残っていない。昭和になって再建されたものだ。


P5201812


このあたりは、武家屋敷が並んでいたそうだ。当然、石碑のみ。

P5201813


紫陽花が満開の時はさぞ美しいだろう。

P5201816


前に来たときは、雨で何にも見えなかったけれど、この日は、快晴!暑い。


P5201821


天守にのぼり、ぐるっと見渡す。

素晴らしい眺望が360度。

これから、歩いて行く方。

P5201824

駿河湾が広がる。

P5201829

箱根を越えて歩いてきた道。

P5201830


丹沢の山並み。

P5201831


天守入り口の、切符もぎのところにスタンプがあった。無事、押印。

さぁ、東海道、箱根へ向かって歩き出そう。東海道へはこちらへ続く

23/100

コンプリートへの道は遠い。

新日本100名城スタンプスタートしたよ ≪第121番本佐倉城≫


こんなのスタートするって、湯築城のガイドさんから聞いてたんだけど、4月6日にスタートした。


こちらはコンプリートは目指していないんだけれど、一応購入してみた。


一覧を見ると、100名城と併記されているではないかcoldsweats01同時に回れってこと?四国コンプリートしたつもりだったのに。四国もあるよ、もちろん。で、お城の番号も100名城からの通し番号だってsweat01


5月13日、その新日本100名城の一つが、佐倉城のすぐ近く、駅で一駅先にあるではないか。行くしかないということで、佐倉城→新100名城第121番本佐倉城を回ってきたよ。


まず、スタンプ場所の確認。駅にあるではないか。これは簡単。一駅乗って押す。

駅にスタンプ設置。当然、改札の外です(当たり前)


P5131785


このまま、帰っていいんだけど・・・。午後から雨の予報も、もうしばらくお天気持ちそう。徒歩10分、ということで、現地に向かってみた。

が、人っ子一人通らない。100名城より、当然マイナーなところにあるわけで。少々一人で回るには難があるかもしれない。


P5131787


P5131789

あののぼりは何だ?

P5131794

東山虎口というところから、上っているらしい。

P5131793

水田が広がっている。あの向こうが印旛沼。こちら側に開けて、後方に外郭が広がる。

のぼりは、人が歩く目印でした・・・。

P5131804

P5131807

当然、人には会わない。会うわけがない。


まぁ、とにかく、新日本100名城 1/100 
新日本100名城スタンプの旅に続くは、多分、、ない。と思うsweat01


日本100名城スタンプ No.19 ≪第20番佐倉城≫

2018年5月13日母の日。母の日だけど、一人で100名城スタンプ押印に出かけてきた。


第20番、佐倉城。佐倉は、一度行ったことがあった。こちら 

すっかり忘れていたけど、“残念ながら国立歴史民俗博物館と、佐倉城址公園へはいけなかった”なんて書いてある。堀田さんの像もみたいって。今日、像は見たけど、スタンプに気を取られて撮影忘れてるしsweat01

京成佐倉駅から歩くつもりだったけど、ちょうどバスが来たので乗ってみた。歴博の入り口までしか行かないけれど、と運転手さんに言われたけれど、天候が心配だったので、時短のつもりで乗った。


P5131751


P5131752

歴博自体が佐倉城跡の中、佐倉城縄張り内に建っている。広い。スタンプどこだ?スタンプは、この入り口と反対のところらしい。

とにかく、歩いてみる。というか、坂道を登っていった。


P5131754


歴博。


P5131756


手間の土手のようなものが、空堀。空堀が至る所にあった。


というか、城跡内に、建物は、歴博以外にない・・・。明治維新後、陸軍歩兵連隊が置かれていたため、ほとんどの建物、門、櫓は取り壊されていまったとのこと。


本丸跡。ぐるっと土塁を歩いてみた。


P5131771


P5131773



P5131770


出丸↓の表示があったので、ひたすら、階段を下りてみた。わけわからないまま。

P5131759


ず~と降りる、こんなに降りたら登るんだろうとは思ったけど。


こんな場所にたどり着いた。


P5131760


何が必見かわからないまま、階段を上った。多分、真田丸もこの出丸のことだったんだろうと推察するけど。・・・・


P5131761


どこにでも富士塚がある。というか、ここから、富士山、スカイツリーが見えるって。あいにくの曇天だったのでもちろん見えませんでした。


P5131766


空堀も大きい規模だ。


P5131776


そして、スタンプは。城址公園のはずれに!


