山ガール(山姥)日記 No.4 ≪御岳山≫

2019年5月19日日曜日、また山に行ってきた。四週連続となってしまったけれど。来週からの日曜日はずっと予定があるので、今回を逃すと7月まで行けないことになってしまうので。ということで、お一人さまで行ってきた。お一人さまでも私自身は全然問題ないんだけれど、もし万が一何かあった時。。。。でもそんなこと言ってるといつ行けるかわからないので、ドキドキだけれど一人で行ってきた。メジャーなところを選んだらさすがに人はいっぱいいる、だろう・・・・。

高尾山なら人はいっぱいいるから高尾山に?でもなぁ~。前から行ってみたかった御岳山にした。御岳山も人はいっぱいだろうと予想して。

今回のコースは、

Img_5472-1  


御岳ってどこ?状態で、青梅線に乗って青梅のまだ向こうだそう。土日に運行されている快速ホリデーおくたまにて御岳へ。御岳からバスでケーブル下。ケーブルに乗ってから歩こうかとも思ったけれどそれじゃあ、登る練習にならない。

それに、ケーブルカー、長蛇の列だった。
Img_5425

8時30分、ケーブル下スタート。

Img_5426
 

ケーブルカーと違って、人まばら。お仕事の🚗や🏍が行き来するのみ。

ケーブルカーからの道と参道が合流した途端、人がいっぱい。駅のお手洗いで一緒になった親子連れと出会った。ケーブルカーを待って登るのと歩いて登るのが同タイムだったってことだ。

景色素晴らしい。

Img_5435  

が、そこからでも、かなりの坂と石段を登る。

Img_5438

Img_5447

奥宮が拝める。ここにたつと、ドンとパワーが。

Img_5443


Img_5444

お参りを済ませて、いよいよ金毘羅尾根と呼ばれる方へ歩き始める。

急に人がいなくなったよ。

Img_5450

一人で大丈夫か??一瞬引き返そうかと迷ったけれど、また10時前。ここで帰ってどうする。とにかく歩き始めた。ホント一人。誰にも会わない。大丈夫??ドキドキだけれど、もう引き返せない。ようやく、トレランの人とすれ違った。トレランの人が追い抜いて行った。全く人がいないわけではないと自分を励まして歩く。

日の出山山頂到着!

Img_5454

さすがに、人が何人かいてホッとしたよ。

パノラマ撮影してみた。

Img_5458_1  

眼下に、奥多摩の山々や、都内が見渡せる。

Img_5457

ここで、ガイドブックに注意書きがあったのに、道を間違えた。歩き始めて変だな~と。表示を確認したつもりが、そもそももっと前の表示を見落としていたらしい。

Img_5464  

山岳アプリがなかったら歩けてなかった。というか、山岳アプリを入れたから、一人でも歩いてみようと思ったのだけれど。入れておいてよかったよ~~。

あの、下に見える林道へ逸れてしまって引き返したのであった。
Img_5462

あとは、延々、延々、少々の上りとずっとの下り。時折の眺望に慰められつつ歩く。ここで落ちたらどうする?とか、クマに注意の看板にドキドキしながら(笑)

最後の休憩所、金毘羅神社到着。
Img_5469

Img_5468

先客がいた。トレランで追い抜いて行った方。人がいませんね~、もっと歩いているかと、熊出没注意の看板にビビりましたね~とか。あじさい山があって、その下見に来たとのこと。

ここからの下りがきつかった。

尾根歩きのゴール。
Img_5471
 
五日市の町を少し歩いて、とはいえ、全く人に会わない。五日市の町を歩いて、武蔵五日市駅14時30分到着。32分発の🚊に飛び乗ったのでゴールの写真なし。単線なので30分に一本なの。

今回は、お花の写真も少しは撮れたよ。とろとろ歩きなので、ホント少しだけどね。
Photo_15

山行きはしばらくお休みです。

山ガール(山姥)日記 No.3 ≪檜洞丸≫

 2019年5月12日(日)。三週連続で山へ行ってきた。

12日か19日にどこかへ行こうと思うんだけど、おススメありますか?

