100名城スタンプNo.65《第157番八幡山》

2023年12月26日火曜日、実家8時50分出発。昨日は、三重県にある100名城スタンプゲット。


今回の帰省では、実家からの戻りに、近江を攻める予定。

まず、続100名城ではあるが、豊臣秀次のお城である八幡山城へ。戦国時代では外せない悲劇の城主だろう。

0_img_7180

山が見えた。山頂まではロープウェイ🚡楽チン(笑)

2_img_7197_20231227155501

スタンプは山頂駅にある。

 

3_img_7198_20231227155701

山頂は約30分で回れる。

 

景色は抜群。安土城も見える。

Img_7203


琵琶湖を一望できる。見事な景観が眼下に広がる。

Img_7202


下山したりお昼時。ここまできたら近江牛!


網焼きビーフ。

Img_7208


美味しく〜。ビールないけど😅

そのお店、もとはパン屋さんとのことで、フルーツサンドォおまけでどうぞと。

 

これがまた絶品。しっかり食べた後にこれはあかんやろ〜と思いつつ、美味しくて😋

Img_7209


松坂牛は食べそこねたけれど、近江ではゲット。歴史的景観の家並が続くが、安土城へ行かねばならないので、先を急ごう。

近江は、歴史上絶対はずせない場所だ。もっと時間を取りたいところだが仕方ない。急ぎ足だけれど、来てよかった場所だ。


続100名城 第157番八幡山城 23/100

続は、無理せず、押せればッて感じで続けるつもり。

100名城スタンプNo.64≪第48番松坂城≫

2023年12月25日、伊賀上野城押印した続き。

せっかくなので、もう少し頑張ってあと一つ。松坂までは同じ三重とはいえ2時間くらいかかるけれど走らせることに。

 

1_img_7172


山道を結構走った。

石垣が見事だ。

 

6_img_7178

 

本丸は、市民の憩いの場になっているようで、

3_img_7175


ボランティアなのか、お掃除をされていた。

5_img_7177

 

スタンプは、お城跡にある資料館が休館日だったので、豪商のまち松阪観光交流センターへ。駐車場を探すのに手間取ったけれど何とか駐車。

7_img_7179

松阪に来たからには、松阪牛!。交流センターの方に聞くと親切に教えてもらった。歩きはじめると、わざわざおっかけてきてくれて、不定期で休みがあるからあらかじめ電話して、って。親切。

案の定、電話かからず。時間を観ると14時近い。ランチタイムは、どこのお店も終わってるよなぁ。ということで、松坂牛は断念。

帰り道途中にあるファミレスで遅い昼ごはんを食べて帰路に着く。

年寄りをのせて、遅すぎる昼ご飯、あかんやろ~。だけど、それに全部ついてくる母。元気だ。


百名城スタンプ第48番松坂城 63/100 

100名城スタンプNo.63≪第47番伊賀上野城≫

2023年12月24日、仕事納めをして帰省した。今回も、前回に続き、ひとつミッションがあったので車での移動。

2023年12月25日、Christmas。だけどなぜかお城スタンプ押印へ。No.62の続き。

母が今回もついて来たそうにするので、車に積んで出発💦

いろいろ行き方はあるが、一般道を一路走らせる。

伊賀上野城。母付なので、伊賀忍者屋敷とか、散策は割愛。とにかく、押印して、本丸だけはいかねば。母は車の中。急げ。

伊賀上野城は、1585年、筒井定次が建造。その後、藤堂高虎城主となった。

 

0_img_7163


なんせ荷物があるので、押印だけして天守には入らず。ここは天守にはいらなくても押印できたので。ゴメンナサイ(^-^;

0_img_7165


この天守は1935年(昭和10年)再建されたもの。堂々として美しい。

1_img_7164


見どころは、日本一の高石垣だそうで。でも上からは恐ろしくて見下ろせなくて・・・。

2_img_7167


伊賀上野の駅前も、城下町として面白そうだったけれど、とにかく荷物があるので、いろいろ割愛。


もう一つ行けそう。とにかくせっかくなので三重コンプリートするべく移動。


100名城スタンプ第47番伊賀上野城 62/100

No.64に続く。

100名城スタンプNo.62≪第45番岡崎城・第46番長篠城≫

2023年10月24日火曜日。

今回の一番の目的を果たし一路名神を東へ向かう。途中、100名城スタンプ、押せるだけ押そう。


岡崎城。言わずと知れた家康が生まれた場所。

 

0_img_6812_20231024220901

家康・竹千代ベンチ。ここに座ると出世できるんだって(笑)

岡崎城は、どうする家康で大盛り上がりで、大河ドラマ展開催。結構な人出だった。

天守閣は、1959年再建。

3_img_6815_20231024221001


天守閣に入場しなくても押印できるので・・・。天守閣登楼は割愛^^;

