コンサートに出た

連日、一年延期された5年に一度のショパンコンクールの世界配信を手に汗握って聴いている。一生に一度は現地で聴こうと思っていたショパンコンクール。行けないまま高音質でLIVE中継される時代になっている。家にいながらテレビでステレオサウンドで聴いている。すごいな。

予想外、予想通り、いろいろあって、今日からいよいよラストステージ。本選のコンチェルト。日本人2名を含む12名が選ばれた。また眠れない夜が続く。

あのコンテスタントたちの熱い戦いとは全く次元が違うけれど、

2021年10月17日、私は所属しているピアノサークルのコンサートに出演してきた。

Img_1019

この日のためにすべてを犠牲にして練習していた(笑)ブログは当然更新できないし、ポケgoもやってる場合ではない。そうして練習して迎えた本番なんだけれど、本番にいろいろある。そして苦しい。これは私だけではなく、出演者みんな思っている。ステージを下りて、家でできていたのに出来なかったとか、大変だったけれど、などと言いながら、は~というため息も楽屋ではあちこち聞こえる。でも、また次のステージに何を弾く?と考えている。なぜ続けているの?

私たちは多分、出来ないことをやり続けることが楽しいのだろう。これで良いということがないから面白い。そしてたま~にできることが増えて嬉しい。これが永遠に続くのがピアノ。


とにかく練習したいわけ。空き時間にはとにかく弾いていたいわけ。なのに。いろいろイベントがあってすべて自分のために使うというわけにはいかないのが日常だ。


10月9日、サリーちゃんが来た。離乳食が進んでいる。リクエストされた。え?私が作るんかい?

松茸ご飯を炊いてみた。サリーちゃんも食べられるのか?と思いつつ。松茸を小さく薄く切ったのでほとんどありがたみはない。

Img_1023
ぽっちゃりさんなので^^;;;まだ歩かない。歩き始めの靴を買ってやりたくて、デパートに連れて行ってシューフィッターさんに選んでもらった。

10月10日、パティちゃんはお宮参りだ。

Img_10221
帰りに、発電所火災で電車が止まって二駅歩くというおまけがついた。でも練習はしなくては・・。

こうして、本番前の貴重な週末がつぶれて本番を迎えた。ま、いろいろあって人生は楽しい。

4月29日昭和の日(GW 1日目)

2021年4月29日木曜日、昭和の日。

久し振りにソロでステージに立ってきた。この日のために、夜な夜な通常レッスンが終わってから練習、すきま時間に練習、ひたすら頑張った。なんで、今更?なんだけれど。逆に、今だから自分のために使える時間があるってことか。

Img_0273_20210501201101

まぁ、出来は、今後に期待しようってことで。

恒例の打ち上げは、出来ず。ごくごく内輪の4人で、乾杯。当然、飲んで食べる以外はマスク着用。ホントにアルコールは提供されないんだわ。

Img_0275_20210501201501

何が残念って、打ち上げが出来ないってことよね。お互い、また打ち上げできる日まで頑張ろう~ってことで早々に退散しました~。

2021年の桜 No.4

2021年3月29日月曜日。

 

本来なら、発表会が終わったら逃避行っていうのが一昨年までのお決まり。今年は、・・・。

 

室内楽のレッスンでした・・・。渋谷へ。名残の桜だった。

 

61448fd4aef249c2891cf132b6076810

 

100f66dd643a424ab4715cb3735e3b0f

コロナ禍が始まって以来、終わればすぐに帰宅、が通常だったけれど、レッスンもないし、誘われてお茶をした。いつ以来だろう。

やはり、時々こんなこと必要なんだろうな。

食べ終わったら当然マスクしておしゃべり。仕方ないね。

D0433bbc916c4d9badc588c320733c76

 