Leafさんに聞いてみた。12日ならご一緒できますよ~。とのお返事。ぜひぜひ!どこへ?檜洞丸はどう?

まず、どう読むかわからん・・。調べました。ひのきぼらまる。へ~。お友だちも一緒に、ということで、あれよあれよと決定。

7時20分新松田発のバスに乗れますか?7時20分に新松田というと。と、こちらを始発に乗る!始発?!そうなのね、始発。。。4時半。そんなこんなで、12日行ってきたよ、檜洞丸。おまけに、そのコースは。。。とても初心者が歩くところではなかった💦

Img_5404


フツーは、西丹沢のバス停から、檜洞丸に登って帰ってくるだろう。ではなく、ぐるっと周回するんだって。歩けるのか、私。

新松田でLeafさんのお友だちのちゃこさんと合流。今日、ご一緒してくださるとのこと^^。はじめまして<m(__)m>

小一時間バスに揺られて西丹沢ビジターセンター到着。8時30分スタート。

Img_5338

車道を1キロぐらい歩きいよいよ丹沢の中に足を踏み入れる。

新緑がお出迎え。

Img_5340

まだ、写真を撮る余裕があった(笑)が、どんどん沢沿いの上るとガレガレで大変な登りが。。

  4620693218505091671128fc9fec6a7df1f5a3eb_1

462069321850509167167f9f4575d60e30b57893_4 

10時10分、犬越路到着~。大変だった・・・。

Img_5350

が、眺望が開け素晴らしい。だから歩ける?

Img_5354_1  

富士山もうっすら見えている。

が、ここからがまた大変。一難去ってまた一難みたいな。くさりを登る。
462069321850509167163ac773fcd8cc4edb6ceb

落ちたら谷みたいなところも歩く・・。

Img_5420

最後の上り。

Img_5357_5

とぼとぼと木の階段を上る。

4620693218505091671df67bcc2794146e58cdbc

なんとか13時、檜洞丸到着!証拠写真を小さく(;´∀`)

Img_5366_1

あとは、下るだけだから、と励まされたけれど、この下りも、ゴロゴロの石やら、くさりやら、あれこれ、実に大変だった・・・。

4620693218505091671a07eec4464781211f6160

もとのバス停には16時50分到着。8時半から登り初めて8時間半近い時間だ。ホントならもう一時間は早くアップできなければいけないのだろうけれど今の私の精一杯。

このコースの高低差は1,060m。平らなところの1キロなんてあっという間なのに。。。。山って。


この山はつつじが特に有名らしいが、まだまだだったがちらちら咲いている花々に癒された。が、まだまだ撮影する余裕全くなし。ちゃこさんやLeafさんからあれこれ画像をもらって下山後楽しんでいる(笑)

Photos001_3

そして、このためだけに登っているような気が💦

乾杯!

Img_5368  
 
Leafさんやちゃこさんに励まされてなんとかたどり着いた感じ。ありがとうございました。またどこかへご一緒してね☆

それにしても、う~む、脚力はすぐにはつかない。地道な努力。なんだか、ピアノと似ているところがある、でも登山はゴールがあるのがいいなと思っている。


山ガール(山姥)日記 No.2 ≪陣馬山から高尾山≫

2019年5月5日、山デビューしたので、ぜひこの連休中もう一本頑張らねば💦

ということで、Leafさんにご一緒してもらった時、話にでた陣馬山へ。私は単に一つ山を登ればいいと思っていたけれど、Leafさんが、“高尾山まで縦走するように”って。ええ??最後はケーブルカーで降りてきたらいいからね。

陣馬山に登って、高尾山口まで。どこを読んでも15キロ以上あるし、公式ホームページでも一日の行程です、なんて書いてあるし。。。

が、なんたって、塔ノ岳からゴールまでたどり着いたし~。ということで、行ってきました、陣馬山から高尾山縦走。こんな感じ。良く歩いたよ。

Photo_11

朝6時前に家を出て、7時20分JR高尾駅着。バスは長蛇の列!塔ノ岳どころではない人人人。

満員のバスに揺られて陣馬高原口まで行く。いよいよ登り始めるよ。

Img_5276

新陣馬山コースという方へ。

Img_5278

こんな登り坂がずっと続く。頑張ったよ。
Img_5283

10時到着。ほぼ予定通りのペースで一安心。

Img_5285

富士山に出会えたよ!