P5131777


100名城に選定されたため、とってつけたような無人のざっとした展示だけど(笑)、建物の写真が残されていてよかったとは思う。


P5131778


22/100

お昼ごはん時になった。佐倉は、ちょこっと食べるところない。駅売店でおにぎり買ったよ。電車待ちの間に、


P5131784


そして、次に目指すは・・・・、続く


母の日につき・・・、長男夫婦からと、次男は、帰ってきてごちそうになったよ。ありがたや。

Img_4059collage

日本100名城スタンプ No.18 ≪第41番駿府城≫

日本100名城スタンプの続き。

東海道は、その6に続き。

2018年4月7日由比をスタートして、2018年4月8日日曜日、静岡まで来た。

今回のオフのゴールは駿府城。駿府城は、ご存じ、徳川家康が、隠居してから住んだ城で、ここから隠居して尚権勢をふるい続けた場所だ。

ただ、大天守は、1635年消失。その後再建もされず、天守も残っていない。明治以降、市に払い下げられ、城址公園として、いくつか櫓が復元され、現在に至っている。

ただ、立派な石垣だけでも、当時の家康の力を感じられる。

P4081697


が、とにかく、そんなことより、スタンプね(笑)


18/100 押印!


公園内には紅葉山庭園として、四季を感じられるように造られた庭園がある。


P4081704


新緑が美しい季節だった。


P4081712


天守台、発掘調査中。


P4081713


家康お手植えのみかんだって。


P4081717


再建された、櫓に入ってみた。


P4081719


公園からは、やっぱり、富士山!

P4081723


二日にわたる楽しい旅もそろそろ終わり。新幹線の時間が近づいてきた。

静岡駅で、乾杯!

Img_3894


久しぶりの、新幹線からのペストショットが撮れた。


Img_3896


ありがとう!また、来年!次回お泊り東海道は、浜名湖の予定。あくまで予定だけど、みんなで一緒に歩けるといいな。

日本100名城スタンプ No.17 ≪第81番松山城≫

2017年12月26日、100名城スタンプ四国コンプリートの旅最終日。道後湯築城大洲城宇和島城まで三つ回った。四国コンプリートまで松山城を残すのみ。

松山空港17時40分発の便に乗る。その前に、レンタカー返却。となると・・・。16時には、レンタカーを返さねばならない。松山城から、レンタカー返却場所まで。検索。う~ん。市街交通状況はわからないけれどなどなど。

松山に戻る道すがら、あれこれ。でも、あれこれ言っても仕方ない。とにかく、松山に戻ろう。


Img_3446


瀬戸内は美しい。


松山市到着。


Img_3447


お城の駐車場を探せ!この時点で15時24分。見ると、天守までケーブルカーに乗るって。ケーブルカー!そんなもん乗って、天守行って、スタンプ押して戻れるか?


ドキドキsweat01


駐車場探しも手間取って、とにかくなんとか駐車。急げ!


走ったよ~。リフトかロープ―ウェイどちらでもよいとのことで、リフトに乗る!焦るけどゆっくりだよね、リフトcoldsweats01

リフト降りて、天守台まではまた登る。走った走った~。

松山城


Img_3448


ええ??スタンプは天守入り口。あの上まで行かないとスタンプないの???絶体絶命!


窓口に行くと、スタンプ、ありました~。天守入り口って、入館料お支払のところでした~。よかったよ~。これで中に入らないと押せないのだったら時間切れで無理だった~。

15時55分押印!

Img_3449


今思い出してもドキドキする(笑)

天使のはしごができてたよ。

Img_3450

素晴らしい眺め。なんて、写真撮ってる場合じゃない!

って、結局、超人気、お城ランキング第3位の松山城には、入っていないのであった(号泣)


飛行機は、17時40分。急げ!またリフトに乗って車へ。


レンタカーもサクッと返却、空港にも余裕で到着、と思ったら、飛行機1時間の遅れだって。わかっていれば天守入れたのに~。ま、こんなもんだ。

なので、空港、食堂でゆっくり旅の〆が出来たよ。乾杯!

Img_3452

松山名物?鯛塩ラーメン。あっさりで鯛が美味しかったよ。

Img_3453


さよなら、四国。でも松山城登ってない。宿題を残して四国押印の旅終了!

Img_3454

17/100

ひとまず、四国押印の旅完!