2021年の桜 No.3

2021年3月28日日曜日、恒例の発表会を開催した。

昨年の発表会は、施設からの要請で三日前に中止を余儀なくされた。昨年の今頃は、コロナ禍の中という事態はかわりないが、もっと先行き不透明、あらゆることが右往左往していた中、最後まで開催予定で動いていた。プログラムもすべて組み替えて、コンパクトに。時短でなどなど。しかし施設からの中止要請が突然三日前に出た。なぜ最後まであの状況で開催する方向で粘っていたかというとこちらから中止したら、既納の施設費を払い戻さないと言われたから。昨年は、世界のあらゆることが後手後手で動いていた。かといって今が先手を打てているかというとわからないけれど。

結果、施設からの要請だったので、支払い済みの会場代は戻ってたので結果オーライ。あの時点でのベストは尽くせたと思う。

今年はというと、施設は、使えるって言われていたので、どんな形態で開催するか、ということだけ。

いろいろ検討して、少人数入れ替え制で開催するべくプログラミングした。

そして、いつも生徒が描くイラストを使ったプログラムが出来た。生徒のイラスト、なんと今年はこんな素敵な桜が届いた。


Img_0006

いつも、みんなに助けられてこの日を迎えている。ありがたいことだ。


3月1日

2021年3月1日。

 

3月1日といえば、恒例の(私的な)会場抽選の日。ただ、今年は、コロナの影響で運よく、分散抽選?となった。市営系列のホールは、緊急事態宣言解除予定後の8日とのことで、1日は、県の施設のみの抽選だ。いつもは三つ掛け持ちで人に頼んだり、車走らせまくって会場を回るのだれど。

案の定、すごい人だけれど、大ホールなので、密は避けられている^^;;

0e1b8535969448d591629b5a297e8ed8



そして、いつもは、列にならんで抽選の棒をひくのだけれど、このご時世、iPad自動抽選だった・・・・。

Edc1854929db4c599e72bd9434cd4393

BGMつきだったよ(笑)

結果は、私は55番目ということで、絶対無理よね。20番目人で可能性はゼロになってすごすごと帰ってきた。

マイホールが欲しいぞ!

室内楽のコンサートがあった(2020年12月に)

昨年やり残した事務作業の一つ。ようやく終わった。

 

Img_9647

去る、12月15日、室内楽のコンサートに出演した。その準備のために、毎夜、ホントよく練習したよ。弾いていないと心配なので(笑)夜な夜な弾いていた。12月は奈良に二往復、私の検査、クリスマス会や次年のレッスン準備で、事務作業も、身体も気持ちもいっぱいいっぱいで実に大変な期間だった。その中でよくやったよ^^;;

亡くなった恩師のもと、ここ数年室内楽の勉強をしている。昨年1月恩師が亡くなったので、継続するか迷ったけれど、継続した。そして、おまけに、今回は、希望者には、全楽章の相手を弦の先生方がしてくれるコンサートを開催するということに10月に決まり、これまた、12月がこんなに忙しくなるとは思わずエントリーしてみた。

弦の先生方は、日本の弦奏者でもトップに入る方たちなので、こんな経験またとないだろう。そして私はたまたま四重奏というのをここ二年続けて勉強していたので、その集大成?ということで清水の舞台から飛び降りてみた(金額も気持ちも爆)。

で、記録用のビデオ撮影というお役を引き受ける羽目になったので、前日の試し撮り、当日ゲネそして本番と撮影。

したまま、年を越してしまったので、メンバーに渡さねばならないのでようやくダビングしようとしたら、SDカードがない!

