« 願わくは花の下にて | トップページ | 吉野のお山は »

奈良から桜便り

奈良から桜便り

実家の庭の桜です。満開まであと一息。昨日はあいにくの小雨の中のお墓参りでしたが、今日は打って変わって晴天。午後からはやや花曇り。で、昨日の記事の訂正。義父が亡くなって五年でした(^_^;)来年は七回忌だそうで…。間違えるって、嫁失格ね。

« 願わくは花の下にて | トップページ | 吉野のお山は »

コメント

ご実家に立派な桜の木があるんですね~。
きれい~。

>義父が亡くなって五年でした(^_^;)来年は七回忌だそうで…。間違えるって、嫁失格ね。

言わなきゃわからないのに、正直者ね、桜桃さん(^^)

関東と関西の桜を両方見られて、うらやましいかぎり。
めいっぱい親孝行をしてくださいね(^^)。
オフも楽しんできてね!

吉野の桜はこれからなんですね。
もう一回、お花見ができますね。

やっぱり桜ってソメイヨシノが一番。
ソメイヨシノって、もしかしたら
吉野の桜のことだったのでしょうか?

みなさま、コメントありがとうございました!お返事遅くなりまして、先ほど戻ってまいりました。


>ぶんぶんさん

木は大きく育ち、親は年とり・・・でございます。でもまぁ、今年も無事満開の桜の季節を迎えてくれてありがたい事だと思います^^ おかげさまで、とっても元気でした。


>Tompeiさん

今日の花のみちも満開でしたよぉ。黄砂にまみれてましたが(>_<)

オフ、なんだかほわんとして楽しかったです。東京オフ、実現しましょうね^^

>陶片木さん

>吉野の桜はこれからなんですね
そうなんです。まだまだこれからって感じ。吉野の桜は標高差があるのでひと月以上咲く時期に幅があるそうで、長く楽しめるってことらしいです。3回以上行かないと真髄はわからないそうで^^;修験者でもないので、さすがに・・・。

>ソメイヨシノって、もしかしたら
吉野の桜のことだったのでしょうか?
ソメイヨシノは自生できないそうで、吉野の小学校の子たちは今もがサクランボを拾って、種を植え苗木を今も育てているらしいです。これは数十年前吉野の小学校の校長先生が教育の一環で始められた事らしいです。これだけでは、もちろん維持できませんが、どちらにしても、すごい業績だそうです。

吉野に桜自体は、南北朝のころからあったらしいので、やはり主流はヤマザクラみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良から桜便り:

« 願わくは花の下にて | トップページ | 吉野のお山は »