押印の旅は、江戸城へ続く・・・。

日本100名城の記事は、No.18へ続く。

日本100名城スタンプ No.16 ≪第83番宇和島城≫

2018年12月26日、日本100名城スタンプ四国コンプリートの旅、大洲城から、宇和島まできた。


宇和島と言えば、高校野球しか思い浮かばない私coldsweats01(古い?)。なんとか、宇和島城の駐車場に12時50分到着!


スタンプはどこ?当然、天守です。天守まで15分とある。行って戻って30分。松山までは?
でもここまで来たからには、押印せねば!


登るよ。

Pc261119


Pc261120

まだまだ


Pc261123


まだまだ、まだ


Pc261124


ようやく、石垣が見えてきた!


登りきると、視界が開ける。


Img_3437


おお!


1,601年、藤堂高虎築城とされている。1671年完成、当時のままの姿だそうだ。石段をひたすら上って見えた景色だけに、感激した。宇和島まで来た~~


この天守がどこを向いているかというと、


Img_3438


宇和島の海の玄関が広がっている。素晴らしい眺めだった。15分かかったけどね。


押印。したからには、天守に登るしかないね。急いでるけど。


天守からは、宇和島の町がぐるっと見渡せる。山側。


Img_3441


港側。


Img_3442


天守の中に、お正月を迎える準備が。


Img_3439


当時のお正月飾りらしい。宇和島伊達家に伝わる資料で再現(小笠原流)


Img_3444


来た道を下りる。駐車場に戻れたのがもう14時前!松山に戻ってお城に行けるかかなぁ。


No.17へ続く


日本100名城スタンプ No.15 ≪第82番大洲城≫

2017年12月26日火曜日、日本100名城四国コンプリートの旅最終日。


湯築城から、高速道路で一気に宇和島まで行くつもりで車を走らせていると松山自動車道事故で通行止めの交通情報が!


どうする?高速道路を使えないとなると、宇和島まで一般道を通って行って、松山まで戻って来られるか?悩んだけれど、その時間の惜しい。とにかく、在来道路を走らせる。


近くから攻めてみるか?大洲城まで行って、そこで、次どうするか検討することにして、海岸線を走らせた。そうしたら、素晴らしい景観が広がっていた!

伊予灘。だと思う。


Img_3428


向こうに見えるのは瀬戸内の島々。海を見ながら、たこ焼きを食べた。画像忘れ。簡単お昼ごはんだ。人はとっても少なかったが・・。一応、海の家に売店があった。


Img_3430


こんな感じの道が続く・・・。


11時30分、大洲城到着。スタンプスタンプ。


スタンプは、台所櫓入り口。どこよ?



Img_3431


Pc261115


お城は、とにかく、坂を上る、天守があれば、上る、どこでも、上る(笑)。足腰鍛えておかないと踏破できないぞ。


天守は平成になっての再建だが、一部江戸時代からのものが現存している。


が、先を急いでいるからか、ほとんど写真がない。


全体は、こんな感じ。


Img_3436


天守からの眺めはまぁまぁよい。


Img_3432


が、このお城は、川向うから眺めるのがよさそうだった。ちょうど予讃線に電車が通ったけど、撮影できず・・・。撮影スポットはその予讃線の向こう側。通ってくるとき見えた景色が素晴らしかった。そちらからお城を撮るべきだな。


多分、100名城スタンプがなければ、生涯訪れることがなかった地だと思う。そして、受付の係りの方も、押印目的の人しか来ないことも分かっている風。スタンプラリー恐るべし。


宇和島まで行くことをあきらめられないのでそそくさと車に戻る。交通状況を見ると、どうやら高速道路通行止めは解除されている。宇和島まで行けるか?16時には、松山に戻らねばならない。スリリングな旅は続く

日本100名城スタンプ No.14 ≪第80番湯築城≫

2017年12月26日。二泊三日の100名城スタンプ四国コンプリートの旅最終日。

道後温泉でゆったり。ともしれいられない。帰りの飛行機は17時。急げ!


湯築城ってどこ?え?という・・。道後温泉の中心にそれはある。なぜ100名城?すぐ近くに松山城あるのに。よくわからないまま上ってみる。

1500年代にはすでに廃城になったものがなぜ100名城に選定されたか?

