お茶のお稽古No.37(12月2回目)

2022年12月14日水曜日、お茶のお稽古。2022年最後のお稽古だ。

 

Fbb47f3326f640658ab19a91afcac03c

更好棚による濃茶点前。

お菓子は、肥後ツバキ、照り葉。これまたグラデーションが美しい。

お菓子は、風花。

お濃茶は三度目。照りが出るまで練る、と師匠に言われる。その意味がいまいちわからなかったけれど、練っているうちに少し感覚がわかってきた。なんでも、お稽古だってのはわかるが、行くだけじゃぁってのもわかるが。ま、ボチボチ来年も楽しくお稽古(行くだけだけど)を続けたい。

お稽古が終わったら、またまた先生に初釜の念を押される。一昨年はコロナで中止。昨年はめでたく用事が入っていて理由があったので不参加。今回は、不参加の理由がない!逃げ場は無くなった。


初釜と言えば、着物よね。着物無いし。。。お洋服でもいいのよ、と先生はおっしゃるが。そういうわけにもいくまい。言外に、この際これからも必要だから用意したら~?な雰囲気が漂ってきて。

帰ってから着付け教室探してみたが、付け焼刃で教えてくれるようなところはなく。どうする?初釜。こうして、どんどん懸案事項が増えて年越しどころではない。チーン。

お茶のお稽古No.36(12月1回目)

2022年12月7日、お茶のお稽古。


師走だ。師匠も走る。先生はゆったり構えていらっしゃるが。私はなんとなく、焦る。焦っても焦らなくても同じだけど、お稽古してる場合か?と耳打ちされている気がする💦


536e19480eef471b84baba8f4b741dcf

炉での薄茶点前。

お軸は、無事是貴人。

お花は、ハシバミ、ハツネ。花入れは砧。

上級者は、流し点てという作法でのお点前。私は、フツーのよ。もちろん。

お稽古のあと、先生から、初釜のお話が。初釜!どうする?初釜・・・。こうして、悩む種が増えて行く今日この頃。

お茶のお稽古No.35(11月2回目)

111月16日水曜日。11月2回目のお茶のお稽古。

7c130e9eedb947018e7b0689123c0e6a

1回目と同じしつらえ。お花は、トサミズキ、照り葉。
お菓子は、吹き寄せ。 何とも可愛らしい。

床の間に飾ってあるお写真は、hichaさん撮影の皆既日食。素晴らしいショットだ。

後灰のお稽古をするのを拝見。一応お客も、にじり寄って炉をのぞき込むお役目があるの^^;

私は、濃茶点前。まだまだだ。当たり前だけど。

お茶のお稽古No.34(11月1回目)

2022年仕事納めをしたので、下書きで溜めていた記事を更新中(爆)

2022年11月9日。炉開きだ。

とはいえ、私は特に何をするではない(何もできないが・・。)


E6a36d4820e94feba26414d30f973e14


お軸は、閑坐聴松風

お花はトサミズキ。

Dff18790c81844f0a044cda67326c624

お菓子は、記録し忘れた。多分芋餅??

そして、開炉の日は、先生お手作りの、お善哉をいただく(関東ではおしるこだね)習わしとのこと。私は初めてなので、昨年はどうしたんだろう??

ということで過去記事を探したら、どうやら昨年は、11月は1回しかお稽古行ってなかった。そもそも一昨年11月はお稽古スタートの月だった。11日だったのでおしるこはなかったのかな。

そして、2年前のお稽古始めの記事をみると、同じお菓子だったけど、お菓子名は記録していなかった。記事の書き方だけは進化した?(笑)

お茶のお稽古No.33

2022年10月26日、10月2回目のお茶のお稽古。

 

552c0d281b3a496a82a3641c32250c1c

お花は、ミズヒキ、フジバカマ。


濃茶点前だった。お濃茶を点てるのは二度目。なかなか難し。作法はどうであれお薄を点てるのは、多分上手だと思う。きれいに泡を点てられるので。でも、お濃茶はそもそも量からしてわからん。


画像は、更好棚。上級者は茶通箱(さつうばこ)を扱うお点前。

お菓子は、山装う 彩が美しい。


気づけば、風炉出前は今年今日が最後。次のお稽古からは炉になる。。。季節は進む。

お茶のお稽古No.32

2022年10月12日水曜日。お茶のお稽古。9月は、NYにいたので1回しか行けず。久しぶりのお稽古だった。といつも言ってるかも^^;;

そして、たまりにたまった過去のお茶のお稽古の記事も、すべてアップロードできた。やろうと思えばできるじゃない。

NYから戻っていつもの日常が戻ってしまうとなかなか更新できないけれど、記事書いておくとやはり備忘録としてとても良いなと感じているので、少しでも更新したいなと思っている。今日は〇〇しました調だけど💦

 

E917e46b9e52446bb82de4e1f65fbdd7

お菓子。今日は二服いただいたので。一つはhichaさんのおもたせ。

4089ace49a5844b0b0d60bfb87695967

五行棚でのお稽古。

五行とは、木火土金水のこと。宇宙だ。森羅万象をお茶で表す。う~ム


十月は名残の月で夏を惜しむということで、お花も実のあるものも飾れるとのこと。ナデシコ、シュウメイギク、ワレモコウ。可愛らしい虫籠という花入れに飾られている。

お菓子は、栗づくし。栗のマンマだね。

二服目は、ベテランさんのお点前のお稽古を拝見しつついただいたが、さっぱりもってわけがわからないのもだった(涙)さすがに、お稽古をはじめてまもなく丸二年。いつまでもできません、わかりません、では済まない気がしているが。。。ピアノだって何十年していてもモノになるわけではないので、ま、続けることに意義があることにしておこう。

お茶のお稽古No.31

2022年9月4日日曜日。日曜日だけど、お茶のお稽古行ってきた。今週末からNY。その前に一度は行かないと。というのも、8月はお稽古先生のご都合でお休みだったので。

日曜日のメンバーもベテランさん
ばかりでその中に入って肩身が狭いが、みなさんにフォローしてもらってなんとか・・。


上級のお稽古のために、棚もあったが、ベテランさんたちは、茶箱でのお稽古。私も。

F5a634da8bcb44e7b95250061a92a6a4

 

 

3d33cfbab3984c3ca578366fae0e4a2b

お菓子は、月うさぎ。秋だ。まだまだ暑いけれど。

さぁ、週末にはNYだ。とついバタバタ過ごしている。

お茶のお稽古No.30

2022年7月20日水曜日、お茶のお稽古。

 

00c356197d554dbaadf18e14276f283b

 

桑小卓でのお稽古。

お花は、キキョウ、イトススキ、ムクゲ、ヒメトラノオ、リョウブ。

お菓子は、露草。

お茶のお稽古No.29

2022年7月13日、お茶のお稽古。

6月二回目のお稽古は、具合が悪くて(膀胱炎からの倦怠感半端なく)お休みしたので、また日が空いてひと月ぶり。

 

忘れてるよね😅

3bf6c019f7524a038f6167b812d3807e

桑子卓。

お菓子は鬼火。へたは、甘い小豆。上手く出来てる。さすが、日本の和菓子は心にくい。

お茶のお稽古No.28

2022年6月15日。お茶のお稽古。

 

482d29b5a2124ac6b1167391cf218cfb

携帯を忘れて言って、記録出来ず😰

 

画像はhichaさんに撮ってもらったよ。

お菓子は、去年と全く同じ💦

 

というところまで下書きしていてアップを忘れていた・・。もうすっかり忘れ去っているけど。とにかくアップしておこう。