お茶のお稽古No.18

2021年11月17日水曜日。お茶のお稽古。

風炉で柄杓の扱いに四苦八苦していたので、炉になった時のお点前をすっかり忘れ去っていた・・・・。

1117

炭付き花月というお稽古からスタート。

一種のゲームと言われたが。札をひくだけでも大変💧



ま、とにかく、おろおろしながらお薄を点てお茶をいただいた。

ようやく終わったと思ったら、次がホントのお稽古だって・・・。ということで、hichaさんにお客さんになってもらって点てた。hicha師匠からは手取り足取りの厳しい?ご指導をいただいた。あきらめず教える姿勢をみならわねば(笑)

お花は、セイオウボとトサミズキ。かれかけたこのトサミズキ。これを照り葉と言って、この一輪に、現在過去未来があるそうだ。新芽があり、枯れた葉があり、生きた枝がその三世をあらわしていてそれを照り葉とする。


花器は、古曽部焼。古曽部焼は、大阪、高槻市の焼き物で、大正初期まで続いていたが、途絶えてしまったものを、昭和になって寒川さんというかたが復興されたとのこと。曲線が美しい。

お菓子は、惜秋。

今月は、14日に弾かなくてはいけない場があり、それにかかりっきりになっていたので、水曜お稽古はこの日のみ。次は12月。

昨年の11月にスタートしたお茶のお稽古は、一年経った。季節を一巡したわけ。毎回変わるので全く身に着かないってことよ。二巡目はどうなるやら。とにかく続けることに意義を見出そう💦





お茶のお稽古No.17

 2021年10月24日日日曜日、お茶のお稽古にいってきた。四日前に行ったばかりだけれど。四日後だらか少しは忘れてないかと思ったけれど、逆に進歩がないことが分かった(笑)

1024_20211118103901

風炉、今季最後のお点前。前回に続き、立礼席のお点前も。

お花は、ホトトギス二種。白と紫。ミズヒキ。

お菓子は、山粧う(やまよそおう)。水差しは、モダンだ。羅針盤になっていて、Nをちゃんと蓋する時に合わせる。

来月は、もう炉開き・・・。風炉が何一つ身に着かぬまま季節は進む。

お茶のお稽古No.16

2021年10月20日(水)。お茶のお稽古16回目。

今月も、演奏会もあるし、あいかわらず室内楽の練習もあるし、動画提出も、5月から大変だったにもかかわらず、継続を決めてしまったので(卒業してもよかったのに・・・)動画提出のための練習もある。

ということで、今月も1回かなぁ~と思いつつ行ってきた。

10月は風炉の最後。ということだけれど、その画像は忘れた。立礼席でのお点前の二種。一つでもおぼつかないのに・・・。

風炉は、暑い季節だから、客から遠くに置くのだけれど、10月ということで少し客の近くに。畳の中央に、客に近づいて設置する中置きということらしい。となると、水差しのおき方も形も変わる。水差しは細長い形状になる。けど、写真忘れた・・・。


Img_1049

お花は、ミカエリソウ、ジュズサンゴ、ミズヒキ。わざと虫食いの葉が飾られている。10月は“名残の月”ということで、その虫食いがとても風情ある、のだそうだ。風流・・・。

お菓子は、栗薯蕷。中に栗が丸ごと(切ってあるが、丸ごとに見立てて入っている)入った大きなお饅頭。

私はというと相変わらずで。ふくさのさばき方から、何から、出来ない・・。柄杓一つにしても構え方が出来ていなく。うちの生徒の気持ちがとてもよくわかる・・・・・💧

ま、なんでも継続なので。




お茶のお稽古No.15

連日、ほぼ、引きこもりを続けている。なぜかというと、5月にスタートした、教材研究の会の課題の動画提出に追われ(2週間にほぼ毎回4本動画を録画する。そのためにはどれだけ練習せねばらならないかというと。。。ふ~)、室内楽では、分不相応の曲2曲に追われ、あげくに、仕事は目いっぱい。そのほかに、ソロの練習もあり、(こちらは、9月と10月に発表会がある・・・)。一日の大半を防音室にいるわけで・・・。

