« はじめてのクロアチア・スロベニア8日間 その13 | トップページ | はじめてのクロアチア・スロベニア8日間 その15 »

はじめてのクロアチア・スロベニア8日間 その14

その13の続き。

2019年6月11日に出発した旅も終盤。残すところあと二日になってしまった。人気の都市ドゥブロヴニクと近隣国のモンテネグロへ。今回は、最初にモンテネグロに行って、最終日に、ドゥブロヴニク旧市街観光という二日間だ。

Photo_20200121092501

2019年6月16日日曜日、朝食を食べたらモンテネグロにバス移動。その前に、ドゥブロヴニクを一望できる山にスルジ山へ行くというメニュー。

ホテルの朝食、バイキング。朝から食べすぎ??

Img_6173

8時、ホテル出発。本来なら、ロープ―ウェイでスルジ山に登るらしいが、運休中ということでバンに分乗して山頂を目指した。なぜ運休かというと収賄とか賄賂とか?で運営会社が営業停止処分で運休、再開の目途は全く立たないらしい。

今現在は、どうやら運転再開したらしい。本来ならロープ―ウェイでの空中散歩気分が味わえるということだったらしいから残念。ま、快晴だったのでどこからでもアドリア海が望めたのは良かった。

ただ、バンがくねくねをすごいスピードで走り抜けたので写真撮れなかったよ。

ということで、山頂からの眺め。ここは、ガイドブックにも必ず掲載させる写真が撮れるビュースポットだ。

Img_6174

望遠で撮影する。旧市街だ。明日、あの城壁をぐるっと歩く予定。
Img_6179

見事な景観が広がっているが、このスルジ山山頂には、ナポレオン軍が占領時代に造営した砦があり、その後、クロアチア内戦の時に戦場になり、あちこちに、その痕跡があった。が、なんせ、団体行動で集合写真をそれぞれ撮影したら次に進まねばならぬ。砦の戦争跡などじっくり見学する余裕も撮影する余裕もなく、眼下の景色を撮影したのみ。今となれば残念だったけれど、旅ににはいくつかの残念があるから印象も深まるのだろう。

Img_6181

さぁ、出発だ。セルビアに隣接している。あの稜線沿いにコトルへ向かう。


Img_6196

車窓から。明日は、あの城壁を歩き、旧市街散策。
Img_6200

Img_6202

Img_6207

走っていると、廃屋、家の屋根がなくなった建物が散見される。クロアチア内戦の傷跡だ。セルビア人の家の屋根が見事になくなったまま放置されている。クロアチアのユーゴからの独立だけれではなくクロアチア内でのセルビア人との内紛などかなり複雑。


国境を越える。モンテネグロに入った。


Img_6210

いよいよ、モンテネグロは、黒い山と言う意味。そのモンテネグロの古都コトルへ。

リゾート地として観光客が多く訪れるそうだ。

Img_6214


コトル湾。ヨーロッパ最南端のフィヨルドと呼ばれているらしいが、本当はリアス式海岸とのこと。美しい景色が広がっている。コトルの旧市街はその湾の向こうなので、カーフェリーで移動。🚌に乗ったまま船にのるの。
Img_6217

カーフェリーを下りて駐車場へ停車。駐車場は旧市街から少し離れたところ。🚌を停める場所がないとのことで、少しあるく。向こうに見える
Img_6222

今回は、観光の前に昼食だ。港町ということで、魚料理。

Img_6226 Img_6228

どこも、シンプルな味付け。オリーブオイルと塩。そしてレモン。どれも美味しい✰古い建物を改築したお店で狭くてぎゅうぎゅうだけど美味しいから良し。


そして、だからこそ、ビールが旨い(笑)

Img_6227_20200121093401

デザートは、


Img_6229


お腹いっぱいになったところで、観光。え~だけど。続く

« はじめてのクロアチア・スロベニア8日間 その13 | トップページ | はじめてのクロアチア・スロベニア8日間 その15 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめてのクロアチア・スロベニア8日間 その13 | トップページ | はじめてのクロアチア・スロベニア8日間 その15 »