当時のまま、ほぼ、現存している土塁、縄張り(お城の敷地のことらしい)、お堀などが決め手らしい。確かに、航空写真をみると、


Photo


きれいな円形で、堀もちゃんと残っている。発掘調査途中で、少しずつ復元整備されている。


でもよ、地域振興??観光客誘致?????なまま写真撮ってきた(笑)


頂上からの眺め。
松山の町。


Pc261106


松山城が見える。今日の最後は、あの松山城だ。回れるか。


Pc261101


堀の形がよく見える。


Pc261102


Pc261107


向こうに見える建物が資料館。スタンプ設置場所。

そちらで、ガイドの方が、続100名城が出るんですよ~という。え???100に次いで続!よくある話ではあるsweat01


発掘中。

Pc261108


復元された武家屋敷。

Pc261112


中は、

Img_3426

怖いよ・・・・。

 

Pc261111

こんな感じ。土塁や、堀だけじゃぁ、人呼べないもん。道後は温泉だけじゃないよ、お城もあるよ、みたいな・・・。

さ、いよいよ高速道路を一路、宇和島目指すよ。

続く

日本100名城スタンプ No.13 ≪第79番今治城≫

2017年12月25日、こんぴら温泉を出発。金毘羅さん→丸亀城とまわってきた。


車を西へ走らせ、いよいよ愛媛。今夜の宿は道後温泉!楽しみだ。


その前に、今治城へ明日は、愛媛の西の端の宇和島まで行きたい。どうしても、今治城は今日行かねば明日回り切れないのは必至。道後温泉までかなりある。今治に寄って道後温泉何時着になるだろう。金毘羅さんで時間を取りすぎたが。仕方ない。


とにかく、西へ!

途中で、香川といえば~。お昼ごはんはおうどん。ドライブインのおうどんやさんに入った。

Img_3402

今となってみればなぜフツーのおうどんにしなかったかわからんが。カレー肉うどんというものにしてみた。


今治城到着。すでに16時!スタンプスタンプ。昨日の高松城と言い、今治城といい、滑り込みで入るとろくなことがない(笑)


まぁ、それに、高松城とご同様、ほとんど現存したものはなく、海城。となれば・・・。この残念感。入館料取ってるからには、それなりの展示をせねばという苦心がありありsweat01

Pc251053

鉄筋コンクリートです。大阪城も鉄筋コンクリートだけどさぁ。

町振興のためか、順次、再建され続けている。


Pc251059


今治港が見える。

Img_3407


Pc251052

さぁ、押印したし、道後温泉へ。明るいうちに着けるかなぁ。


スタンプラリーの旅へ続く

日本100名城スタンプ No.12 ≪第78番丸亀城≫

2017年12月25日、クリスマス。クリスマスだけど、四国でお城巡りをしている。

金毘羅さんにお参りしたあとは、丸亀へ。

金毘羅さんが、結構時間を取ってしまったので、丸亀ですでに12時。頑張る。

坂道だ。ず~と上っていく。


Pc251027


丸亀城は、現在国内の現存している12天守の一つ。というか、12しか現存していないというのは、なんとも寂しいが。


見事な石垣がそびえたっている。


Pc251030


とにかく、上るんです。


Pc251033


ようやく天守までたどり着いた


Pc251034


桜が。


Pc251035

たどりつくと、何やらイベントが。


Pc251044


こちらでした。入り口で、表彰のためにやってきた市長さんにお声かけられたよsweat01


天守に登ると、それはそれは、見事な眺望。


Pc251037


Pc251040


瀬戸内海。ここで、思わず押印の旅はやめてしまなみ海道走ろうかという案も浮上。が、しまなみは、絶対別に来るべしということに。それほど、美しかった。


Pc251043

北に瀬戸内海。内陸は、


Pc251045


下り坂で、ご婦人にお声をかけていただいた。どちらから?


100名城スタンプのことはご存知なくて。夫は、日本の末端を全部回るのが趣味でなんてお話をされていた。世の中、酔狂な人は多いcoldsweats01


その方のお嬢さんが子供のころは(って私と同じくらいね、その子供ってのが)、石垣が崩落するかもしれないから立ち入り禁止となっていたほど荒れてたそうだ。今はそれはそれは見事な石垣に修復されている。

そして、幸福の♡石。

Img_3399

だって。

振り返ると、堂々とそびえたった丸亀城。素晴らしかった。上るの大変だったけど。
お声をかけてくださったご婦人、さっそうと街中に帰っていかれた。ほぼ毎日登城してるって。足腰にはよいわな・・・。

Pc251047


時間は、すでに13時を過ぎている。もう一つ回ってから、愛媛まで行けるか?


スリリングな旅は続く


お江戸オフ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイト内検索


無料ブログはココログ