1_img_6814_20231024221001

前に押していた人の不審な動きに気を取られ、なんてこった!押印場所を間違えてしまったよ~~


一つの名古屋城に押しちゃった。名古屋城はいつでも行けそうなので、まだ押してなかったの。気づいたのは、次のお城に行って押印しようとしたら行ったはずの岡崎城が空欄になっていたから。ええ??ドキドキ。

4_img_6820_20231025081201


名古屋城に行ったときに、岡崎城のところに押すしかないよね😢

長篠城はホントなにもなくて、一応資料館があるけれど、休館日だし。言わずもがな。人はいない。どうする家康で、岡崎体育さん扮する鳥居強右衛門が落命した場所だ。


5_img_6823

 

6_img_6822_20231025081201


関西から、今日はここまで。本日掛川泊まり。

どこかで晩御飯、と思っても、なかなかなくて、一つ行ってみたら満席。かガラガラか、という何とも言えない街。結局掛川駅になる魚民で。ってなにも掛川で全国チェーン店でなくてもいいのに(*_*;

7_img_6825


100名城スタンプ 第45番岡崎城 60/100
100名城スタンプ 第46番長篠城 61/100


100名城スタンプNo.61≪第55番千早城・第166番宇陀松山城≫

2023年10月23日月曜日@奈良。

定例の用事を済ませてスタンプ押印へ。


千早城は、大阪府と和歌山の県境あたりにある。奈良からは、いろいろな行き方があるが、行きはとにかく一般道で、斑鳩、を横目に竹内街道

で、千早城を目指す。🚗だけど・・・。なので、なんのありがたみもなく、スイスイだった。

千早城は、峠を越えてさらにくねくねと山道を行く。スタンプはというと、お豆腐屋さんにあるとのこと。お豆腐をゲットしてからスタンプ。夜や当然湯豆腐にした。

楠木正成築城のお城。城跡は、このスタンプ設置のお店から登山道のようなところを約30分ほど登るとのこと。なんのトレッキングの用意もしていないし、物見遊山で超高齢の母まで車に乗せているので💦登山口だけ撮影。結構それなりの装束の人がチラホラ見かけた。


 

0_img_6792

 

1_img_6795


あの、山の中に城跡があるらしい。

2_img_6794


とにかく車じゃないと行けないお城のスタンプをゲットできたことで良しとしておこう。

奈良に戻る。母の実家のある大宇陀まで車を走らせる。続100名城、第166番宇陀松山城。

なつかしい家並だ。子どものころ母が実家に帰るたびに連れていかれたので覚えている家並と変わらない。

3_img_6808


スタンプゲット。本当は城跡まで登りたかったが、

1_img_6802


ここを登ると城跡。だけど、諸事情によりここまで。

2_img_6805

 

大阪から奈良への途中で遅いお昼ごはん。なぜか、鰻。


0_img_6801


100名城スタンプ  第55番千早城 59/100
続100名城スタンプ 第166番宇陀松山城 22/100

 

100名城スタンプNo.61《第59番姫路城》

No.60の続き。

2023年9月1日、予定していた最後のお城。

言わずとしれた国宝姫路城。

4_img_6480


3_img_6479_20230903110601


堂々としている。

0_img_6452

 

1_img_6457

さすが国宝の貫禄。お城ここにあり、って感じ。

ここに到着したのが16時過ぎ。当然、姫路城は以前上ったことがあるので、天守閣は外から眺めるだけに😅


なんか、違う気もするが、とにかくスタンプよ。スタンプ設置場所閉館は17時。よかった。


1_img_6455


夜は、ホテルにお店があったので、そこで。天ぷらの専門店。

6_img_6485

 

天ぷらのコースとヒレカツ(関西では当然牛肉の)のセットにしてみた。

5_img_6484

この日は、約20,000歩。くたくただったが、三つゲット出来て美味しく飲みました(笑)

第59番姫路城 58/100

少し進んだ気がする??