朝から、そのSDカードが無い無いと大騒ぎをして、結局、大事なので、しまい込んでいたことをすっかり忘れさっていたわけで。大事なデータがなかったらどうしよう~~。と肝を冷やしたのだけれどとにかく見つけてダビング、私は、オンラインのセミナーがあったのでその間にロバートがダビングをしてくれた(たまには役にたつ)。

SDカードがないないと騒いでいた時は、どうやってメンバーに言い訳をするが考えてレーベル作成するどころじゃなかったけれど、データはちゃんとあることがわかって、レーベル作成した。

これで、ようやく、2020年の事務作業の大きなのもは終了。

オンラインピアノオフ会

Stay Home!でおはようございます。

昨日、2020年5月17日日曜日、ピアノの仲間とのオンライン飲み会(練習会)をした。

なかなか、リアルオフ会の時は、都合が合わず参加できずに数年。今回のこのコロナでよかったことの一つが、ピアノのオフ会にオンラインで参加できたことかな^^;

まずは、オンライン飲み会ね(笑)。5月からすでに2回夜の飲み会(爆)

で、せっかくだからピアノを弾こうということに。住環境のこともあるので、日曜のお昼に開催することになった。

zoomは良い音は望めないので、音数があまり多くなく、途中落ちることも想定内にみんな短い曲を順繰り弾いてみた。これが、なんと緊張すること半端ない~~。画面の向こうでみんなが聴いていると思うと緊張😵


それぞれ使っている機種、また、ピアノによって出てくる音はさまざま。びっくりした~。

生音を出せないので電子ピアノを弾いてくれた人は、いろんな楽器の音源を使って曲を。ギターの音色なんか、画面越しだけれどとても効果的でびっくり。同じ曲を、弾き合って、端末の違いを聴き比べたり。


そしてやはり、私も使っているiPad、iPhoneに軍配が。PCは残念ながらとても音が悪い。よいマイクをつける必要があるね、ということに。
さすがに、ピアノオフ。
オフでは会って弾き合い会は当分できないけれど、オンラインでできることをやっていこう。

Img_8225



このひと月で世界が変わった。コロナの前と後では、違う世界が広がるだろう。いい意味でも悪い意味でも。それが現実なので、流されず、取捨選択していかなくてはと感じている。


9月1日

9月になった。

 

9月1日、早々、ピアノを弾いてきた。中旬に検定試験を受けるので、そのリハ―サルのつもり。“ステップ”という公開ステージだ。

場所は、虎ノ門になるベーゼンドルファーのスタジオ。見事なベーゼンドルファーがならんでいる。本番は、その古コンサートピアノ。

スタインウェイとは全く違うたたずまい。

 

2d0a61289c044a56829b89d5b9aef4d2

いや~、手ごわかったけれど。また来年もこの会場であるときは参加してみようかなと思っている。懲りない。これだからピアノは魔物だ。

合格

旅行記の更新、帰国したらいつもの日常でなかなかできない💦

そんな中、先日受けた試験の結果が送られてきた。

一緒にお勉強していた仲間は前日に送られてきていてLINEグループで報告し合っていた。私はというと、来てない・・・。実は、焦りました。不合格者だけが郵送遅いのか、とか。


さすがに、この試験落ちたらまずいだろう、記入欄を間違えた?とか。


ようやく、次の日の夜、レッスンが終わったら届いていて、恐々開けると・・・、

Img_6447

満点を狙ってたんだけど(笑)、ミスをして満点じゃなかった。って、今だから言える(爆)

秋にも次の試験があるようで、受けてみるか。

なかなか、試験のための勉強を日常の中に入れるのは大変だけれど、無駄ではなかったとは思うので。

試験を受けてきた

2019年5月17日金曜日、指導者検定という試験を受けてきた。連日遊んでばかりいるわけではないのよ。

Img_5422

90分、ほぼ時間を使い切った。久~しぶりすぎて、試験モードに頭を切り替えるのが大変。

今時は、eラーニングで勉強できるので便利だけれど、仕事やに日常の中に、真剣お勉強の時間を入れるのは結構大変なことだなぁ。髄~分、昔昔、大学でやった楽典や音楽史、和声、楽曲分析などなどの勉強なので、自分のピアノの練習や指導法のお勉強とは全く違っていて久しぶりにアカデミックなことをして疲れたよ(笑)

自己採点では、一応合格だと思うけれど、こればかりはわからない。とにかく、お山に登ってばかりいるのではない証明を一応しておこう。

より以前の記事一覧