パティちゃん in MoMA(NY滞在16日目)

2022年9月25日日曜日。

 

いつものように子守りを兼ねて移動。今日は、パティちゃんMoMAデビュー💦

って言ったってわからないだろうと思うけど。パティママが行きたいって。

 

パティちゃん、パティママ、パティ婆と四人で出発。パティちゃんは家でお昼ご飯を食べて出発。移動の間にベビーカーで寝たので、私たちが昼ごはん。

人気店なのか混雑。でも、すぐテラス席を用意してくれた。

 

どうこのボリューム。

 

5dfe9a6175ec4e14bde9fbdc78dd0ba0

 

これにフレンチトースト。

 

Ac40198fde1146db89aacc28e56e19bd

 

すごく美味しかったよ😋

この二品を三人でシェア。お腹いっぱい。

パティちゃんが寝ていたので、ママもゆっくり食べられた。久しぶりにゆっくり食べられたって(^_-)-☆

 

さて、MoMAデビュー。今のパティちゃんにとってどうよ?とは思いますが、駐在中にぜひ何度か来て欲しいなぁって思う。

私はというと、この絵に会えただけで満足。なぜならこちら


Fb9bf4cbb3a7420bb43fffc948a447f3


前回来た時のことで、また来たい、感動とか書いてますが、今回は、絵を観てるどころじゃなかったの。Storeはもう昨日来たし。。。

 

とにかく、過去記事を読んで、MoMAのよさはどうだったか、再確認している次第。書いとくもんだね>ブログ💦

 

86aae8bf2bb04e4cade847c6439934e0

 

18edf106d128475baeaf70b1729f6534


Harry Potter AND THE CURSED CHILD in NY

2022年9月21日水曜日、NY滞在11日目午後。

 

今回の滞在中最大のお楽しみ。Harry Potter AND THE CURSED CHILD観て来た。@LYRIC THEATRE

 

E18678f83af84debb4318576dcf59cf8

39d589a2bafc44338b8685ff4638d9e4

 

Cba9c3686f384df5a6a2e98b0d7d09d0

C06424bbc66b483f87fbcbb7d6dd65ff

開演前の舞台

324a805cfdc94f3884d58220205d25da

後半前の舞台

 

2f5b856e0e21496093e9354880f6e7c8

 

 


すごかった~。英語わからないけど。ラスト泣けた~。英語わからないのに・・・。

ああ、英語分かったらなぁとしみじみ思ったよ💧

原作は、途中までしか読んでいなかったし、映画も観ていない。予習も中途半端だったけれど、装置のすごさ、仕掛けのすごさはもとより、長セリフのやり取りに感動した(英語わからないけど)。

場面転換も無駄がなく、大道具の階段を使ったやりとりも見事。ネタバレは書けないのでここまで。ぜひ、見て欲しい舞台だった。ロンドンにも行って観てみたい~。

おまけの私^^;;元気です。

732f591c19be45e68bf3909ce9bbb972


嫁ママと二人で観劇。観劇前に劇場近くのカフェでお昼ごはんを食べた。これ、一人分をシェアして食べた。半分で十分。

66af8b2250f64b2c8e4614671b9fe5ad

余りの舞台の良さに感動したから、帰りの道すがらに一杯という話になったのだけれど、なんだか街は交通封鎖で騒然。大渋滞も起こしていて、アベニューを横断できない状態に。国連サミットだったようだ。メディア取材もいくつかみかけた。バタバタ日日常を送っているから、そういうことからトンと疎くなっている。

残念ながら、乾杯できずにお開きとなり、帰ってステーキを焼いた次第。


上原ひろみ ザ•ピアノ•クインテット

22021年12月27日(月)、上原ひろみ ザ•ピアノ•クインテット JAPAN TOUR 2021“SILVER LINING SUITE” @Bunkamyra オーチャードホール、行ってきた。

Photo_20211231211901

客席は、グループごとに間隔を空けた配席で、ゆったりだけど残念。

感想はすごいの一言! 

