百名城スタンプ No.4 ≪犬山城≫ 

2017年9月18日月曜日、明治村から、犬山城へ


百名城スタンプを押すためだったけど。


これが行ってみると、にぎわってて楽しかったんだなhappy01


城下町通だって。

Img_2841


堂々とした天守閣。

Img_2854_2


でも、私ったら、スタンプはどこ?どこ?そちらが気になってcoldsweats01

が、とにかく、てっぺんまで登る。


昔のままなので、急登だけど、当時はこんな階段もなかったわけで。どうやって上ったんだろう、石垣をよじ登るの????

眺めは素晴らしく。が、狭いので足がすくんだ・・・・。

Img_2855


Img_2863


Img_2866


帰り道、わん丸くんに会ったよ。


百名城スタンプ、コンプリートするべく、カテゴリー作ったけど。東海道だってたどり着けるかどうか不明。こんな中途半端なものばかり作ってどうよとも思うけれど、ま、人生の楽しの一つではある。

4/100

No.1 名護屋城
No.2 大野城
No.3 福岡城

100コンプリート、こうご期(爆)

花子とアンと明治村

2017年9月17日、18日、一泊で、研修という名の遊びツァーで桑名に行ってきた。


熱心なピアノのセンセは二日とも研修。私は一日で十分、二日目は、遊びたい!友人をそそのかし(笑)て、研修は一日のみの参加。その日は、台風が日本列島を縦断した日。


夜のホテルは、こんなことでびっくりした。研修さぼった罰か?


18日、台風一過の快晴。桑名から名古屋へ移動。予定では、百名城スタンプを押すべく、犬山城へ。そして、名古屋に戻り名古屋城への予定。


犬山駅で、観光案内所へ。相談すると、犬山だけでは、時間が余る。先に明治村へ行ったらどう?でも、明治村も二時間余りの滞在になっていまうけど。


あ、明治村行きのバスが。案内所のおばさん。あと1分。まだ間に合うかもしれない。走れ


???ええ????走るの?

だって、二時間ほどしかいられないんでしょ?わけがわからないまま、走る!(笑)


ほら、まだバス止まってるから。あれ乗って!


あっという間にバスの人となって、一路明治村へ。明治村へは犬山駅から約40分。遠いのでたった・・・。

Img_2816_2

歩き出したが、広い暑い時間ない・・・。


園内バスを見つけたので乗ることに。そこに「花子とアン」の撮影スポットの一覧が。


こりゃ、行くしかないな。


と、この時には、「こころ」の再放送の次は「花子とアン」とは知らなかったけど、


蓮子さんと嘉納伝助氏(吉田鋼太郎さん)がお見合いをしたホテル。

Img_2829


富山タキさんと編集長梶原聡一郎氏が話をした橋。だって、

Img_2830


東京の街並み。

Img_2824

このあたりは、「ごちそうさん」でも撮影に使ったそうだ。


そして、25日の花子とアンの再放送初日に放送された、“私立修和女学校”

Img_2832

北里研究所本館・医学館だ。思わず、テレビに、行ったいった、あったあったと叫んでたsweat01


俄然、再放送が楽しみになっているcoldsweats01


他に、夏目漱石邸の猫。

Img_2822


Img_2826


Img_2838


ざっと、駆け足だったけれど、面白かった。

桑名にいます

2017年9月17日日曜日、日本列島台風縦断の中、桑名にきてます。

名目は、レッスン見学ツァーという名の遊び(笑)

桑名、現在午後10時。外は暴風雨typhoon
一人でホテルで快適、のはずか、




何に見えますか?





使った後で、メガネ取ってたし。恐ろしくて考えたくない。でも、このタオルを使ってしまった私。




思い余って、服を着替えてフロントへ持参。クレイマーと言われたくないけど、一晩こんなもんと一緒の部屋にいられない。


これは、縁取りです。

ですと。恐る恐るよくみたら、使っていたら、縁取りのリボンがまさにあれのヒゲのような様相になったわけで。

でも、どうみても、タオルの隙間に入り込んだあれが、洗濯でプレスされたようにしか見えんcrying

どうですか?

明日は台風一過になるらしい。

楽しい一日になりますように。

台風が近づいているみなさま、引き続きお気をつけて。

2017年8月27日

2017年8月27日。18時35分の富士山。


先っぽだけかろうじて見えてる。窓にぴったりくっつけて撮影。

無事三回忌の法要終えて、帰ります。

京都駅で、ホッと一休み。


明日からまた、頑張ります!

今日の富士山

2017年8月26日土曜日。今日の富士山。



雲の中。富士山見えないのが当たり前になってしまった。

猛暑や、大雨など、落ち着かない夏。残暑お見舞い申し上げます。

父の三回忌で帰省するため、新幹線乗ってます。

二年経ちました。早いのか、遅いのか。

こういう風に、振り返って、前へ進むために年忌って必要なんだなと思います。

まだまだ暑い日が続きそうです。みなさま、ご自愛くださいませ。

と、ほとんど更新できない言い訳のような内容coldsweats01

「Pokémon GO PARK」へ行った

夏休み、いかがお過ごしですか?

私は、ドバイでお休みを使ってしまったので、夏休みは、8日から11日まで。

そんな一日の、2017年8月10日木曜日、「Pokémon GO PARK」へ、行ってきた。

ポケGOはもう廃れてるのか?と思っていたら、なんのその。

人人人!