世の中は緊急事態宣言下だけれど、私自身が、この半年緊急事態宣言中という始末💦

お茶のお稽古は、9月後半にあるということだった。私はますますタイトになっていく中、お稽古お休みしようかとも思ったけれど、日曜日なら行けるということで、日曜日に初参加させてもらった。当然初めてお会いする方ばかり。ドキドキだった。だって、出来ないもん。

ま、すぐ、わかることだけどね。

Img_0963

9月なので、お月さま関連のお軸と、

Img_0962

猿猴(えんこう)が月(つき)を取(と)るという故事から、床の間には、おサルさんがかかっている。

お花は、ヤハギススギ、ワレモコウ、シュウメイギク。

お点前は、茶箱。おままごとのようなお道具が美しい。いろんなお手前があるけれど、私は卯の花という初心者向けの茶箱のお点前。柄杓扱いがないので楽だ^^;;

Img_0960

お菓子は、


Img_0964

虫かごに入った、うさぎ饅頭。この虫かごは、開けると虫が鳴く仕掛け。本来はお干菓子に使うそうだけれど楽しませてもらった。

他に、金平糖とおもたせのおすそ分けもいただく。

今月は、この1回だけ。こんなことじゃ、上達は望めないけれど、行くことに意義?な感じでご容赦を。



お茶のお稽古No.14

2021年8月25日水曜日。

8月お稽古2回目。今日はベテランお姉さまがご一緒だった。お軸の漢字を読んでくださった。

Img_0848

独座大雄峰。意味は自分で調べてね、といわれてそのままになっている。。。。

お花は、ワレモコウ、イトススキ、シュウカイドウ、ムクゲ、あと一つは不明。

Img_0847

今回も、名水点てというものだけれど、私は初心者の普通の薄茶出前。ふ~~・。

Img_0850

お菓子は、りんどう。横のお菓子は、おもたせのおすそ分け。


お茶のお稽古No.13

2021年8月4日水曜日、お茶のお稽古だった。


先生のご都合で、7月はお稽古お休みでほぼ2ヶ月ぶりのお稽古。


家で予習復習するわけではないので、こんなに空いたら忘却のかなた。一からと同じ状態😰


ま、細く長くって事で。

E0c4b804b7c44bb2b7aa9c77b1d229d2

お軸は、ええっと、モタモタしているうちに説明が終わり、お花はオミナエシ、シオン、イトススキ、ムクゲ、シュウカイドウ。


他の方はメイスイダテ、というお手前。??


お茶杓は、八代ユウゲンサイイットウ ??


唐人傘ってメモ書きがあるから、多分これは、花入のこと??


お菓子は大丈夫。風流うちわ。他の方がお菓子の名前を忘れても、私は言える💪てか、それしか頭に入らない💧 

でも、久しぶりのお稽古は、楽しい。あの時間、空間が貴重だ。

お茶のお稽古 No.12

どんどん、書くことがたまって、そのままになって行く毎日。とにかく、ピアノに関わる時間が長くてアップアップしている。相変わらず、レッスンは目いっぱいだし、動画撮影は二週間後とに4本、というのは変わらない。ネットテレビもみなくてはいけない。夜のオンラインヨガもせねばならぬ。

 

と愚痴っても仕方ないのでできることから粛々と事務をこなす・・・。

2021年6月9日、お茶のお稽古 12回目。すっかり忘れ去り。とにかく、私は初心者💧

その場で、iPhoneメモに記録しているのだけれど、今さかのぼって読んでも、なんのことかさっぱりわからん。

うずやっきと書いてある。???状態で今調べると渦薬器だって。思い出した。お棗に渦が描いてあったなぁ~みないな・・・。

そうだ、棗がいつもと違うものだった。


Img_0451

お花は、クガイソウ、ナデシコ、シモツケ、コアジサイ、ヤハズススキ。11種類まで活けることができるらしい。だいたいいつも5種のお花だ。

お菓子は語れるよ(笑)

Img_0452

青梅。まるで本物のようだ。和菓子も奥が深い。

行くだけ、家で練習していない。ああ、まるでうちの生徒と同じというのも情けないけれど、行くことに意義があるってことにしておこう。

お茶のお稽古 No.11

2021年6月2日。お茶のお稽古11回目。もう6月。今日はいつものメンバー3人でのお稽古。

そして、お茶のお稽古は、さっぱり上達しないまま11回目となった。

Img_0418

風炉。

お軸は、夏らしく力強く流れる感じ。説明は、忘れた・・・。

Img_0420

花入れは、三友籠。

Img_0419

イワシャジン、コアジサイ、シモツケ、ナデシコ、イトスギ。

これだけが楽しみ?