Img_5290

ここから先が長いわけで。でも、みんなほとんど当たり前のように高尾さんを目指すコースへ。

次のピーク、景信(かげのぶ)山、12時30分到着。

Img_5300

景観が素晴らしい。

Img_5302  

小仏峠、13時35分通過。
Img_5305

おなじみの中央道、小仏トンネルの大渋滞が見える。

Img_5306

ここから、高尾山までの上りがきつかったけれど頑張った。

高尾山、15時到着!山頂は別世界だった。普段着の人、老若男女がわらわら。高尾山の目印での写真を撮るにも順番ならんだよ。

そして、ここからケーブルカー乗り場までの長かったこと。この人数、いやな予感。やはりケーブルカー30分待ち。リフト35分待ち。リフトの方が待ちやすかったので、リフトを選択。

高尾山口、17時到着。ここで駅員さんが令和のプラカードを持った写真撮影のサービス。良い記念になりました。

さて、登頂の証拠写真(笑)

2 Photo_12

塔ノ岳にくらべれば、随分楽だった~と感じた。最初にあれだけの大変なことをしちゃうと、案外出来るもんだなと。←現金~💦

さぁ、次はどこへ?

山ガール(山姥)デビュー

令和に向けて、2019年4月29日、山ガール(山姥)デビューした。

先日お江戸オフで、恒例のお泊りオフをした。その記事はまた後日<m(__)m>。その時、帰りの新幹線で、ポロっとつぶやいた。山に登りたいんだけど・・・。そうしたらLeafさんが、ご一緒しましょう!なんて言ってくれるではないか。え?ホント?いいの???本気にしちゃうよ。

あれよあれよと決まって、その日を迎えた。Leafさんの提案は、とても初心者(年齢的に厳しい)が歩くコースではないよ~。どのガイドブックを見ても、まさか??これ?違うよね、な感じ。ドキドキで当日を迎えた。前の晩はあまりに緊張して寝られなかったよ💦

そのコースとは、こちら。どのガイドブックをみても、大変そう~。どう考えても、7時間も歩けないだろう~。

Photo_6

ひたすら、上る、まだまだ上る、今日は、写真は一切撮らない、と決めていたので(そんな余裕はないだろうってことで。余計なことをしてLeafさんに迷惑をかけては・・)すべて画像はLeafさんが撮ってくれた。

ず~と歩いてきたよ。
Dsc_0084

眺望が開ける。登山の醍醐味だ。
Dsc_0085

こんな恐ろしいところも通ったよ。鎖、鎖を離したらおちるだろう・・。

Dsc_0098_1
 

13時頂上到着。なんと5時間近くかかったよ、最後の上りは心がくじけそうになった。でも、頂上に着いたとたんそんな気持ちは吹き飛んだ。
Dsc_0110_2

ホントならこの後ろに富士山が見えるそうだけど、そんなことはどうでもよい。とにかく登頂できた、そのことだけで十分満足だった。

そのあとの下りはつらい辛い長い長り下りが待っていたけれど、出会う人出会う人、超ベテラン健脚の人以外は、みんな大変そうなことを口走っていたので、、辛いのは私だけではないと自分で励まして頑張った。Leafさんのペース配分、サポートがなかったら絶対無理だった。

ありがとう~、

下山後のビールのなんと美味しかったこと(自分で撮った)


Img_52391

あんなに下りが大変だったのに、次はどこに登ろうを帰りの🚊で考えている自分に笑ってしまった。

Leafさん、ありがとうございました。