み〜〜な、下向いてスマホタップ(笑)

超楽しかった。11時前にみなとみらいで、hichaさん、hichaさんのお嬢さんのMさん(師匠です)、ゆれいさんと待ち合わせ。

何と帰りの電車は17時半!

15日まで。興味のある方はぜひ。

今日の富士山

集中豪雨に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

関東は、猛暑。こちらもお見舞い申し上げます。


2017年7月15日、14時の富士山。


厚い雲に覆われています。

暑い日が続く模様。みなさま、ご自愛ください。

私は、体幹リセットダイエット、継続中。う〜〜ん。
こんなお弁当にしてみた。


中身はこんなの。

ドバイ4日目 その5

その4の続き。

2017年5月28日日曜日、ドバイ滞在最終日。朝から、世界一のタワーに上り、アブダビでは世界一豪華なモスクを見学。

そして、ドバイに戻り、世界一の金の飾りを見た。

そして、夜は。

ドバイで、日本料理店のナンバー何かしらないけど、息子が、とにかく、ちゃんとしたところで食事を、と言って、豪華ホテルの最上階にある日本料理店にTOMOへ連れてってくれた。(お会計は、お礼をこめて私が支払いました・・・・)

5fe71d09f0b344a8b032868e605e1fa5col

他にもいろいろ食べたけど、撮り忘れた。とても美味しい。すべて食材を日本から空輸して、提供しているそうで。

そして、再び、ドバイモールへ戻る。世界一のタワー、バージュカリファの夜景。



そして、世界一の噴水ショーが始まった。何が世界一かわからなかったけど、やたら豪華にあちこちから噴水が上がる(笑)

くねくねと水が躍る。まるで、ベリーダンスみたいよ。

そして、翌29日朝一番の飛行機で帰路に。

朝日に向かって空港へ。

ドバイ空港は、本当に広い。飛行機まで、搭乗手続きをしてから、20分近くバスに乗ったよ。ゆとりを持ってチェックインしないと。

日本の夜景がお出迎え。異国とはよく言ったものだと、東京湾の夜景をみてドバイに思いを馳せた。

なんとあっという間にひと月たってしまっている。カメラにメモリーカードがまだ入ったまま。

画像を見たら、旅の印象・雑感ををもう一度、記事にできればと思うけれど、戻ったら、現実。できるかな。

イスラム圏では、ラマダン明けの休暇らしい。

こちらでは、梅雨で蒸し暑いけれど、ドバイはもっともっと熱い季節が来ている。

だらだら、いくつにもひっばった長い記事にお付き合いありがとうございました。

ドバイ4日目 その4

2017年5月28日日曜日、ドバイ最終日。

ドバイからUAEの首都アブダビに来た。

金粉入りカフェのお店には入れなかったし、ラマダンだったけど、なんとか水分補給と軽食にありつけて、また、ドバイへ戻る。

タクシーの運転手さん、インド人なので、途中暑くてか眠気か、(恐ろしい運転だったwobbly)、水を飲むといって、停車した。

ドバイの道は知らないらしく、google先生に案内させて、なんとか目的地に到着。

あ、タクシーはもちろん、TOYOTA。でもナビはついてない。

最後の目的地、オールドドバイ。

ドバイは、もともと、イギリスのインド侵略の中継地点だった。当時から、港町として出来た場所。クリークがあり、そのクリーク沿いに、都市が形成されていった。

今では、スーク(市場)が、観光客の人気を集めている。特にゴールドスーク。

ただ、タクシーを降りたら暑い暑い。とても、歩ける状態ではない。博物館に入る気力もなく、とにかく、ゴールドスークへは行きたいので、船に乗る。

船とはいえ、

こんなの。50円くらい。
渡し船で対岸へ渡る。





ラマダン中なので、閉まっている店も多い。

ゴールドスーク。


ま、眩しい。
お店の金金、すべて本物らしい。

ギネスに載った金細工。


夜に続く。お名残惜しいがあと一回おつきあいください。

ドバイ4日目 その3

2017年5月28日日曜日、ドバイ最終日。

朝、バージュカリファからアブダビへ移動。

モスク見学の後、アブダビ中心へ移動。

360度アブダビを見渡せるという展望レストランへ。


ロビーに入ったら、がらんとしている。



ドバイモールもだったが、ラマダンなとで、カフェはクローズらしい。

え〜〜?展望レストランどうなるの?

どうやら、クローズはロビーだけで、最上階は営業しているとのこと。

ラマダン中は人前で飲食は控えるよう、配慮するようにとガイドブックに書いてあったので、モスクは厳禁だし、タクシーの運転手さんはなぜかアバヤを着た女性だったので喉はカラカラ。

これでクローズだったら干上がってしまう〜〜とドキドキだった。


入場料は、軽食込み。他に飲み物を頼むシステム。というか、飲まずにいられないよ。もちろん、ノンアルコール!

軽食のサンドイッチ、

ドバイもだけれど、食べ物は美味しい。高いがcoldsweats02

アブダビの眺め。






宮殿。


アブダビは、ドバイより、少し落ち着いた感じ。お金持ちなので、緑が多いからか。緑は当然完全な配水システムがないと全く育たない。砂漠だから。

ドバイへ。続く。

より以前の記事一覧

お江戸オフ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイト内検索


無料ブログはココログ