Img_0421

お菓子は水無月。氷室の氷を模している。小豆は、藁が氷についている様。お菓子の説明はしっかり頭に入る。どういうこと?興味だけの問題ではなく、全く知らないことは、聴いても素通り。知識がないと、まったくキャッチできないわけ。ましてや、一度聞いたくらいでは、定定着するはずがない。一番、馴染みがあることは、やはり食だからその分自分自身の知識も他のものより多いということ。

これは、他のこと、指導する側の立場のときに常に頭に置いておかなくてはいけないことだ。

相変わらずもたもたした柄杓の扱いでなんとか薄茶を点てた。

お茶杓のご名を言わねばならぬ。付け焼刃で行く前にちょこっと考えていった。

“紫陽花”と言ってみた。直接的すぎて、ダメだって~。お茶お稽古手帳に記載されてたのに。知らんがな💦



アジサイなら、別名を言ったり、アジサイを連想するものを言うとのこと。深い、深すぎる・・・・。先は遠い。先ってたどり着くところはないのがお稽古だけど。

お茶のお稽古 No.10

2021年5月19日水曜日。お茶のお稽古、10回目。

今日は、hichaさんと二人だった。先生がいらっしゃる前に、例の柄杓の扱い。個人レッスンしてもらった^^;;;

結局、全く活かせなかったが。一朝一夕でできるはずもなく。多分、シーズンが終わるころになっても、出来る気がしない。


Img_0355

今回も、前回と同じく、棚があった。

Img_0356

お花もカッコいいなぁ。

そして、今日のお菓子は。

Img_0358

麦手餅。麦秋といわれる6月。麦の収穫が忙しい時期。手でもって食べるところところからつけられた名前。くぼみが多分手に持つところなんだろう。お茶室では、手でもってはいただかないけれど。お菓子も季節先取り。


お茶のお稽古 No.9

2021年5月12日水曜日、お茶のお稽古9回目。まだ、9回なのか、もう9回なのか、それはわからないが、とにかく、今日は頼りのhichaさんがいなくて、私一人・・・。そしてご一緒は、超ベテランのお二人。計3人でのお稽古。


水屋仕事も皆目わからず、茫然と立っているだけの私(もう9回目なのに)。お二人に、手取り足取り(情けない)。まだ初心者なので許してもらっている(まだ9回目)。

そして、なんと、5月からお釜が変わる。風炉だって~。季節先取りのお茶室、だからね。

Img_0338_20210526105501

先生から、なぜこうなるか、説明を受けた。ま、とにかく、暑くなるから、お客様からお釜が遠くなるよように。そのためいろんなものが増えている・・・。

覚書。宇宙語のような名詞の数々。台子(ダイス)は、これは真台子。塗なので。これは私にも“真”とわかる。なんでも、真行草のランクがあるのはわかってきた。

初炭→この意味はわからない。お釜はアブラヤガマ。由来を伺ったが忘れた。

私は、火箸など使えるはずもなく、いろいろ省略してのお点前だったけれど、一番やっかいなのは、柄杓の扱い。切る、だの、あれこれ上から持つだの、横からだの、ひっくり返すだの、全くわかるはずもなく。とにかく、わけのわからないままお稽古終了。ふ~。

この風炉は、5月から10月まで続く(らしい)。

Img_0334

ホタルブクロに、ビロードソウ、ショギク、センダイハギ、ショウマ、ズイナ。すべて先生のお宅のお庭からの調達。素晴らしい!

一番の楽しみは、

Img_0337_20210526110601

濡れ燕。これは、お饅頭なので、手ていただく、とベテランの方からご指導。すかさず、一口でパクっと食べちゃだめと、ダメ出しが入る。一口大にちぎって。さすがに、私もそれはしないけど(笑)

お茶室の中に、季節を感じる、お茶室は世界、宇宙、まではとても感じるところまではいかない(そういう境地になれる時が来るのか?)が、一瞬を楽しみたいと思っている。