PPの素晴らしさ。ピアノはPPが生きてこそ、を再認識。今年のしめくくりのコンサート。

開演前に、渋谷の居酒屋で少し。5時過ぎだったけど、渋谷はすごい人出で、少々怖くなり、終演後すたこらサッサと帰ってきた。

お雛祭り

2021年3月3日。お雛祭り。

 

このケーキは、2日の夜にいただきました。

 

D25bd011f5ed49efbf3cda91db712ac2

今年のおひなまつりは、初節句を迎えるサリーちゃんと、帰国して初めてのひなまつりのルーシーちゃんのために。。集まれないので別々にお祝い。

サリーちゃんは我が家にやってきた(お祝い目当て?笑)。

ルーシーちゃんには、ちらし寿司を作って菜の花の辛し和え(子どもにはほうれん草の白和え)、ハマグリのお吸い物、などなど作って届けた。結局、何度もちらし寿司も、あえ物も、あれこれも、作る羽目にはなったけど、自分のためのお雛祭りは、ないな。

娘のひな人形を処分してしまったので(人形供養に出した)、その時はとても管理できないし、と惜しくはなかったのだけれど、可愛い小さい愛らしいひな人形をあちこちで見かけると、とても欲しくなってしまった。この歳になると、かえってそういう気持ちになるのかな。後悔先に立たずとはいえ、冷静になったらあの大きい人形はとても無理だよとは思うけれど。

来年は自分のために小さい小さいひな人形を買うぞ!と決心した。

ハプスブルク展へ行ってきた

2019年12月25日。ピアノの先生仲間との忘年会へ。私はせっかくのフリーなので(平日のフリーは貴重だ)、集まる前に、上野のハプスブルク展へ行くことにする、とお仲間に言うと、一緒に行ってくれるって。三人で行ってきた。

ハプスブルクと言えば、そう、マリアテレジア、マリーアントワネット、エリザベート・・・。私の知識はた・か・ら・づ・か(爆)

そして、やっぱり、それは大正解。みよ、この掲示!

入り口。

De4ee7ee98564e7fb67081709820b536


会場内入り口には、

Fe026ca25b694faaa69edc771267e027


個人的にはイヤホンガイドが花總まりさん、落ち着いたガイドでよかった~。宝塚の舞台を思い出した。その時よりもより落ち着いた雰囲気、女王が出来るのはあなただけ。

終わって会場を出てみると、おじさんに声をかけられた。建築ツァーが始まるから参加しないか?とのこと。お茶する予定が、なぜか参加することに💦

建物になんの興味もなかったけれど、そして、少々説明がくどくて面倒だったけれど^^;;参加してよかった。知らなかったことを知る楽しさ。興味のある方はぜひ参加してみてください。次に西洋美術館の前を通ったら違う視点で観られると思う。

そして、今日のホントの目的へ。続く。


シフコンサート

2019年11月7日木曜日、ピアニストシフ•アンドレアーシュのコンサートにいってきた。初台のコンサートホール。

プログラムは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を二日に分けて演奏。ホントは連日通いたかったけれど、なかなか難しいものがある。

街はクリスマスイルミネーション。

Photo_20200614152301

コンサート前に少し(笑) シフのコンサートは長い、休憩ない、が常なのでビールはやめて、

Img_7118

会場は、NHKの取材が入っていて、華やかな雰囲気。

Img_7122

Img_7119

演奏は、それはいつもながら素晴らしく、幸せな気持ちにさせてくれた。

アンコールは、なんと次の日の演目。予習だね。行けない私には、最高のプレゼントだった。

Img_7124

次回は、3月のコンサートが楽しみ。

と、その時は、コロナ禍で世の中がこんなことになっているなんて予想だにしなかった。世の中が全く違っている。コンサート、芸術そのものが、コロナ禍の洗礼を受けて新しい形態を模索し始めている(2020.6.14記)