 

 

100名城スタンプNo.65《第60番赤穂城》

2023年9月1日、二つ目のお城。

JR明石駅から、赤穂へ。赤穂は、姫路駅から山陽本線に乗り換え。1時間に1本😅

JR播州赤穂駅下車。赤穂義士の町で、至る所赤穂義士だらけ😅

6_img_6450

お城までは歩くしかなさそう。

大きな建物があったのでお城かと思ったら

5_img_6442

あの、家老大石内蔵助さんの家だった。お城はまだまだ先。

あの刃傷沙汰の知らせを受けたのはこの門でだそうだ。(大正時代再建)

人いないし、暑いなか頑張って歩いた。ようやく到着。 

 

4_img_6443


まずスタンプ。

3_img_6444

 

天守台へ。天守閣は建てられなかったそう。台のみ。

 

見下ろすと、お城の間取りが、わかるようになっている。

 

1_img_6445

 

2_img_6446

また、駅へ。暑くて、倒れそう〜。でも、カフェもないし、お店至る所潰れてるし。

 

地元の佃煮屋さんがセルフのカフェをお店の隅で開いていたので、

 

0_img_6448


柘榴のソーダ。生き返ったよ👍

 

駅には、ストピがあったので少し弾いてきた。

 

7_img_6451

また、一時間に1本の電車で姫路に戻る。電車は、混んでるの。学生さんたちの足のようだ。一時間に1本だから乗り過ごしたら大変。
赤穂の駅も街も閑散としている。塩と義士だけでは、廃れる一方。つぶれてそのままになった店舗も多数あり。コロナ禍を乗り越えられなかったのかなんなのか・・。


スタンプ押印の旅をしていると、普通の観光地巡りとはまた違った面に出会う旅でもある。

第60番赤穂城 57/100

100名城スタンプNo.64《第58番明石城》

2023年9月1日。

法事で帰省。法事の場所が姫路なので、兵庫の瀬戸内海沿いの三つのお城スタンプをゲットすべく新大阪に降りた。

まずは明石へ。新幹線新大阪駅から新快速で約45分。

JR明石駅に降り立つと、プラットフォームから、堂々としたお城がみえる。

コインロッカーに荷物を預けて、歩く。近いとはいえ、暑いし🥵

0_img_6432

ホント、駅の横断歩道渡ったらあるの。


まずは、スタンプゲット。

1_img_6433

 

本丸目指して石段を登る。

 

向こうには淡路島。って、近ッ!💦

3_img_6436


明石海峡大橋と1691年建立、現存している巽櫓。

2_img_6435


九州のお城や、東北のお城の記事がまだアップできないままなので、後日、記事更新出来た暁には、ナンバリング、したいなぁ。

とりあえず、第58番明石城 56/100

 

 

100名城スタンプNo.61《第7番多賀城・第8番仙台城》

第54から第60番までは下書きなので💦先に、今回の旅をアップ。



2023年8月8日火曜日。仙台に来た。まずは、多賀市を目指した。

朝、7時前に出発。約5時間のドライブで到着。さすがに仙台は首都圏からは遠い。ナビも最後は到着しましたとさじをなげ、ようやく、たどり着いたスタンプ押印場所。

暑くて人、いません・・・。

 

6_img_6205

暑い。広い。さえぎる物ない。

Img_6211


この既視感。

そうなの。平常旧跡のような感じ。でも、ずっと狭いけど。

Img_6210_20230809173101

 

7_img_6207


それもそのはず、700年代に建造されたの。そして、発掘調査が終わって、この残念感一杯の史跡。

でも、頑張って、いろいろ建造中だ。観光地として成功して欲しい・・・。

そして、昼食後、いよいよ仙台へ


スタンプ設置場所は、仙台城見聞館。そこまでにたどり着くのに、誘導された道がう回路とか言って東北大をぐるっと一回りする感じでひた走る道。東北大恐るべし。お城の中に東北大があるのか、東北大の中にお城があるのか、というくらい一山全部東北大と仙台城って感じ。

車はすべて少し止めるにも、駐車料金が必要でなんとか駐車。

 

 

Img_6218

 

スタンプ設置場所は、うやうやしくスタンプが置いていある。100スタンプ全部押印した一覧表があるんですけど・・・。

ここまで来たら、伊達政宗の像は撮影しなくちゃ。

3_img_6225

 



眼下には広瀬川。杜の都と言われるにふさわしい雰囲気。

 

 

Img_6227_20230809173601


そして宿にチェックインしたあとは、期せずして、七夕祭りに行けるという幸運。

晩御飯は、素泊まりだったけれど、ホテルのレストランに予約。もう疲れちゃって食べに出る気分じゃなくて。


 

2_img_6298

 

0_img_6299

 

1_img_6303

こんな感じの一日目。いろいろ盛りだくさんだった。

100名城スタンプ第7番多賀城  53/100
100名城スタンプ第8番仙台城  54/100

2023年の桜その5@佐賀城

2023年3月29日水曜日。

快晴の福岡。昨日青いソニックに乗って大分から博多へ電車移動。博多泊。

今日は、レンタカーを6時間借りたので、佐賀へ。

佐賀城の桜。お城には桜がお似合い。

1817c1c80cf94aeebe9315c2fd5cd55b

佐賀は、広い広い平野だ。ずっと桜並木が続いていた。

27a858592a044b99b7a961d4d0a73f09


より以前の記事一覧