東京国立博物館特別展「正倉院の世界」

2019年10月30日、

国立博物館へ、特別展「正倉院の世界を観に行ってきた。


並ぶのは覚悟していたけれど、そして朝イチは混むとのことで、昼ご飯後に。それでも60分待ち💦

お友だちと一緒なので、ポケgoミッションを達成したり💨

で、それなりに楽しく並んだよ。あまりに日差しが強く、日傘持参でよかった~。係りの方が、東博の日傘(結構立派な)を並んでいる人たちに配っていた。

中も劇混みで、人垣を観にいったようだけれど、それでもなんとかかき分けかき分け・・・。

今回の展示でのいちおしの螺鈿紫檀五弦琵琶。まず、音とともに平成になって作られたレプリカの展示。奥に、千余年の時を経た現物が。千年の時を閉じ込めたその美しいその姿に感動した。どの展示物もだけれど、天平の時代から今に伝わる美しい姿には、ただただ感謝のことばしかでない。よくぞ、ここまで残ってくれていたと。



Ee3a7615fb264b128f5f5b9a9e105e19

B21e5ff3a2544d54a841cd5e278ac54c

432068ca40b14ef7a939d468c6bc57f0


E09c2e9347f043bb8041ab91ffd3f362

中高校生時代、正倉院のある奈良公園を毎日のように通って通学していたにもかかわらず、なんの興味もなかったのに。少しは価値がわかるお年頃になったってことだ(笑)

歳を重ねるのも悪くない。

この琵琶の展示は11月4日まで。6日からは入れ替わります。入れ替わったらまた行くか。

チケット購入はネットが便利ですが、同時に開催している奈良の正倉院展を間違えてゲットしないよう。間違えてダウンロードしてしまった人がいたみたい。入れてもらえたようだけれど・・・。

文楽を観にいったよ。

2018年11月22日木曜日。


帰省二日目。母のお守り。さてさて。


恥ずかしながら生で文楽を観たことがない。文楽なら、お席に座らせておけばいいやそうだ!この機会に観てみよう、と母を伴い文楽劇場へ。


以前なら宝塚も連れて行ったが、宝塚遠いし。今ファントムだからチケットないし。





開演まで時間があったので、母を座らせて、急いで黒門市場へ。黒卵出たので(ポケ活)。外国のようだった・・・・。日本人より、外人多し。


舞台はそれはそれは素晴らしかった。生身の人間より人間臭い。女人形の手の動きの優雅なこと。三人で一体の人形を操る、その見事な所作。

そして、浄瑠璃のドラマチックなこと。太棹の三味線の迫力。どれを取っても日本の芸術の奥の深さを感じた。よくぞ、残してくれていた。一時すたれていた上方芸能。よくぞよくぞ、盛り返してくださった。守ってきた方々にただただありがたやと思った。

幕間には、お弁当。1000円也。

ナショナルギャラリー@ワシントンD.C.

2018年8月9日木曜日。ワシントンD.C.滞在16日目。実質こちら滞在最終日。


長くて、あっという間のような滞在が終わろうとしている。


今日は、かねてよりチャーリーとの約束のコロッケを最後の晩餐に出す、ということで、朝から仕込み。そして、婿さんがお仕事なので、その間、子守。


夫をどうするか・・・・。夫一人でとにかくワシントンD.C.へ。僕の昼ご飯は?知らんがなぁ

チャーリーたちにお昼ご飯を食べさせて、私もワシントンD.C.へ向かう。私の目的はケンタロス。

夫とはナショナルギャラリーで待ち合わせ。くらくらするくらい暑い。日差しが厳しいから余計に暑く感じるのかもしれない。

P8100274



ナショナルギャラリーは、というか、スミソニアン博物館はすべて無料だ!

素晴らしい絵の数々が至近距離、遠くから、鑑賞できる。いくつかをラインナップ。そうそう、音声ガイドもただ。そのかわりID証明が必要なので、国内運転免許証などを預ける。一組に一つのIDでよい。今後、行かれる方は、運転免許証など顔写真の入った身分証を持参されるとよい。パスポートはダメ。当然だけど。

いくつかをアップ!
言わずと知れた、

P8100285


レオナルドダヴィンチ。この白はどうだろう?何百年経って変色しない技。そして、髪の巻き毛のタッチの繊細さ。思わず、魅せられて引き込まれそうになる。これをなめるように眺めてもだれも注意しないのよ。まぢか、まどお、あちこち眺めたよ。

私の一押し。

P8100291

ラファエロ。いいわ~。十字架を眺める、聖母、キリスト、使徒。この構図が、フレームの曲線とマッチしていてこれまたため息もの。

こんなに近くで撮影していいの~?

P8100293


と、とろとろしていたらとても回り切れないので、抜粋で回る。時間があれば、じっくり回りたいものだ。

エルグレゴ。ごろごろある。

P8100295


そして、日本人が大好き、フェルメール。三枚もあったよ。

P8100304


フェルメールのすばらしさは、時間をキャンバスに留めるのではなくて、繊細この上ないタッチで動を感じさせるところだ。この天秤を持つ女とツーショット写真を撮ったよ

P8100302

至近距離でも注意されない。もちろん触ったりしないよ。

ゴヤ、ドガ、モネ、ルノアール、ピカソ、ゴーギャン。まぁ、枚挙にいとまがないな。

P8100309


P8100314



P8100320


P8100324


でもよ、芸術よりは、コロッケだ。

そそくさと、家に戻って、コロッケをひたすら揚げる。グルテンフリーでも美味しく出来てちょっと嬉しい。

夕焼け小焼けで日が暮れて。こちらの日没は20時ごろ。こちらに来た時は、日没は20時30分ごろだった。それだけ、時が経ったんだよな。

Img_4437

明日は、日本に向けて出発だ。

長い滞在記事にお付き合い、ありがとうございました。あと一日。大切に過ごします。ケンタロス、結局今日は1匹したゲットできなかったので、明日は空港でゲットできればいいなぁ~。(そっち?

日本100名城スタンプ No.14 ≪第80番湯築城≫

2017年12月26日。二泊三日の100名城スタンプ四国コンプリートの旅最終日。

道後温泉でゆったり。ともしれいられない。帰りの飛行機は17時。急げ!


湯築城ってどこ?え?という・・。道後温泉の中心にそれはある。なぜ100名城?すぐ近くに松山城あるのに。よくわからないまま上ってみる。

1500年代にはすでに廃城になったものがなぜ100名城に選定されたか?

当時のまま、ほぼ、現存している土塁、縄張り(お城の敷地のことらしい)、お堀などが決め手らしい。確かに、航空写真をみると、


Photo


きれいな円形で、堀もちゃんと残っている。発掘調査途中で、少しずつ復元整備されている。


でもよ、地域振興??観光客誘致?????なまま写真撮ってきた(笑)


頂上からの眺め。
松山の町。


Pc261106


松山城が見える。今日の最後は、あの松山城だ。回れるか。


Pc261101


堀の形がよく見える。


Pc261102


Pc261107


向こうに見える建物が資料館。スタンプ設置場所。

そちらで、ガイドの方が、続100名城が出るんですよ~という。え???100に次いで続!よくある話ではある


発掘中。

Pc261108


復元された武家屋敷。

Pc261112


中は、

Img_3426

怖いよ・・・・。

 

Pc261111

こんな感じ。土塁や、堀だけじゃぁ、人呼べないもん。道後は温泉だけじゃないよ、お城もあるよ、みたいな・・・。

さ、いよいよ高速道路を一路、宇和島目指すよ。

続く

より以前の記事一覧